9月6日(木曜)の胆振東部地震で、2日後に予定していた8日(土曜)中学のクラス会を中止することで、ホテル側と19人の参加予定者にバッテリー切れ寸前のなか、電話やメールでの通知に疲れてしまった。幹事を投げ出したくなった。以前の自分にはなかった心模様だ。月をあらためて11月に開催の話もあったが、来年まで延期にした。

サラリーマンになって、お見合いを4回くらいセットしたが全部失敗、ことしの夏から50代の元管理職の仕事探しで5社紹介したが、全部ダメ。どうも自分は他人の世話や面倒見に向いていないのではないかと思うようになってきた。クラス会とお見合いや仕事探しと同じ平面では語れない気もするが、私にとっては連絡・紹介・場のセッティングは同じである。「お節介」をすることにある時期から目覚めて仕掛けてしてみたが、思い通りにいかない。

そもそも私に他人を見る(理解する)能力が欠けているかもしれない。私自身、苦労もせずに歩んできたツケが他人を理解することができない要因かもしれない。知り合いがお見合いを4組大成功させていまも家庭が続いている。ところが先日、その中の一組が14年間の結婚生活を解消して、離婚することになって彼は会ったらしい。異口同音に「あなたが紹介してくれさえしなければこんなことにならなかった」。「もう大人でしょう?」と彼。しかし、納得はいかない模様。筆者に彼は「もう二度とお見合いのセットはしない。懲りた」と。こういう経験はたくさんの人が経験していると思う。「人の心はわからない。長い時間の経過であれこれの事件まで紹介者は責任は持てない。しかし、失敗は誰かのせいにして自分の至らなさに至らない」。

60代で未婚の男女を合わせるお節介が流行っている。先日も40代の独身男に30代の女性を合コンさせると張り切ってる男性にあったが、くれぐれも無理だけはしませんように。まずは、ひとりでも十分暮らしていける賃金を企業は与えることをまずすれば、自然に結婚は増える。無理に会わせるより、そちらが先のような気が筆者にはするのだ。

  1. 人の紹介は難しいですね。紹介する人間を余程知っていなければ表面だけのいい人はいっぱいいますからね。人を紹介してくれと頼まれたら、紹介はするが、後はご自分で判断してくださいと言った方が良いでしょうね。「とても信用の置ける良いひとです」などと付け加える事は避けた方が良いでしょう。「知人の知り合いです」程度にとどめて置いて、知りもしない推測での紹介は危険ですね。他人の本心や下心は、頼まれた時点では決して見せないですからね。

    • ただ、だんだん話していると、昔の管理職の癖が出てきて相手に悪印象を与えて、「申し訳ない」という連絡が入ります。筆者との義理で会ってくれただけでしたね。

  2. 自称プロデューサ。

    私の失敗例です。ある日オフイスに前職の部下の友人から電話があり、私の勤めていた会社に履歴書をつないでくれと頼まれました。その時は営業所の責任者だった私は「全く知らない人でも無いので履歴書くらいは・・」と受け取りました。彼の図々しさは以前から知っていましたが、離婚後は落ちぶれた様子で就活に励んでいると見た私は彼の履歴書を本社に送りました。自称コピーライターの彼はコピーそのものより口が達者で面接で採用され、私の営業所に配属されました。ところが、しばらくして悪い癖が出始めクライアントとモメ始めました。ビジネスで考えれば良いところを自我を通したい彼は、今度は、勝手に本社に行き、部長にクライアントの理不尽さを直訴しました。これでは私の面目も潰れ、クライアントの担当にも出来なくなりました。彼はタンカを切って退社する事になり、送別会をしましたが、酒が入ると、その場で女性社員にセクハラ暴言(卑猥な)を吐き皆から嫌われて辞めて行きました。今度は制作会社に勤めましたが、また誰かを利用して同じ事を繰り返していなければ良いのですが。

    • 年齢はわかりませんが、きっと繰り返しているのでしょう。はじめの人間教育(というのがあれば)ができていないのでしょう。こうなると親のしつけの問題で治らないと思いますよ。

  3. 僕の失敗例は沢山あります。放送局の営業マンから頼まれて、或る広告代理店を辞めて遊んでいる(無職)の女性がいるので、アルバイトでもいいので使ってあげてくれないかと。その頃に丁度イベントスタッフを探していたので渡りに船とばかりアルバイトを何度かお願いしました。よく働く人で大変助かりましたが、東京から来ていた元請けの大手?広告代理店の男性たちから、ちやほやされたらしく急接近。翌週には東京に遊びに(彼に会いに)行く始末。アルバイトとは言え、雇い主の僕を無視した行動は傷つきました。良く働く反面、そこで初めて見せた仕事場での不適切な行動は彼女の欠点でした。最も紹介していただいた方に恨みは全く有りませんが。

    • その彼とは一緒になったのですか?せめて雇い主に事情だけは話してから行動すべきでしょうね。愛の爆風に遭ったようなもの。

  4. 人の紹介で採用された人は、大抵は辞めますね。入社採用のきっかけが親の七光りだったり、人任せですから、辞めた後もまた紹介してもらって今より待遇面でも良い就職先に行ける可能性があるからでしょうか。大抵は上司や責任者と喧嘩してタンカを切って辞めて行きました。入社の際には見せなかった本心が出る訳ですね。結婚相手の紹介などで、こんな事になれば、きっと逆恨みされますね。

    • 間違いのないのは、男に信頼される男、女性から信頼される女性。この種の男女は経験的に紹介OKではないかと最近考えてますが、裏や表まで出しているかどうかまではわかりませんが・・・・。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>