以前、ブラブラ歩きの効用を書いたが、きょうは拾い物についてだ。歩けばいろんなものが地面に落ちている。寒くなると手袋片方だけとかマフラーも落ちている。手配りティッシュや名刺、納品書も落ちている。外れ馬券も捨ててある。500円玉かなと拾うとパチスロのコインだったことも何度もある。小さなころから、鉄くずやビール瓶を拾っては、収集業者に持参すると5円や10円がもらえて駄菓子屋へ走った記憶が埋め込まれているのかもしれない。大きな紙ごみはゴミ箱に捨てるために拾っているから、いまは誰に頼まれたわけではなくて、ゴミ拾いもしている。朝の通勤や昼ごはんの帰り、営業先までの道路でも拾う趣味は続く。昨年、道庁の樹木で、雪の中に捨てられた女性ものの時計を発見。明らかに名探偵の私としては、偶然落としたにしては不自然な場所。きっとこれはプレゼントとしてもらった彼氏への憎しみがなせる技だと判断。拾うと正確な時間で動いている。SEIKOの文字も見える。さっそくネットで検索すると3万円はする代物だ。近くに札幌中央署があったが届けることはせず、自宅に持って帰った。娘の腕にちょうどマッチして喜んで帰っていった。「いつ失くしてもいいしね」。こういう高価な物も落ちているのである。知人の札幌でブランドリサイクルショップの草分けの女性は「円山や宮の森で衣料品を出せる日をめがけて私的なトラックが収集に来るので、気持ち悪いのでハサミで切って出している」と教えてくれた。リサイクルショップに持参すれば生活の足しになるからね。鉄くず拾いやビール瓶拾いと考え方は変わらないね。企業の中もパソコンはリースが多いから新しくすると大量に中古パソコンが出てくる。私も先日の入れ替えで会社から1台もらうことにしたが、自宅に3台持ってどうするの?の世界である。家の外も、街中も会社の中も捨てるものが多くなって、物が少ない時代に育った私としては淋しい気もするのだ。

  1. 自称プロデューサ。

    モノにあふれている時代ですね。自分も含めて捨てるものだらけですが、毎日はなかなかできずに、つい貯め込んでしまいますね。書類・封書など紙のものが多いですが、オフイスのデスク周りに積み上げた紙類は、大晦日の前に処分しようと、昨日あたりから少しずつ捨て始めました。しかし、今は年末・年始の広告制作のピーク時で、下手に捨ててもまずいモノもあったりしますから、なかなか捗りません。1年間手つかずのものは不要品として処分する事でしょうね。一番手っ取り早い方法は、買い物で貰う手提げ袋に入れてロッカーや棚に仕舞っておいて、しばらく使わなければ節目でそのままゴミ袋に入れて「雑紙収集の日」に出す事でしょうね。

    • IT社会は、同時に紙が神になる社会かもしれません。コピー機の紙、物を入れる包装紙、アマゾンの段ボール。世界中で
      古紙段ボールの争奪です。いっぽう山々は、植林作業に従事する人がいなくて困ってます。時給2400円でも来ません。1枚の紙ができるまでをもう一度おあさらいしたと思いますね。乱暴に紙を消費し過ぎではないでしょうか?

  2. おせっかい屋。

    70代の一人暮らしの知人は賃貸マンションで暮らしていますが、モノであふれています。部屋の一つには衣類を積み上げ、ベランダは枯れたガーデニングのモノだらけ。とうとう大家から苦情が来てベランダにある重い土などを早急に撤去するように言われたので、手伝って大きなビニル袋3個ほどを3階から下して大家に見せると途端にベランダのモノを一気に処分を申し渡されました。そんな訳で秋に説得して手伝い、手稲山口の処理場には大量のセトの植木鉢や土などを、発寒の処理場にはプラスチック類や木製家具や使わない椅子などと有料でクルマ4台分を処分しましたが、まだまだ片付きません。心配するのは私だけで、本人は至ってのんびりしていて自主的に動きません。先日もタイヤ交換で外した夏タイヤを預けようと、いつもの業者にお願いするも断られ、やむなくベランダに置いた途端、大家から電話で早急に撤去を言われたそうです。姉弟にも断られ、あちこち探すも「料金が高い」となかなか決断できません。モノを預かる商売も大家と同じで家賃同様に月額9000円の他にセキュリティ・キー・カード作成に2000円余も掛かります。結局は本人は不服そうでしたが、促してオートバックスに持ち込ませて6月まで8000円余で決着。モノが貯まればどこかで他人に迷惑も掛けるし、出来る限り身の回りを片付けたいと思うのの頃です。それにしても決断が遅く行動的でない人はモノが貯まる事が分かりました。まだまだ知人宅の残りのモノ(ゴミ?)の処分の説得は続きます。

    • 整理されたものなら捨てやすいのですが、ただ積み上げられたモノは、思い出や、今後の使われ方の講釈を聞いていると、物は動きませんね。空間の大事さを教えるしかないですね。物に囲まれると倒れてケガをするか、窒息しますから。彼自身の体と物が分離していないんでしょうね。物に囲まれて安堵する人っていますから。フェチ的な、これはいつか役に立つと取っておいたが、10年使わずとか。私も音楽テープ50本(カセット)捨てなきゃ・・。

  3. 最近では企業が朝の始業前に社員たちが自社周辺のゴミ拾いをしているのを見かけますね。きれいな町は気持ちいいですね。ゴミステーションの入れ物が折りたたみ式のネットになってからカラスも汚さなくなりました。当のカラスたちはきっと困っているのでしょうね。豊平川にカモメが現れて久しいですが、この頃は街のゴミが目的なのか群れになってきましたね。カラスとカモメのシマ争いです。野鳥の世界も厳しい現実です。ゴミをきれいに片付けてくれるなら歓迎ですが。鳥だけに「とり散らかす」訳です。

    • 圧倒的にカモメが勝ってますね。カラスは逃げています。最近は観光客のマスクが多く落ちています。昨日も二つ拾って、札幌駅のゴミ箱に捨ててきました。こればっかりは、長い年月をかけて学習してもらわないとね。拾ってる姿を見て、次の観光客が捨てないようにしてくれればそれでいい・・という世界です。ゴミ捨てがあると、そこに次のゴミが必ず重なって捨てられますから。不思議な人間の習性です。

  4. 無くしたゴミカゴは?今どこに?まさかゴミとして処理?

    あちこちにゴミカゴが無くなってから街も汚れるようになりました。危険物対策らしいですが、ゴミカゴはなくさない方が良いと思いますね。歩いていてゴミを見つけたら即カゴに入れたり、ゴミがでたらカゴに直接入れたりと。行きつけのスタンドも或る時期からゴミカゴを廃止しました。何でも家庭ゴミまで持ち込む人がいるとか?スタッフたちの仕事が増えるからとの事です。そこは、トイレだけのご利用はご遠慮いただきますと書かれています。一方、コンビニは分別ボックスが必ずあって、トイレも自由で、クルマの中のゴミも捨てられますから、つい、コンビニでは買い物をしてしまいますね。床が白いタイルのお店は汚されないとも言われていますが、きれいな街になれば、誰も吸い殻やゴミポイはしなくなるでしょうね。

    • 日本じゅうは、それでもきれいな都市の集まりで、マナーはいいと思いますよ。ペットボトルを止めて、それぞれがマイボトルを持参して、コンビニにあるドリンクで100円コインで入れられるようにするとペットボトル減りますね。鍋を持って豆腐を買いに行く感覚です。コンビニ弁当も一定の大きさのコンビニ共通弁当箱を買って、おかずだけ売られていて、そこで5品目詰めて500円で買うとかいいですね。ハシは自分のハシで。作る側も余計なトレーを必要としなくなります。ゴミ削減目的です。我が家のゴミは私ですが。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>