縄文人も含めて日本人は何処から来たの?

46496f0f0af1b8aaebadd348898111b2

縄文ファンのためのフリーペーパだ。3万部。

6月4日に書いたブログであるが、このあと朝日新聞科学欄の記事やや日本人はどこから来たかという題名の本も出てきて、さらにアフリカのオーストラロピテクス(黒人)が中東付近でネアンデルタール人と交錯する話とか人類学は忙しくなってきた。日本列島を中心に考えると。まずは縄文人がいつごろどこからきたのかという話。次は弥生文化(稲作)はほぼ朝鮮から北九州あたりに上陸したのは確実みたいだ。それが、順次、西から東へ移動するも現在の長野県(信州は弥生文化を拒否)は通過して一気に東北へ伝播。諏訪神社の大木信仰(祭礼)の名残からNHKが分析していた。果たしてそうなのか?今一度お読みください。

知の相対性~もうひとつの日本の歴史~

ryuunyuu_3ru-to_2

教科書で書かれた歴史は、統治した側から記録したものが多く、書かれなかった歴史、残された絵や版画、生活必要品や言語から推理できる歴史の再構築がフランスのルナール学派を中心に主流になって50年以上経過する。


日本でも実業家・渋沢栄一が宮本常一に命じてお金を出して、今のうちに集めておかないと庶民の歴史が無くなってしまう危機感から、日本中の民の歴史を収集させたのは有名な話だ。宮本常一は『普通の人』を『常民』と名付けた。ドイツ中世史の阿部謹也さんは丹念に版画1枚を分析して当時の暮らしを再構築して見せたり、日本中世史の網野善彦さんも富山の民家の倉に残された資料を読んで『百姓』は必ずしも『農民』ではなくて、百というたくさんの職業の総称であることを発見したり、私たちが知識として思い込まされてきたのが実際の内容とどれほど歪んだものなのかを見せてくれる。


誰も疑うことをせず思い込まされてきた知識を捨てられた瞬間は何とも気持ちがいい。たとえば日本国歌『君が代』が、明治時代、英国人から『欧州各国にには必ず国歌というものがある』と聞いて、慌てて近代国家として整えるために、英国人・ドイツ人・日本の雅楽者が一緒になって作った話だなんて、小学校の1年生の音楽の教科書の1ページ目になぜ掲載しないのか。なんでも国粋を第一義に考えると、真実を歪めてしまうから気をつけたい。(内田樹「日本辺境論」から)


嘘を100回言うと(真実)になってしまう。『政府は必ず嘘を言う』(堤美果)。これは、世界中で行われている嘘でロシアでも北朝鮮や中国でも英国でもアメリカでも変わらない。そのためにジャーナリストは政府を権力を監視するために存在理由があるのだが、アメリカのメディアもFOXやマードックに買収されて自立性を失っているからあてにならなくなってきた。NW貿易センタービルへの航空機激突も原因は闇の中、ケネデイーの暗殺もそうだし、リビアはじめイラクでの独裁者がいたがゆえに国内の政治的な混乱を防いでいたともいまなら言えるかもしれない。アメリカ流「民主主義の押し付け」をCIAを使って意図的に起こされた可能性もある。


ここでようやく本題のもうひとつの日本の歴史という考え方だ。


最近、『アイヌ学入門』を読んで、苦手であった日本の歴史が時間や空間でまとまり出した。それは私の住む場所に膨大な縄文人、縄文土器が採掘され、郷土博物館に並んでいるのを目にして、前は今の自分には関係が薄く、他人ごとのように眺めていたが、ネアンデルタール人やクロマニヨン人の動向や分子生物学からくるDNA研究、オスとメスの書物を読むにつけて、古代人・縄文人の息遣いや暮らしが筆者の頭をよぎるようになってきた。私の足元に歴史が転がっていることに改めて感動している。


アイヌの歴史が日本の歴史と交流貿易でも、金の採掘でも、武士社会で使われた1本の矢の羽がオオワシのものであったり、北海道各地で武士の鎧が発見され、富裕なアイヌが交易で購入していたり、さらに高価な食器類も発見され、和人との交易で買ったエカシ(長老)がいたのだと想像されて、明治や幕末以前にも信じられないくらいの交流がアイヌにあったことを知って歴史がつながるようになってきた。私の住む地面に大昔、縄文人が竪穴式住居を構えて、家族を養っていたことをブログを書きながら想像している自分がいる。私があたかも縄文人であるかのように。


さらに、いま読んでいるのは、なぜ人間は長い間の浮遊生活を捨てて、定住生活に移行したかという問題である。浮遊生活を浮動生活とも言う。獲物を求めて家族や小さな集団で移動する暮らしが数百万年続いて、定住生活はたかが1万年前でしかない。定住生活が始まって、貧富の差や暇な時間が出てきて、退屈な時間も生まれて、そこから文明や文化が出てきたのでは・・・という本を読んでいる。縄文と弥生という文化もさることながら、人類史を考えると、私たちは定住生活を前提に思考していて、長さから考えると数百メートルでも次々移動して暮らした莫大な時間があった。ゴミもそのまま、トイレもない移動する暮らし。つまりどこでもトイレである。生まれたばかりの赤ん坊がどこでもするように(いまはオムツだけど)。


焦点の定まらないブログになってしまった。

 

  1. 歴史に残されない史実。

    狩りで獲物をとって生きていた狩猟民族の人間たちは,全く動物と同じ思考だったのでしょう。作物を作ることを覚えて初めて土地への愛着が湧いて定住思考に変わって行ったのでしょう。しかし明治以前には刀をさげて大道を闊歩していたなんて信じられないですね。獲物をとるためではなく人間が人間を斬るためですからね。アメリカあたりでは今でも拳銃を持ち歩いている人たちもいますが。口論の末,考え方の違いで人を斬り,通りすがりにぶつかったとして人を斬り,国を奪い取る合戦だと言って人を斬る。まるで殺人の歴史が続いたわけですね。それ以前の縄文や弥生時代にも殺人も合戦もあったのでしょうが,歴史には残されていないようで,余り語られないですが,毎日の暮らしそのものが死活問題ですからきっと激しい戦いなどもあったのでしょうね。歴史の節目はいつの時代も争いや闘いなのでしょうね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>