「赤い罠」(ディオバン臨床研究不正事件) 2000年11月に発売された、製薬メーカー・ノバルティスファーマが開発したディオバンという血圧降下剤の臨床実験に製薬メーカーの社員が関わっていたことがディオバン発売 […]

Read More →

渡辺京二さんの『無名の人生』(文春文庫 156~157)に、ヴェブレン(経済学者)が引用されていて今の社会に見られる経済現象を(衒示の経済)(衒示とは見せびらかしの意)と命名した。富裕層は多くの贈り物をすることで自分の勢 […]

Read More →

資本主義が勃興する中で、イギリスから独立したアメリカにおいて、市場はすでにイギリスはじめヨーロッパに独占されていて、国内産業をどうやって伸ばしていったらいいのか四苦八苦していた時代。国内企業をサポートする知恵を欲した。『 […]

Read More →

デジタル放送が開始された頃に、テレビのdボタンの1枠が筆者の勤務した会社に割り当てられ、それを使って『新規の事業を考えよ』という課題が課された。5セクションから閑そうな5人が集合して月に1回会議が持たれた。しかし、開いて […]

Read More →