ペストの歴史(第3回目)

 

下記の記事は、宮崎揚弘さんの『ペストの歴史』(山川出版)について過去に書いたブログでイングランドの部分があるので、再録した。ここではユダヤ人のことが取り上げられている。カトリック教会が11世紀以降、ユダヤ人への禁止事項を作ったとある。しかし、デフォーの『ペスト』(1664年)にはいまのところ、ユダヤ人については1行たりとも書かれていない。イングランドは非カトリック(英国国教会)であって影響の圏外であったのかもしれない。


1348年イングランドにペストは上陸した。ロンドンは人口10万人。しかし、市街地の飲料水は不潔、風通し悪い街並み、不衛生な環境の町であった。テムズ川も汚物で詰まり、下水として機能をしていなかった。黒死病は全イングランド征服に500日。侵攻速度は一日1キロであった。


当然、スコットランドへも伝染していった。1350年であった。しかし、ペスト菌の耐性温度がマイナス2度(1回目に書いている)なので寒いスコットランドは大流行には至らなかった。


アイルランドのダブリンは8月というペスト菌が繁殖しやすい気温での流行で14000人死亡。ダブリン大司教も命を落とした(1348年8月)。


大陸のウィーンはどうだろうか。人口5万。通りも狭く木造の住宅、舗装もされていない。

「伝染性の疫病はやがてウィーンのその市域全体に及び、結果として無数の人々が死亡し、ほとんど三分の一の住民だけが生き残った。遺体の発する悪臭と嫌悪感から、それらは教会附属施設の墓地に埋葬を許可されず、死亡するや市外にある共同埋葬地に運搬しなければならなかった。そこでは短時間で五つの大きな深い穴が縁まで遺体でいっぱいにされた。疫病の流行は聖霊降臨祭から大天使ミカエル祭まで続いた。・・・・修道士や修道女も容赦しなかった。なぜなら53名がそのとき死亡したからだ」(ノイベルク修道院年代記」同書59p


ペスト菌はドイツ、ノルウエー、スウエーデンへ。フィンランドに伝染したがグリーンランドは免れた、低温と人口がまばらだかったから蔓延しなかった。そしてロシア全土へ蔓延してから突然消滅する。しかし、それはペスト菌がどこかに常在しつつ表面化しなかっただけで18世紀、19世紀まで流行の波が押し寄せる。


実はこの本の「ペストの歴史」には、ユダヤ人問題が出てくる。著者が書きたかった大きなテーマが読んでいてわかってきた。それは第3章「中世人の反応」。「黒死病の流行でみえるもっとも顕著な反応は不安と恐怖であった。それから逃れるためにおこなったのが憂さ晴らし、逃亡、他者への迫害、自虐的な内省であろう」。自虐的な内省は有名な鞭打ち苦行集団で、街から街へ集団で練り歩き、上半身裸になって鞭で叩きながら、災いを止めるよう神へ祈る言葉を唱え放浪する。北フランスとフランドルで多いときで80万人の参加があったというから驚くべき数字だ。

 

しかし、同時に人々は黒死病の不安と恐怖から、ユダヤ人への迫害に向かった。井戸に毒を撒いたという噂を流しては迫害した。ユダヤ人は5世紀にはヨーロッパに住んでいて隣人と問題を起こすことがなかったが、カトリック教会が11世紀以降、ユダヤ人への禁止事項を決めたのである。(1)公職への就業禁止(2)カトリック教徒との共住禁止(ユダヤ人だけで住む街ができる、ゲットーだ)(3)村落への居住禁止(土地を持てない、農業ができない)(4)土地の取得禁止(5)ギルドの加入禁止(モノづくりを生業にできない)(6)ユダヤ人を示す黄色のユダヤ人章の携帯義務。ユダヤ人が生き延びれる仕事は行商、古着商、金融業しかないようにすでに11世紀にカトリックによって決められてしまっている。イエスを殺したのはユダヤ人(イエス自身はユダヤ人でユダヤ教徒である)であるからという理由で迫害もされた。

 

数少ない王様がユダヤ人迫害を止めるようお触れを出しても止まらない。アラゴン国王や教皇クレメンス6世など。1349年、有名なストラスブールにおけるユダヤ人虐殺事件が起きる。1800人余のユダヤ人を捕まえて、キリスト教への改宗を迫り、応じなかった900名を穴に放り込むホロコーストが起きた。しかし、そういう中でもオーストリア大公アルブレヒト2世とポーランド国王は迫害を最小限に食い止めて、ユダヤ人はその保護を求めて移動した。


注:現代のネット社会で、あっという間に、真偽が確かめられないまま、書き手の言葉や判断が伝わっていく怖い社会だ。正しさを裏付ける議論であればいいけれど、現代人が好むのは『単純』『結果』『速さ』。『情報を消費しているだけだから、私には責任はない』であるから、いつのまにかそれが性になって、たえずネットでニュースを追いかける自分になってしまい、自分で考える習慣を失っていく気がする。生産を忘れた落ち着きのない消費者だけの人間に。

  1. 人種差別と伝染病。

    人種差別,宗教間差別を疫病に結び付けるとは??生まれて来る人間には選択の余地はなく皆おなじように産声を上げるが,成長過程で分類されて,やがては思いがけない死を迎える人生になろうとは?神の名を借りての人種差別は決して許されることではないですね。日本にもありましたね。朝鮮人別視で在日朝鮮人を迫害していましたね。田舎でも朝鮮人の家族はまともな職に就けずに,街中でも暮らせず,街はずれで家族を養うために雑品屋をやっていました。原価のない不要の金物を集めて売りさばいて,労働量に比べても僅かな収入を得て生計を立てていました。子供たちまでが別視の対象で,肩身の狭い暮らしをしていました。伝染病の根源とさえ言われていたように覚えています。日本姓に変えている人も居ましたが,狭い地域社会では噂はすぐに広がるので隠しようがありません。悪い事はすべて彼らのせいにしていたと言っても過言ではありません。そんな中でも幼い僕たちだけは,電力会社の電線工事があれば,電柱の下に行き,銅線を拾い集めては朝鮮人のオジさんに売って飴玉を買うための小遣い稼ぎをしていました。朝鮮人のオジさんも子供たちには,とても優しく接してくれました。人種差別も一種の伝染病のようなものですね。誰かが騒げば,それに追従する者が出て大騒ぎするように,どんどんエスカレートして命の奪い合いにまで発展しますからね。

    • 異なる言葉を話す人を差別する。排他的にする。異なる肌の人を差別する。信心の対象が違う人を差別する。加えて学問
      をすればするほど(?)差別感情が強くなってきている気がします。都会では特に。子供が親の見栄の道具・アクセサリー
      に堕してる現在、いずれ子供から復讐はされると思いますが、日々、都会で見られるキツイ風景です。韓国も中国も過熱の
      進学競争。教養はいずこに?

  2. 災害と疫病と再整備は繰り返されるのか?

    僕が育った田舎に近い福井市では大震災後に道路整備と上下水道が整備され,当時は日本一上下水道が整備された市とも言われました。天災は突然やって来て街並みを破壊してしまいますが,反面,再整備によって清潔な街に変貌するものですね。東京大空襲に見舞われた我が家は土地も家も失くしてしまい,現在の近代都市TOKIYOがあるわけですが,かつて我が家のあった土地には知らない誰かが住んで権利を主張しているのでしょう。戦災で焼け野原になったお陰で大都市の再整備が進んだのでしょうが,その犠牲は計り知れなく大きいですね。戦災や震災の陰には語られていない「疫病」で命を失くした人たちも大勢いらっしゃることでしょう。僕たちの知らない戦災は大震災よりもなお悲惨ですね。清潔な都市が再整備されたものの,これほど密集した街並みは,いつ起こるかも知れない有事には耐えられないでしょうね。繰り返して欲しくない歴史ですが・・・。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>