1枚目

5枚目

ご主人のガン治療・付き添いを何年もしている主婦から私がパソコンでコピーしたロッドスチュワートの曲を探したが見つからず、どこで買えるのかの相談電話があった。


西洋骨董のバイトをしていたとき店内に私が流していた曲であった。彼女が言うには焼いたCDがどのアルバムに入っているのか、わからずじまいで1枚買ってきたが、店の中で流した曲が全然入っていない。一人娘も関東へ嫁に行き相談できず、夫の看病の帰り、車を運転しながら寂しさを紛らわすために毎日のように聞いて何百回も聞き続けて、磨り減ってしまって聞けなくなったので購入したいということだった


彼のCDはどこへ行けば売っているかの相談電話。『The Great American Songbook1~5』。『このシリーズは全5枚でバラード集だと店員さんに言えば持ってきてくれますよ』と教えた。何十年もCDを買ったことがない人だったのである。車の中だけではなくて自宅マンションの骨董だらけの居間でも別のアルバムを流しているとのこと。


押し付けがましく、山下達郎や竹内まりやのアルバムをコピーしてたくさんの人へ贈呈したが、彼女がロッドスチュワートのバラードだけを磨り減るまで聞き続けていたことに筆者が逆に感動してしまった。こんなに喜ばれた楽曲もない。旦那さんはPETはじめあらゆる最先端のガン治療をしているが、いまだ完治せず、あとの経過は聞いていないが、車の中、居間の中で唯一慰められたのがロッドスチュワートのバラードであった。筆者もたまには人の助けになることをするものだと思った次第だ。


壊れたデスクトップに入ってる彼の曲だが、パソコン不調でコピーできない。購入した原盤も誰かに貸して戻ってこない。誰だったか思い浮かばない。5枚とも紛失している。パソコンに入れてあるから安心して貸したのだ。本もそうだけど、貸すときっちり早く返してくれる人と、忘れて戻ってこない人がいる。この違いは癖なのかな?

私のお勧めは、1枚目のCD。ユーチュブで聞いてみてください。上の写真左です。

 

  1. 昔、トランぺッター。今、ホランペッター。

    ロッドは我が家の「海の神」(浜育ちなので)もハマったアーチストの一人だった。よく聞かされたが当時の僕はロックをあまり聞かなかったし、むしろジャズのブルーノートなどが多かった。海の神は一泊してまで名古屋でのコンサートに出かける熱の入れようで最後は、今は無き月寒グリーンドームのコンサートが生のロッドを聞いた最後だったと思う。CDはどこにあるのか?最近ではBIGBANなどに夢中だから、きっと無いかも知れないが。そんな僕もロッドに助けられたことがあった。当時はカセットテープが主流だったが厳寒の正月に一人で道東へ写真撮影に向かった時、危険な峠や何もない凍てついた直線路ではロッドの曲をボリューム前開で恐怖や睡魔と戦った。あの時は元気と勇気をもらった。今も、音源は多少?MP3(ネットワーク・ウオークマン)に残っているかも知れない。クルマの中だから一応調べてみるが。

  2. 昔、ギタリスト。今、下手リスト。

    NWウオークマンに、ありました。が、MP3の形式ガ古いのか?PCで再生もエラーが出る。NWウオークマンでは聞けるのだが?このNWウオークマンも古いから、ファイル形式も古いのか?もう一度冷静になって考えてみるが。今日はあきらめた。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>