第二次世界大戦は日・独・伊の敗北で終わったわけだが、ドイツの思想家エンツェンス・ベルガー『何よりだめなドイツ』(晶文社)を学生時代に読んだ。手元に本はないが、当時のテレビは『コンバット』、映画は『ノルマンジー大作戦』が大ヒットして世界中で鑑賞された。『何よりダメなドイツ』の中に、英語帝国主義という表題の作品があって、『なるほど、アングロサクソンは母国が英語圏で、生まれながらにして母国語を話し、何をやるにしても、どこへ行くにしても100メートル走なら、すでにスタート地点が50メートルから走る競技だ。同じ平面で走るならまず英語を学んでからにしなさい』という価値観を子どものころから無意識のうちに洗脳される。パソコンやアメリカの軍事技術の民生使用から始まったインターネットも英語から始まった。私の受けた英語教育は、会話より文法や英文和訳ばかりで10年学んで、日常、旅人から方向を聞かれて答える程度の英語力だ。大学でドイツ語や中国語をかじるようになって、また北海道は隣はロシア、アイヌ民族もいる、華僑もいる、朝鮮の部落もある。そこで大学3年のときに『そうだ文部省に入り、英語の義務教育は廃止して、中学から多言語教育を選択性にして外国語が必要ない人は日本語をきれいに話せる授業がいい』と4年生を何度も落第した身でありながら『国家公務員の上級』を受けたが、不合格であった。思うに、言語の持つ不平等が400年以上続いていやしないか?そしてIT関係のパソコンが普及するにつれて加速度的に、英語・英語と幼稚園にまで遊びながらの英語の授業がある。ギリシャ語に始まり、ラテン語、イタリア語、ドイツ語、フランス語、英語、ケルト語、スペイン語、ポルトガル語、中国語、アラビア語、ハングル、ロシア語。まだまだ現地に根ざす言語はたくさんある。言葉にはそこで暮らさないと伝わらない大事なニュアンスというものもある。しかし、英語はブルドーザーだ。地球の狭い表面を走りまわっている。そして彼らの声が異様にでかいときている。ワールドカップ札幌大会で《イングランドVSアルゼンチン》の試合があった。フォークランド紛争とアルゼンチン経済の大不況で応援団がさっぱりいない中、筆者はアルゼンチンの応援側に回ったが、イングランドサポーターの声のでかいことといったら嵐の中を叫ぶバイキングの声である。体の大きさも違う。ベッカムのコーナーキックも見たが、そんなことより、集団化したときのイングランド人の声の暴力を身近に感じたものである。フーリガンと呼ばれる一団で日ごろから声出しを訓練しているとはいえ、すさまじい。札幌の街中、イングランド人が溢れて大通り公園やJR千歳線も2日間、イングランド劇場になった。英語帝国主義を書きながらワールドカップのあの日を思い出した。このテーマは再度機会を改めたい。アメリカの大リーグを見ていても、観衆の声の大きさに筆者は同様なものを感じるのである。

  1. 単語で話す英語力。

    英語力も無い私が、英語圏の外人とのデザインの打ち合わせをしなければならなくなった事があった。初めから断れば良いものを、好奇心も手伝ってスケッチブックを持参して会う事にした。大柄な彼と小さな私、それだけでもアンバランスだが、そこは怯まず堂々と日本語で通した。彼は日本語は全く分からない様子でしたが、単語を口にしながら、更に持参した大きなスケッチブックに単語のスペルを書いたり、イラストを描いたりしながら理解を求めた。打ち合わせは意外にもスムーズに?終わって、最後は握手して別れた。英語の苦手な僕の窮地の策でしたが、そのとき多少の専門用語の単語スペルやイラストが僕を助けてくれた。

  2. 関西弁と中国語とハングル。

    スポーツ観戦の歓声はともかく、近年はどこに行っても中国圏の人たちだらけ。普段の会話から大きい。大陸に住めば自然と声が大きくなるのだろうか?内輪の話らしきことを廻り中に聞こえるほど大声で話す。また中国語にもいろいろあるようで、全く理解できないから、なお煩く感じるのだろう。生前に東京育ちの母が言っていた。「大阪の人達は立派だね~!どこに行っても大阪弁を直そうとしないからね~」と。全くその通りで、今では北海道も関西弁と中国圏やハングルがあふれている。ちなみに我が家の山の神は、関西弁だが、以前はロシア人の女子学生寮の舎監をしていた事もあったが、なぜか?長年ハングルの勉強をしていて、声もでかいし、結構煩い。一方、子供たちは学校では、外人教師から英語を習っているようだ。

  3. 以前、勤めていた会社がアメリカの会社に買収されそうになった。全国ネットを持ち、歴史ある会社ではあったが、業績が頭打ちになって居たところを狙われていた。僕たちは、組合員で反対はしていたものの、いざと言う時の為には英語力をつけておかなければお払い箱になるのではと、早速英会話の勉強をしようと決めた。つまり文書のやりとりも全て英語だと外資系の社員から聞いていたことと、アメリカ流は、仕事ができなければ即クビとも聞いていたからだ。日本流の気の長い終身雇用など通用しないとも。買収話を相手が断念した理由は分からなかったが、あのとき実行されていれば、もっと真剣に英語力を身に着けていたに違いないと。

    • 終身雇用が世界の常識になれば、世界はもっと安定するかもしれません。いつのまにか私たちは効率と経営者
      の立場で物を考える習慣に染まってしまってます。外資系の企業の考え方が異常なのだともっとアナウンスする
      必要がマスコミにはありますね。それと大学の先生や官僚たち(自分たちは終身雇用に安住して、外資の厳しさ
      を世間に説き、銀行や信金の合併を促し、リストラを薦めたり、人件費減らすため派遣人員アップ、なんでも一般
      競争入札をすすめて中小企業を苦しめることに平気のへいさ)の知ったかブッタも困ったものです。自身に関わらない
      ことに饒舌な輩たちです。政府系の会議に傍聴に行きますが、横文字のパレードです。その中に中国語やロシア語、
      ハングル、フランス語、ドイツ語はゼロです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>