妻が九州へ行き、1週間不在。なので自然に主婦になった。去年から朝ごはんはトーストと野菜・ハムの定番で、ときどき卵料理をして私が作る訓練が効を奏し,不自由はなかった。後片付けはお手のもの。料理しながら使い終わった用具は水洗い。しかし、食べ終われば、今日の昼と夕食は何にしよう?何を買うか思案する。生ゴミを出す曜日、プラスチック類を出す曜日を確認もしなければいけない。ご飯などは炊飯器があるからカンタンと思いきや水の量と米の量と、30分以上、そのままにしておくことを忘れ硬いご飯になってしまった。夕食は残りご飯でチャーハンだ。余った野菜を冷蔵庫から出して切り刻む。フライパンで炒めて塩・コショウ入れて皿に取り、次は卵を落として熱を通して、そこへご飯とチャーハンの素、次に野菜を入れ出来上がり。美味い。誰もいないが、自分に声をかけて景気づけ。「なかなかやるじゃないか」と。

洗濯機も風呂のお湯を使い、洗う。乾燥機から出して全部吊るす仕事もある。しかし、この中のどれにアイロンをかけるのかわからないから、手で畳んでタンスにしまう。ワイシャツ以外はアイロンなしでOKなはず。居間だけは掃除をしようと掃除機を出す。庭に出て、咲き過ぎたバラをハサミで切り、玄関の鉢植えに水をやる。

明日は会社だ、息抜きができる。サラリーマンは家事から会社へ逃げているのかもしれないなあと思う瞬間である。しかしである。一人暮らしの怖さは、火や電気、ドアの鍵の再確認だ。2階に上がり、電気チェック、ガスの点検、そして玄関ドア。そうだ、和室の部屋の鍵も気になる。自分の家を離れるまでのこれは儀式みたいなもので、慣れるまで時間がかかりそうだ。妻か私が先に逝くわけだが、おおむね男が先に死去するケースは多いが、その逆もあるわけで、その場合の訓練を一週間してみたが、食事つくり、栄養に気をつけた台所仕事が一番大変かもしれない。

近所に私立大学もあるが、講師は近所のおばさんでいいから単純な料理を教えて欲しい気がする。札幌の街中に料理教室があるが、おじさんも入学OKというが、敷居が高い。図書館で「男の一人暮らしの料理」集も借りたが、どうも、大脳から覚えようとするから長続きしない。手と体で覚えないと身につかないこともわかった。情けない一週間であった。しばらくは妻の料理を横目で見ながら学ばせてもらうことにしよう。主婦業の大変さを実感した。

  1. 長生きすると仮定して。

    自分の親の場合、母が86歳で先に逝き、父が96歳まで生きました。もともと器用な人だったので自分ですべて賄って独り暮らしも長かったですね。独居がゆえに、好き勝手に自分流の生き方を実践していましたね。耳が遠くなったせいもあり、TVやラジオを大音量でかけていましたし、電話のベルも特別大きな音が出るベルをつけていました。ただ、独り暮らしは我がままになって、つい億劫で湯呑を洗わず使ったりもしていました。娘を連れて行くと、やっぱり不潔に感じたのか出されたご飯も食べれませんでした。街で育った現代っ子には、トイレも食事も清潔でなければ受け入れられないのです。結局、遠くのスキーリゾートのホテルで温泉に入って食事をしました。そんなわけで、自分が年老いて独居になったらと考えると、認知症にでもならない限り、やっぱり清潔な暮らしを心掛けなければいけないと考えました。それには、その場になってからではなく、きちんとした暮らしを普段から気を付けていなければいけないと思いますね。あくまで自分が長く生きると仮定してですが?。

    • 整理整頓は気持ちの整理にもつながりますね。片付けられない人がいますが、実は片付けられるんで、問題
      はもっと心理学的な病につながる気がします。近所の長生き老人の共通性はきれいにして生きている。ゴミだし
      忘れないで、食事も作っています。主婦業は奥が深い。農家の人に似ていて、探せば仕事は何でもあります。

  2. 外食でメタボ気味です。

    料理さしきことはできますが、働いていると家での食事は朝食だけです。朝5時起きて超薄ネスレを呑んで、風呂を張り、ご飯を炊いて、新聞を見てPCでネットを見て、小学生の子供たち3人を6時半に起こし朝食を食べさせ、7時過ぎには、部活の小5の女児を学校に送ってから残りの2名と急いで食事のあと、子供を学校に追いやってから掃除機掛けです。一汗かいて朝風呂で清めてから出勤です。そうそうゴミ出しもしていますよ。子供たちには食パンの場合は目玉焼きとコーンスープを。ご飯の時は簡単にノリとか納豆とか冷奴にしますが、納豆は嫌う子もいて結構面倒です。自分は納豆に大根おろしが結構好きですが、みそ汁やスープは欠かせないですね。カレーなどは得意ですが、子供たちが甘口なので、なるべく外で食べることにしていますね。もっと料理もしなければならないのでしょうが、ほとんど家にいないので、つい外食が多くなっていますね。

    • そこまで料理つくればサイコーの部類ではないでしょうか?筆者はこれから野菜炒めの夕食づくりです。中華風ですが。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>