5月18日、老子について加島祥造さんの自由訳を掲載したが、一貫して老子の思想に流れる(価値観の相対化)。ユダヤ教・キリスト教・イスラム教を支える神(一神教)の絶対化が彼らの行動に潜んでいるから、自分を正義や絶対善にすると […]

Read More →

文字が誕生して、たくさんの記録が残されきた。楔形文字や象形文字、ギリシャ文字、アルファベット、亀甲文字。それらを特定の場所(図書館や官庁の記録文書保管庫など)に集めて、後々の人々に参考になるよう保管をしている一群の人々が […]

Read More →