筆者携帯のパニック防止用グッズ

5月11日に『ノイローゼという言葉が懐かしい』ということを書いたが、筆者が何度か企画実施した『うつ病』や『パニック障害』『不眠症』『社会不安障害』をテーマにした講演会で、講師の人から賜った『うつ』にならないおまじないの言葉があったので紹介します。ジャマイカ療法といいます。この言葉を唱えるといいのですよと参加者を前に申しておりました。『じゃ まあ いいか』ですね。

 

筆者もパニック障害があるのでわかりますが、気持ちの病気に入るとまず余裕がなくなります。自律神経ばかりが興奮してリラックスからどんどん遠ざかります。そこで天下の宝刀『じゃ まあ いいか』を唱えて、答えの出ない考えにピリオド。テキトーなところで別なことをしたり、関心を変えるです。

 

どつぼに入って出られなくなる(パニック障害は10分くらいでピークがきます)前に、逃げを打つ。毎週毎週、数字と利益に30年追いかけられていると持病のパニック再来になります、真剣に向き合うと。そこをテキトーにごまかす、あっち向いて空を見るですかね。そういう思考の癖が病気にならない、病気をみずから招かない知恵ではないでしょうか?経験的にそう思います。

 

世の中は、成果を出してビジネスや投資で大儲けの本や講演会で満ち溢れていますが、普通の暮らしが安定的にできる(したい)人が大半ではないでしょうか?なぜメディアは煽るのでしょうか?経営者向けのプレジデントなどはいつも信長や秀吉や家康の特集したり、企業トップのインタビュー記事ばかり。たぶん未読ながら、東芝の代々の社長も粉飾決算を続けたりしつつ語っていたと思います。いい加減なのは企業のトップの方かもしれません。病気になりにくい経営者はすでに『ジャマイカ療法』を実践していたのかもしれません。

  1. 「鬱」の巻き添え。

    取り巻きがイエスマンばかりになれば,トップは自分の考えに賛同する者たちに満足してどんどんエスカレートしますね。現在の世界の政治と同じでしょう。国民の?ためとは上辺だけで,自分のため,身内のためには悪事も曲げて解釈する始末です。これも一種の「鬱」かも知れませんね。ストレス発散をして自己コントロールしているわけでしょうが?周りはたまりませんね。トップのストレス解消法で全体が「鬱」に陥りますからね。今の世界情勢がいい例ですね。

  2. レールの切り替え機。

    「鬱」と位置づけるか?どうかですが,困難に陥った時の心境もその一つでしょう。自力ではどうしょうも無い時にはどうしますか?親に相談しますか?妻に相談しますか?恋人に相談しますか?親友に相談しますか?。では,相談相手は話を聞いて解決できますか?。もし,相談しても解決しないと思ったら?どうしますか?。深刻な問題になればなるほど,相談相手は居ないものです。つまり,例えどなたかに聞く耳も力もあったとしても,自分のことで手一杯なのです。みんな一つや二つの深刻な問題は抱えていたりするものです。でもそれをあなたにも打ち明けないでしょうし,不幸な部分は見せずに「幸せごっこ」をしている人たちばかりです。悩みの大小はあれ,要するに皆んな同類なのです。こうなれば,自分で解決策を考えなければいけません。営業職のサラリーマンなら管理職にならない限りは兵隊として扱われます。例え,中間管理職になっても今度は中隊長としての責任が問われます。実績を上げれば何の問題もありませんが,理想通りにうまく運ばないのが世の中ですね。こんな時は「ウソ」も大切ですね。少なくてもその場は逃れる事ができますからね。追い込まれたら相手の思うツボです。どんどん追い込んで来ますからね。鉄道のレールの「切り替え機」のように,ちょっと方向を変えてあげれば衝突事故は避けられますから,精神的にもいいですよ。「あいつは嘘つきだ!」とレッテルを張られる前に,成績を上げればいいのですから。時間稼ぎですね。

    • 幸せごっこばかりが見えてくる現代ですね。言えてます。こんなに知り合いの数が多いんだぞとか「どこそこへ
      行った」とか「○○の知り合い」だとか、はっきり言って第三者にとってどうでもよいことが、価値を帯びてる気も
      しますね。嘘は見栄から発生しますから、それが嘘とわかっていながら見逃す知恵が必要な場合もあります。「おれも
      営業管理の時はよく言い逃れたよ。わっはっは」。ってね。

  3. 振込用紙を失くした男?。

    精神的にダメージを受けるのは「借金」もそうですね。ローンだったり,カードで買ったり,税金だったり,お金が無い時ほど借金をしてしまいますね。問題は返済時期です。返済期日や,支払い期日や,引き落とし期日が迫るにつれ,不安に駆られます。親に相談しようにも既に親は無し,妻に相談もできず,ましてや金銭問題は友人も取り合ってくれず,自分のみじめさも明かしたくない見栄もあり,来月の給料日になれば?と思っても気が気ではないでしょう。こんな時は「開き直り」も大切ですね。返せないほどの借金ならまだしも,引き落としが遅れるなどは事務的に考えれば,請求書の支払いを一か月後にお願いするようなものですから,事務的な思考に切り替えて,来月には必ずと思えばいいのです。この時期は自動車税などもきますが,今すぐ払える余裕のある人はいいですが,生活に追われて苦しい家計では無理でしょう。そんな時は,余裕のある月に,道税の窓口に「振込用紙を無くしました」と言って払い込み手続きをすれば,プライドも傷つかずに済みますね。夏のボーナス時期くらいまでならセーフでしょうね。深刻に考えすぎない事でしょうね。払わないと言うわけでは無いのですからね。

    • 自動車税が高くなりました。年式が古くなったからか?保険も税制改正で若干増えました。「物」を持てば「維持費」が
      かかる。スマホも家電でも通信料と電気代。家を持てばローン。子を持てば教育費。妻を持てば・・・・・・。なんだか
      自分の生きがいが外に持って行かれるような気がしてなりません。そういう親を見ていて「結婚っていいね」なんて思え
      ないかもしれません、子供からみて。「あの日に帰って、プロポーズを断りたい」と思う妻たちも多いでしょう。その逆
      の諦めで生きる人が大半ですね。やり直しのきかない年齢になってしまいました。いま献体をしようか迷ってます。心臓が
      30%壊死した私の肉体は、医学生にしてみたら少し興味を持つかもとね。妻は反対です。骨になって帰宅するまで1年かかる
      と申しております。そして献体希望者が多すぎて余っているとも。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>