男の大半は臆病である(精神科医 名越康文)

 

女は臆病な男が嫌いである。しかし、男の大半は臆病である』(女はギャップ 扶桑社文庫)

けだし名言である。自分を振り返っても居酒屋で男同士で話す話題も『臆病であるがゆえの強がりであったり、意固地であったり、見栄だけであったりする。そこに女性でもいるものなら、臆病ではないところを出し合う場面に転換して、最後の支払いの段になると、おれが払う』まで発展する。

福岡伸一さんの本『できそこないの男たち』も地球誕生が46億年前、最初の生命の発生が36億年前、それからさらに10億年で複雑な生物の誕生になるのだが、はじめはすべてメスであった。強いメスの縦糸に、ちょこちょこ横断するのがオスである。お笑いで昔、ちょっとおじゃましますという言葉が流行ったが実はそれこそオスの正体ではなかったか。おじゃま虫である。

男の臆病さからさまざまな行動形態が現れる。他人をたえず意識しながら生きる性だとしたら、強く見せようと武器を強力にして、より多くの相手を殺して英雄願望を満たしたり、知識で武装して相手を言い負かせて強がる。

フランスの16世紀の学者モンテーニュの随想録27章、『臆病は残忍の母』という1章をもうけているくらいだ。16世紀、宗教戦争真っ盛りの只中だから、裸で男の残忍さが露呈している。『経験によって、この意地の悪い非人間的な心の激しさ・むごさは、通例、めめしい意気地なさに伴っていることを知った』(956p 白水社 縮刷版)。そして男の代名詞、勇敢や勇猛や武勇は『その効果は抵抗にぶつかって初めて発揮される。闘牛も抵抗がなければ面白くも無い』

野球にしても、投手からみたら打者、打者から見たら投手が抵抗体である。相撲も相手がいて(抵抗体)はじめて勇猛という形容詞が誕生する。しかし、ブログの読者の多くが男性だとしたら、『男の大半は臆病である』という言葉に同意すると思う。ここのところをほとんどの女性は誤解をしている気がする。名越さんの本は、男の本音を語って女性に恋愛のイロハ、男ココロをこっそり教えている虎の巻のような本で、まずいなあと思わせる本であった。

さらに現代政治の権力者に向けて、モンテーニュは『何が暴君たちをあんなににも血を渇かせるのか。それは自分の身の安泰をこい願うからである。彼らの卑怯な心は、自分に危害を加えそうな人々を、いや引っ掻かれるのさえ恐ろしくて、女までも、ことごとく根絶やしにするほかに、安心するすべを知らないのである』(同書964p)

エジプトでもギリシャでもローマでも中国でも江戸時代も現代の北朝鮮でも自民党内でも日本企業の派閥抗争でもどこでも見かける風景であるが、この『女は臆病な男が嫌いである』。が真実だとしても、嫌われてもいいから無謀なしなくてもいい争いから身を一歩引いたところで生きたいものである。

しかし、臆病さが男の本質を言い当てているなら、そこをわかる女性が賢い恋愛に入れるかもしれない。少子化を言うならこのあたりから、議論しないと先には進まない気がするのだが、いかがだろうか?

 

 

 

  1. 女性管理社会。

    雌を傍に置きたいから雄は闘い,狩りで獲物を手に入れて与えます。雌との交尾の結果,子孫を増やして,家族のために働き,闘いながら自分が中心だと信じて暮らします。しかし,人間の雄には,ろくに狩りもせずに雌に養なわせている紐などと言う雄も沢山います。いずれにしても,雌を服従させようと試みても,結局は雌にコントロールされている事に気づきますね。腕力の無い雌の武器は情と言動のみですが,これが雄の弱点を旨く突いて来るのです。豊田議員の「このハゲ~!」も,あの小柄な女性が大きな図体の男性秘書を罵倒する事によって服従させていたのでしょうが,これも他人事と思いがちですが,大なり小なり夫婦間も同じようなものですね。あの場合の自信は高学歴や立場を盾にしてはいますが,そればかりでもなさそうですね。元々,女性には,男性を上手に利用して生きて行く術が身についているようですね。そんな女性に弱い男性たちは通勤電車に乗せられて仕事にに出かけるのです。今日も一日,無事に夕飯に有り付ける自宅に帰り着くために。冷静に考えれば,家庭の中の女性は,管理職そのものですね。今後は一般社会でも女性上位の傾向が見えてきましたね。今回の選挙戦でも。

    • まったくメスの生き残り戦略は、体に組み込まれている。大地にしっかり根付いているとしかいいようがありません。オスもメスから
      生まれてくるので、さらに妊娠も卵を持つメスの中で細胞分裂をしていくので、メス的な性質が50%以上を占めています。オスが
      いかにも強いような見栄を張るものですから、金や地位、体力、名声を誇示する社会に歴史的になってしまったかもしれません。しかも
      そういう男がモテルんです。一番、単純はスポーツ選手です。わかりやすい。クドクド言葉で表現しない。朴訥でも実力で見せる。これ
      ですわ。次に芸能人。素人の男が真似しても無駄ですね。たんたんと生きてたんたんと棺桶に入るしかありません。私はパニック障害が
      あるので、狭いところだめなので、少し大きめの棺桶を注文するよう妻に言っておきたいのですが。「そんな高い棺桶はだめ。標準の棺桶にしなさい。」と死んでも妻と議論になってしまうから、標準の棺桶で我慢します。男の性のY染色体は一体何をしているのでしょう?もっと
      男が楽に生きられるよう、働かないといけませんね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>