農民が餓死する国は最低の国である。闇市世代の故野坂昭如さん(1930年~2015年)「農を捨てたこの国に明日はない」(2017年3月1日刊 家の光教会)1975年、東芝を立て直した土光敏夫さんと「財界は農業をこう見る」という対談文もある。「日本という国を綜合的に考えた場合、農村のない日本社会は考えられないということが一つ。同時に食糧問題として、しからば日本民族の食糧とは何だ、ということ。大きく分ければこの二つになると思うんです」(土光敏夫)

野坂さんは大企業というか都市資本の親分である土光さんに農業について質問した返事が、上の返答であった。先日、発表の日本の食糧自給率がまた下がって40%を切った。昨年は北海道が3つの連続台風に直撃されて、ジャガイモや野菜類の高騰を招いた。ことしは首都圏が日射不足で野菜の成長が良くない。九州も大雨で畑の被害も甚大。古米や古古米でも貯蔵できるなら最低限、グルメに狂わず、食べれればいいわけで不足ならいつでも食に供せられるようしていると思うが、戦時体験が飢えである野坂昭如さんであるから、またこの国がひとりひとりの国民に異様に冷たかった歴史(棄民で満州に送ったり、南米に棄民させたり、特攻を発明したり、補給船が撃沈されたとはいえ、戦場へ食べ物を運べず半分以上の兵士を餓死させた国である)を考えると、冗談ではなくて、食糧を100%自給させる方向へ転換していかないとまずい。

鉄は食えない。金があっても食べ物は買えないときがある。そういう習慣や歴史は都市のど真ん中に住んでいると忘れやすい。貨幣や制度はフィクションであるが、食糧や水は具体であるから、水は水道をひねれば出てくる、食べ物はスーパーやコンビニにお金を持っていけば買えると思っている。しかし、こういうことも一瞬で失うこともあり得る。大災害や道路切断で流通ストップ。水道や下水のインフラも脆弱だし(すでに使用寿命が来ている管が多い)、雨水も放射能にすでに福島原発で汚染されているかもしれない。

アメリカの農業や酪農も遺伝子組み換え作物の飼料を食べて、抗生物質と成長ホルモンを打たれたニワトリ・ブタ・牛が工場生産性で作られ、市場へ世界へ輸出されている。日々、スーパーの食品やバーガー類に何が混入されているかわかったものではない。コストコに並べらている食品も成長ホルモンを打たれ、牛・ブタ・鳥が病気にならぬようゲージに入れられて安く市場に出されているかもしれない。アメリカが大規模農業の国だというが、中小の酪農家や畑作農家は,工場化して穀物メジャーと連携するために大きな借金をしてよきアメリカの伝統であった農村文化が崩壊している。穀物メジャーの奴隷に近い。1代で終わる種を使っているから、次の年の種を残そうとしても残せない仕組みになっている。世界の食糧はカーギル(非上場)をトップに穀物メジャーの独占状態である。

最後に、野坂昭如『絶筆』新潮社311p(2014年1月元旦)の日記より

『ぼくに提案がある。総理大臣に選ばれたら、まず飢えの経験を義務付けては如何か。ひと月の間、一日一食、白米禁止。雑穀寄せ集めの飯、汁は具なし。国民の役に立つ働きが見られれば、コッペパン一つを与える。こうでもしなければ、役に立つ総理大臣は生まれない。』総理へ飢えの義務化である。

2015年12月9日に急逝する野坂さんだが、前日の日記に『言っておきたい。いざとなったら、金じゃない。食いもののある国が生き残るのだ、よその国など誰が助けてくれるか。農の営みを、自分の眼で確かめてほしい。だが、日本の飢餓は、もう眼の前にある』(377p)

 

 

  1. 時代の転換期なのでしょう。ガソリン・スタンドも、電気自動車やハイブリッド化によって、減少傾向にありますね。つい先日も交差点角にあったスタンドの跡地にコンビニが立ちました。コンビニは本来は目立つ表通りの角地が多かったのですが、今では住宅地の中の空き地や更地に立つようになりました。こんなにコンビニばかり出来て共倒れにならないか?心配をよそに、オープン直後から朝や昼は広い駐車場もクルマでいっぱいです。朝食も昼食のお弁当も作らずコンビニで済ませる人が如何に多いかです。確かに自宅で手間暇かけて作れない共働きや、経済的に考えればコンビニ弁当の方が外食よりは安いですね。そんな背景には料理も余りしなくなった理由もあるのでしょうか。お惣菜も野菜も魚も、あらゆる食品はスーパーに並んでいるものしか見えない人たちが増えていますね。農業や漁業とは全く無縁の都会暮らしでは仕方がないのでしょうが「士農工商」でもあるまいし、命の元の農業や漁業をさげすむ風潮さえも無きしもあらずですね。ホワイトカラーが経済を動かしていると思いがちですが、それ以前に、生きている基本は大地や山や海にあることを再認識するべきですね。戦災で東京を焼け出され、田舎に疎開した我が家は、自給自足が可能な田舎が救世主でした。

    • コンビニはいいのですが、スーパやコンビニ、レストンで廃棄されてる食べ物の絶対量に注目するといかに
      狂ってる時代かがわかります。いずれツケがくるでしょう。

  2. 贅沢な子供たち。

    幼い頃「今日もまたイモか?」と言って父母に叱られた事がありました。サツマイモのサイコロをご飯と一緒に炊いた朝食でした。今思えば、美味しいし、ぜいたくな食べもののようにも思えます。子供たちは親の苦労など考えずに言いたい放題なのです。我が家の4人の子供たちも、食べ物で愚痴を言えばきつく叱ってはいますが、世の中全体が「買えば何でも有る」時代ですから、つい贅沢を言いがちですね。初めから作物や魚を手間と時間をかけて収穫する姿を見ていれば、そんな贅沢は言わなくなるでしょうね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>