1月15日に「フェイク」(偽物)をテーマに書いたが、ゴーストライターはいまや無くてはならない存在。テレビも映画も出版も政治活動も成り立たない。そのくらい大事な人たちだ(らしい)。


自分史をライターに語って書いてもらうお金持ちも増えてきた。男に多い願望だ。お金の次は名誉や勲章を欲しがるからかもしれない。たぶん、自分が死んでも記憶しておいてくださいねということだろう。アメリカ大統領の演説も優秀なライターの存在なくして成り立たない。毎日のNHKのニュースも政治部・社会部・経済部の記者が原稿を書いて、アナウンサーがそれに差し障りのない一言を加えながら、話し言葉に改変しておしゃべりしている。


筆者も恥ずかしながら、現役時代、イベントののシナリオを書いていた。司会者へ事前に渡して説明し、最後の質疑応答は、質問者が出ないことも想定し、質問者をあらかじめ用意もした。いつかやっていた電力会社の原発説明会にサクラを用意していた広告代理店があったが、程度の差はあってもやってることは同じだ。いま考えると、自然に流れることはなくて無理やり、決められた時間内で要領よく、ことを済ませることだけに終始している仕事。赤面する。


人間の性格で人前に出て目立つ位置に立ちたい人もいれば(芸能やスポーツ・政治向き)、後ろに回って縁の下であっても書きたい人(さらに後ろからコントロールしたい人)もいる。以前、在職していた会社で社長を動かして人事権を振るう者もいたが、次の社長でバレて失脚した。しかし、後ろで人事のシナリオを書くゴーストライターであることには変わりはない。


ゴーストライターには広告世界でコピーライター経験者が多い。しかし、ライターは調べること、勉強する量、読む本は半端ではない。業界には独特の用語もあるし、政治の世界なら法律にも明るくないといけない。リクルートという企業が昔、学校や企業のPR記事をたくさん書いていたが、そこからライターの仕事で独立していく人も多いと聞く。ただ、お金をもらって書くと、制約がきつい。ゴーストライターの辛さは、嘘に耐えられるか。つまらない話を大げさに書く必要もあるし、まずい食品を美味しいという表現にしないとクライアントは怒る。自分にとってつまらない表現がスポンサーが絶賛したりする矛盾。繰り返すうちに感性がへたる。


とはいえ、自分が話していること、書いていることで、オリジナルな話って思ったほど多くはない。誰かの言葉を借りていたり、流行の単語を使ってみたり、すでに自分より先にたくさんの人が話していることも多い。それを使わせてもらってる。やさしい言葉で言いたいことを伝えるのは相当むつかしいものだ。子供と話すとそこが磨かれるらしい。だから子どもに向って正直に語れる人は信用できる。子どもに嘘はすぐにバレるものだから。


宗教の世界もゴーストライターだらけ。旧約も新約の聖書も仏教もコーランもたくさんのゴーストライターの集積だ。イエスは自分で書いていない、語っていたと書かれている。●●したと書かれている。宗教は必ず最後はよりどころとして「本」に行き着く。活字が読めない人へは「語りや教え」。ラジオやテレビを使って布教する新興宗教はアメリカに多い。そのコピー文章もライターの大事な仕事。人の人生を狂わせる力をゴーストライターが持っていることか?人生を救うと考える人もいるかもしれないが、単純にお金儲けの宗教に見えてしょうがない。

  1. ゴースト・ライターは影武者みたいなものですね。派手なキャッチ・コピーで華々しくデビューするヒーローのコメントは、ほとんどが影武者の考えたものでしょうね。一般大衆には悟られないように、姿はなかなか現しませんが、ヒーローの人気も落ちて、実はあのキャッチ・コピーは影武者が考えたものと分かった時点で皆んなガッカリしますね。シナリオ(台本)は最初からやらせが目的である事には間違いないですが,時としてジャズのようにアドリブが加わる事もあり、その方がごく自然の流れに感じると思いますね。世の中には立派な書籍が数多く出版販売されていますが、本人独自の作品のものがどれだけか?疑わしくなりますね。

  2. いつだったか?かなり前に、小樽が観光地化され始めたころ、吉本興業が小樽にライブ・ハウスを作ったことがありました。何かのついでに、家族でそのライブ小屋に入りました。今も活躍している漫才のコンビたちが未だ陽の目を見ていなかった時代です。正直言って面白くない漫才がほとんどで、前列に座った私たちは微笑む程度で笑えませんでした。ところが?背後で大笑いを連発する夫婦のような客?が居ました。盛んに大笑いするので、つい顔を見てしまいました。間違いなく関西人でした。つまり「サクラ」の「笑い屋」のようでしたね。きっと吉本興業の社員か、関係者か、あるいは雇った笑い屋ではないかと。きっと「連られ笑い」を狙っているのだとは思いますが、それにしてはバレバレの演出でしたね。ゴースト・ライターも、演出も悟られてしまったらお終いですね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>