働かないアリに意義がある(2015年4月23日掲載)

Posted by seto

「遊び」という大事な概念がある。子供でも大体8歳までに大脳の各部位を活動させることで、生涯その子の可能性や才能が花開くし、ピンチになっても耐えられる人になれるらしい。「遊び」の大きな意味だ。アリの世界も遊んでいるアリがいるから、アリ社会の強靭さが保たれているのかもしれない。中学や高校時代に超優秀な生徒が自殺したり、精神病院へ送られた身近な人もいるので、「遊びの大切さ」は筆者にはわかるつもりだ。偏差値や勉強がすべての彼らであった。

庭の真ん中に、大きな切り株を置いてある。近所の農家の伐採作業で株を掘り起こして路肩に捨てられれてあって拾ってきたのである。ベンチ代わりに使えると思ったのである。10年以上経過する。その切り株が腐りだして、捨てようかとエイッと持ち上げたら、小さなアリが大混乱。大混乱していてもだんだん統制が取れてきて、大事な卵を次々、安全な穴の中へ運び出した。しばらくすると、卵は1個もなくなり、見事な仕事ぶりだ。若いとき、こんなに筆者は仕事をしただろうかと考えた。

仕事ぶりといえば、働きアリの15%程度は、全然働かないらしい。いつも女王アリのいる部屋の近くでゴロゴロしていて働こうとしない。しかし、この働かないアリを全部除去したら、やはり15%のアリは働かなくなる。さらに、働かないアリだけを集めた集団を作ると、85%は働き出す。つまり集団を構成するためには15%程度の遊びのアリが必要なように自然界では組み立てられている(のかな?)「俺はその15%のアリだよ」とサラリーマン氏は思うかもしれない。実際、筆者も、この説、妙に説得力があって好きだ。

昆虫は、ほぼ本能で動くので、これは初めから決められたことなのかどうなのか。「アリとキリギリス」というイソップ物語があるが、アリの中にも怠け者がいて、ほかのアリに寄生して生きているのが15%いるとしたら、イソップさんもビックリ発見だ。応用編として、ミツバチはどうだろうか?蜜を採取しに行かないハチがいるかもしれない。養蜂家に聞くとわかるかもしれない。働いているふりをしてどこかで遊んでいる。またまた筆者の営業マン時代に日々に似てきているが、アリの世界って、役割分担の一項に「普段は何もしないが、いざとなったら動き出す」アリが一定数いることは確かであるらしい。

進化生物学者 長谷川英祐さんの「働かないアリに意義がある」(メディアファクトリー新書)には「生態を観察すると7割のアリはボーとしており、1割は一生働かないことがわかってきた」との記述もある。さらにコロニーの長い期間の維持のために年齢に伴う労働内容の変化は「齢間分業」と呼ばれ、固体余命の短い年寄りアリは危険な仕事に「異動」してもらい、幼虫や子供の世話は若いアリにしてもらう。ハチもそうだと。若い順の仕事からいくと①育児卵の世話(たえず舐めていないと土壌菌にやられる)②巣の維持(巣の補修)③エサを取りに行く(一番危険を伴う・・人間や自転車に踏まれたり、雨にやられる)。老齢アリは③の危険地へやられる。集団全体(コロニー)の維持にいたしかたない役割分担だ。人間界から見ると無慈悲(同書38・39p)。さらに(お馬鹿さんがいたほうが成功するという)興味深い章もある。民俗学で言う「トリックスター」か。アリから人間世界(社会)のことへ話が動いている。「効率・効率だよ!」という生き方は、結局、失敗が多くて結果的に大損に至るという法則をどなたか証明できないか?

  1. 蟻のコロニー。

    厳冬期のアリたちは今、土の中で冬眠中なのでしょうか?それに比べ、人間のアリたちはよく働きます。夕べから今朝にかけて5~60cmも積もったドカ雪の除雪作業に6時から8時までかかりました。手作業とハンド・ロータリーの併用ですが、ハンパないドカ雪でした。それもやる傍からどんどん積もってきますから空しいですね。我が家のコロニーの子供のアリたちは、アリの手も借りたいのに起きてもきません。さすがのドカ雪に、珍しく女王アリはよく働きました。

    • どか雪でしたね。50センチは積もりました。近所の人たちとおしゃべりしながら楽しい除雪でした。雪は庭に入れてるのでママさんダンプですいすい運べます。塀のない家のメリットでしょうか?冬の間、アリは寝てると思いますが、食べ物はどうしているのでしょう?調べてみます。テレビもゲームもない暮らしですからね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>