デジタル放送が開始された頃に、テレビのdボタンの1枠が筆者の勤務した会社に割り当てられ、それを使って『新規の事業を考えよ』という課題が課された。5セクションから閑そうな5人が集合して月に1回会議が持たれた。しかし、開いて […]

Read More →

民間放送局の経済基盤〈職員の人件費や建物建築費の原価償却費やタレントへのギャラ、番組の制作費など)を支える広告。よーく見てみると『実はあってもなくても大して困らないものばかりだ』〈米原万理 真夜中の太陽 35p)。 暇な […]

Read More →