今月の1日に『監視カメラに溢れる街中』の話を書いたら、先だって私のところに『社長が職場内に監視カメラを設置して、全員を監視する。ズーム機能も持たせて、パソコンの開いている画面を社長室からチェック』する発表があった。『ここまでやるか!!』と怒りの弁を私にまくし立てていた。社長と社員の信頼関係がなくなればこうなってしまう実例だ。売上げが増えず、社員は仕事をしているのか不信感に固まった社長が打ってきた手がこれだ。

この次は『誰が何を話しているか』のスパイ合戦が始まりそうである。これって人権問題に発展しないのか?大きな工場や病院、私の母が入居していた老人ホームも『家族の了承のもと、転倒やトイレで倒れないか監視するためにカメラをONにしたが』、また万引き防止や不正なATM引き出し、交通事故の場面や車の混み具合を監視する道路上のカメラならわかるが、狭い30人規模の社員全員をす室内で監視するカメラって、気味悪い現象ではないだろうか?それを監視する社長を監視するカメラを社員がパソコンで見れればいいが、一体、何をしに毎日会社へ出てくるのか意味がわからなくなる。

営業も持ち歩く会社支給のスマホで現在、どこにいるか位置情報は会社に把握されている。これに頭の上にドローンが置かれ、絶えず自分自身、可視化される世界に投げ込まれると思えばいい。耐えられるれるだろうか?無視して日常の仕事をたんたんとこなせばば良いという人もいるかもしれない。しかし、会社の経費でカメラを導入して工事費を負担するわけだから、それを稼ぎ出す社員への裏切り行為ではないか。ますます、忌避される社長になり、未来暗し。意見を言える人が誰もいなくなる世界は怖い。『1984』の世界が現実にできている。人間が作ったもので自分の首を絞める。気が変になる社員が出てこないことを願うのみである。

さらに自分の殻にだけ閉じ、情緒不安定になり、仕事上のミスが頻発する惧れもある。ミニナチス帝国が国家レベルから企業や学校、役所にも蔓延していないか?しっかり点検したものである。もともと自由への希求が全然無い人なら、言われたことだけハイハイして、給料日まで1ヶ月我慢我慢で生きられるだろうが、筆者みたいな素浪人・自由人には耐えられません。

  1. 経営者の本当の考えや目的はよくわかりませんが,ここに至るまでの何か問題や,今後予測できる問題など,カメラ設置への決断のキッカケがあったのではないでしょうか。仕事の内容によっては,対外的にも守秘義務を重視する環境にしておく必要がある場合もありますからね。この場合に当てはまるかどうかはわかりませんが,特に非正規雇用の社員が多ければ,機密事項を持ち出されては会社の存続にも関わるとの経営側の心配も当然あるのではないでしょうか。いずれにせよ,経営者の考えがわからない以上,何とも言えませんが,官庁あたりでさえも職場にカメラが設置してあると何かで言っていたような気がします。この際,決まってしまったのであれば,プラス思考で,働きぶりをしっかりと見てもらって昇給を要求するとか,職場環境の改善をお願いするとか,現状の不便さを見て貰うことにより職場に必要な設備を要求するとかも可能かも知れませんよ。ところで?経営者の方は同じフロアに席を置いているのでしょうか?それならカメラは必要ありませんね。別室で女性社員のクローズ・アップなどして毎日ニヤニヤと観察を楽しんでいたとすれば,立派なセクハラにもつながりますからね。経営者の別室にも隠しカメラを設置しなければ証拠はつかめませんがね。誰が猫の首に鈴をつけるか?それは,あなたですかね。

  2. 先ずはPC画面をカメラに向かってやや斜めになるようにデスクの配置換えをしてはいかがですか?。そのうえPCのモニター・ディスプレイにフイルムを貼るか,引っ掛ける透明カバーなどで斜めからは見えないようにするといいですよ。また,モニターの輝度を下げておき,数分でスリープする設定にすれば手を休めれば消えますからね。もう一つはアイコンも極端に小さくしておく事も。無言の抗議をするなら,全員サングラスをするってのはどうです。そして時々カメラの方を見るなんてのは?きっと見られた方はゾッとしますよ。モニターの光が目に悪いからとか理由をつけて,一人から初めて職場に徐々に拡散する形でね。「私も」,「私も」とね。ところで,最初に始める人は誰って?「それは,あなたでしょ!」。

  3. カメラ監視下でサボるテクニックを磨く絶好のチャンス!ですね。いかに仕事に熱中しているか?を見せつけるのです。とは言っても,イヤホンやレシーバーで音楽とか落語とか漫才とかを聞いて,明るく楽しそうに仕事をするのはどうですか?大声で笑ってはバレますけどね。ノリノリで体をスイングなどしてもバレてしまいますよ。押さえて押さえて。カメラを意識はしても,毎日が明るく楽しくなりそうですね。「♪あっかるく~陽気に行きましょう!」

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>