大学時代の同級生が、久しぶりに札幌に帰り、彼がチェコやオーストリア、ハンガリーの旅をしてきて、パソコンでアルバムをつくり見せてくれた。『石畳で脚が痛くなった。ツアーだけど歩いた歩いた。若くないと歩けない』。教会、彫刻、石畳、ドナウ川、奥さんの写真、ホテルの料理の写真など見ながら、『そういえば、俺もパニックなければゴヤの版画を見にスペインのトレド美術館へ行く計画をしていたんだ』と思い出した。端っこや隅が好きな堀田善衛の『ゴヤ』を読んで感動したから。妻からも『結婚前に約束したスペイン旅行はどうなったの?』と責められる始末。子供の教育費でお金は泡と消えてしまった。しかし、考えてみると、貧乏人の繰言であるが、自分はどこにいても旅人で、狭い部屋にいても書物の中で旅を続けているとも思う。立花隆『エーゲ』も須田慎一郎の地中海の写真とともに旅をした。あちこちの空間と人類が誕生する前の時間と物思いの中で生きている。歯も弱くなり、硬い物をかじれなくなったから旅の食事も辛いかもしれない。しかし、生きられる時間は短い。行きたい所へ行き、食べたいものを食べて、他人への迷惑は最小限にして『私は私』を自然体で貫きたいものである。別に強固な私があるわけではないかもしれない。流れて流れてここにいる私だから、このまま次の私へ向っているかもしれない。万物は流転する、私も流転する。私の肉体は数年で全部入れ替わる。しかし、そうはいっても性格が変わらないのはどうしてだろう?年々歳々、変わってるかもしれない。自分で自分が見えないが、確かに『他人の話をゆっくり聞かない、生き急ぐ、悲観的な考えが多い、すぐに文句を言う、耳が遠くなる、同じことを繰り返す』クレーム老人の兆候が出てきている。くわばらくわばら。先ほどの友人の話に戻ると、彼は小金(金額知らず)を株に振り向けている。さすが、もと金融。『ボケ防止にいいんだ。こんな金利じゃ預けていても無駄だろう』と。そうかもしれないが贅沢しなければ食べれるお金はあるので関心がない。バブル期、『株をしないサラリーマンがいないくらい儲け話を皆がしていた』が筆者は無縁。時代の流行に背を向ける生き方は、これは筆者の性(さが)みたいで困ったものである。『向こう向きのオットセイ』みたいだ。へそ曲がり、世の中斜め読み、生き方偏屈、集団嫌い。そして説教されるのもするもの嫌いだ。こんな人生観でよくここまで生き延びてきたものである。根本は怠け者でテキトー。しかし、隣の人だけは大事にすることを繰り返す。私は『旅』も『株』もしないが、埼玉から年に2回来る、大学時代の同人仲間は大事にする。PS記念写真の中に某教会の聖遺物で、聖人の腕が片方ガラスケースに入っていたのが気になる。『燃えよドラゴン』で失った片腕をガラスケースを打ち破り人口の腕を武器代わりに立ち回るブルースリーの宿敵を思い出していたのである。

  1. 海外より田舎が落ち着きませんか?

    海外旅行のお話はよく聞かされますが、余り興味は無い?と言うより実際には行けないのが本音です。そんなお金がどこにあるのか?羨ましいだけですね。暇とお金が余るほどあれば、私も海外旅行ばかりしていたのかも知れませんが、あいにくそんな余裕もお金も、これまで全く無かったし、恐らくこれからも無いと自分で決めてしまっていますね。毎日が忙しいし、ましてや目的も無い旅などは、仕事を離れなければできないに決まっています。ですから海外の事はそれらの方々にお任せして、お話だけは聞かせてもらって、今日も仕事に励むことにしました。仕事を辞めたら日本の国内で、未だ行ったことの無い田舎にでも行きたいと、欲の無い私です。

  2. タクシー・ドライバー。

    デザイナーの同僚が、昼になるとスーッと居なくなるので、同僚に聞くと、何と証券会社に通っていると言う。株で儲けることを覚えた彼は、退社して若くして、仕事を辞めてしまったらしい。数年後、めったに乗らないタクシーに乗った時、偶然にも彼がドライバーだった。事情は深く聞かなかったが、その表情は、あの時とはだいぶん変わって窶れていたような気がした。

    • 楽して儲けると、その癖が大脳のどこかにセットされて後の人生が辛くなります。ギャンブル
      依存と大脳の同じ箇所でしょうね。快楽ホルモン、快感ホルモンも出ます。商いで儲け続けると
      飽きないとはこのことです。27年在職した会社の社長も朝から証券会社の株価電光板を見に
      いってました。やれ1000万儲けた、損したという会話がランチタイムで話されてました。仕事
      の怠け者、高給取りに多かったです。

  3. 誇れる北海道。

    北海道は海外のように思っていた僕は、今では住み着いてしまっています。ここから移住する気は全くありません。なぜなら海外からも注目されるほど自然に恵まれた快適な土地柄だからです。海外のどんな場所よりも、永住するには最適の土地だと今も思っていますね。

    • パニック症の症状が減退してるので飛行機に乗れるのはいまだ・・と思い、石見銀山とか
      京都国立博物館など歩けるうちに行こうと思います。

  4. ストレスは家の中?。

    組織人間はストレスが付き物ですね。それも人間関係とノルマや責任感からでしょうか。ストレスが無くなってしまえば、病気にも掛かりにくくなりますね。自分の意思通りにできるからですね。それにしても、最近イライラするのは???言いたい放題の家内がストレスの原因なのかも知れません。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>