『今の人はとにかく自分が好きである。自分のことが好きで好きでならない。その上、自分さえあれば社会は成立すると考えているようである』の文章で始まる、阿久悠さん『清らかな厭世 言葉を失くした日本人へ』(新潮社242p)の発言。

私も世の中、どこへ行っても、そういう類の人間の塊を見てしまう。他人の視線を気にするとよく言うけれど、それも『自分を愛し過ぎる』からこそ出てくる振る舞いで、率先して、『自分のことは後にする』ではなく『自分のことを先にして』生きるモードばかりである。まずは隣や横の人が困っていないか配慮して生きていた人が昔は隣近所の節介焼きやクラスの生徒会長などにたくさんいた。私自身、そういう人に囲まれて生きてきた幸福な時間を持っているから、自分にもお節介の癖がついてきた。今でも20代や30代の人間に接するときは、『そこまで気になさらないで』と言われることが多い。そしておしゃべりときてるからあんまり信用はされていない模様である。

しかし、私から現代人を見て、とにかく自分の世界があるのかないのか、あるように見せかけて『自己愛』に閉じ籠る。関心のあることには異常なまでの執着を示していながら、世の中全般や他人との敬語を交えた会話や丁寧な振る舞いは苦手なようである。そういう私も、それが理想的な振る舞いとは思えるが、なかなかできない。

で、大事なのは最後の『社会の迷子になる』という一言で、他人と自分の組み合わせの世間で自分の位置を知ることは、迷子にならない近道である。家族の中でのはっきりした自分の位置づけや地域社会での構われかたが明確であると、人間は幸せ感が強まり、『社会の迷子になる』ことがない。『孤立した自分の部屋に住む子供』より、洞穴で家族が一緒に住むネアンデルタール人のほうが幸せかもしれないなあと思う瞬間である。言葉もそんなに複雑な話はできないが、接触と声と行動で家族のコミュニケーションを取る彼らは現代人より、日々充実した毎日を送っただろうと思う。

殺人事件の半分以上が親族間で起きる日本の現実を見て、『ネアンデルタール人に学ぶこと多いよ』と伝えたい気持ちになる。彼らは、自分のことより家族のこと、隣の家族との協調を第一に生きてきたと思う。それが結果として、安全で落ち着いた、静かな毎日を保障してくれて、大脳から幸福なホルモン・セロトニンを分泌してくれるのだと体で覚えたことだ。阿久悠さんの言う、社会の迷子にならないために、いい顔をした人間で最後を全うしたいものである。

  1. ネアンデルタール人にお目に掛かった事はありませんが、北海道にはアイヌ民族がお手本かも知れません。僕が北海道に来た当初は、北海道の人たちはアイヌに触れない風潮を肌で感じました。今では国をあげて支援を始めましたが、冷静に考えれば、いまの北海道の自然も彼ら彼女たちの生き方が大いに関係しているのではないかと思います。アイヌ民族が残してくれたものは沢山ありますね。道内の地名はすべて彼らがつけたものですし、今や観光資源の原生林も野生生物たちもアイヌ民族の生き方が育んだものと言ってもいいでしょうね。現代の私たちも、今一度学ぶべきではないでしょうか。心からのコミュニケーションと真の豊かさを。次世代の道産子たちへの道標として。

  2. 中1の少年14歳が若い20代女性の背中に包丁を刺して逃げた。すぐにつかまったが、なんと現場は知り合いの家の近くで何度も通った道だった。他人を殺してみたかったとか?言っているようだが、なぜ?そこまで過激になれるのか理解できない。全く縁も無い他人を傷つけるということは、最初から身近な人には対象を置かなかったのか?それとも身近な人への恨みや不満を他人にぶっつけたのか?殺人未遂事件でも子ども扱いで自動相談所預かりと言う?。最悪でも少年鑑別所どまりでまた直ぐに出所することになるのだろう。低年齢層にまで、心の病気が蔓延している。殺人ゲーム感覚なのだろうか?最近は不可解な事件ばかり。もっとわかりやすい社会に戻ってほしいものです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>