1970年11月に書かれた、森有正(デカルト研究者・哲学者)の『思索と経験をめぐって』というエセイ中(木々は光を浴びて)の最後に突如出てくる言葉だ。47年前も文章だ。森さんは夏に避暑を兼ねて北海道へ来て、クラーク会館のパ […]

Read More →