伝説の営業マンやウーマンについて

 

ある人から、こんな営業マンがいるよと教えてくれた。外資の生命保険の営業でトップを走り続けた甲州何某という男である。初めて聞いた名前だ。私も組合運動に疲れて会社を辞めた後、生保に転職して10か月在籍したことがある。35年前だから、公的年金は危ないから、個人で終身年金を書ける時代ですよとセールスした。その会社にも伝説のトップレディーがいて、彼女の数字の挙げ方を上司はよく話していた。たとえば企業の社長や総務部長の出るゴルフの付き合いは、プレーはできなくてもおにぎりを持参するとか、誕生日にはケーキを送るとかする。そうすれば、新入社員が入れば一番に紹介してくれるとも言っていた。さらに生保加入者を紹介してくれれば、誰よりもキックバックを多くするとか、ほとんど個人商店経営のノウハウである。噂としてではあるが、当時の支店長と裏でデキテイルので、支店長の人間関係から数字をもらっているはずだと同じ生保の営業から聞いたこともある。伝説は後で作られるもので、内実はドロドロであった。泥の沼に咲くハスの華が数字で、キツイ人間関係、同僚からの強いやっかみに堪えながら日々を生きているのが実態だ。芸能界やスポーツも政治もマスコミ社内も、おしなべてサピエンスが生息しているところには似た現象がある。

 

  1. 筆頭営業術。

    他人様と同じことをやっていても,筆頭営業にはなれませんからね。個人商店は,大型店のシステムに負けじと秘策を練るわけですね。死活問題ですからね。できない同僚からは妬みやっかみは当然でしょうが,その人なりの隠し技があるから差がつくのでしょう。女性であれば,その技が,人によっては「寝技」だったりもするのでしょう(?)が,それだけでも大差はつかないでしょうから,他にも特有の「気配り」や「思いやり」や「勤勉さ」なども差がつく原因でしょう。大抵のトップセールスは,男女を問わず「自己投資」をしていますね。自費で仕事に投資しています。なぜなら,いつかは,給与もボーナスも数倍になって返ってくることを知っているからです。また,一度築かれた人間関係や信用は続くことで,自分が生きて行くための必要不可欠な財産になりますからね。毎月サラリーを貰って通っているだけでは満足できない処に,違いが出るのでしょう。コーヒーの一杯でも,ビールの一杯でも,手土産の菓子でも,自家用車での活動でも,休日の営業でも,会社のためではなく「自分のため」なんです。必ず見返りがあるからです。毎日数字で苦しむより,毎日コツコツした手間暇をかけた方がはるかに楽ですからね。

  2. 雨にもマケズ。雪にもマケズ。

    伝説のトップセールスの話は,最近では余り聞きませんが,かつては沢山ありました。北海道ならではの逸話で,吹雪の雪道で倒れているご老人を助けたら,何と大メーカーの代表者の親だったため,命の恩人へ北海道の販促予算を一任されたと。僕は公園の脇で雪に埋もれていた人を助けてクルマで自宅まで送り届けたことはありますが,普通の家庭の方でしたが(?)。ある日,人助けで,突然シンデレラ・ボーイになった方々も,僕よりも大先輩なわけですから,今では皆んなお年を召して,今度は助けられる側になってしまいましたが,彼らも元々は普通の営業マンで,数字を挙げるために,吹雪の日にも外を歩いて営業していた人たちなんでしょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>