岩波少年文庫(イソップ物語)より。世の中、自分は責任を取らない位置にいて、塹壕の中の安全地帯に入り、現場を指示してああでもない、こうでもないと他人を振り回す世の中、メディアやビッグマウスや新法を構想し、法律文書を作り政治 […]

Read More →

  ロシア(当時はソビエト)の映画監督・タルコフスキー『惑星ソラリス』を借りDVDを見たが、最初の5分で寝てしまった。1961年にポーランド・ワルシャワでレムの『ソラリス』が出版されているから、映画好きな高校生 […]

Read More →

北杜夫『ドクトルマンボウ航海記』が読まれたころに、私は船員になろうと小樽の船員組合に行き『船乗りにさせてください』と行ったが、『あなたの体型なら無理ですからお帰りください』と言われたことがある。何の資格も持たず、無鉄砲な […]

Read More →

『経済成長って何で必要なんだろう?』(光文社)の中に、1975年生まれ(就職氷河期世代)のエコノミストが『日本全体が、引退世代のほうを向いた政治を支持すようになってきた。そうすると、必然的に経済成長しない社会、インフレよ […]

Read More →