豚屋です

ご無沙汰いたしております。
夕張や地元に元炭鉱があり、林業も盛んだった地に住んでいて、なおかつ建設業からの転業者として思うこと・・・
北海道はすべて国策による産業に依存してきたということです。
国のエネルギーを支えてきた石炭、戦後復興を支えてきた木材供給地としての林業、そして、北海道開拓から、国策が海外輸入品に負け始め石炭産業・林業社を国が公共事業へ導きながらも、それすらもう限界となってしまいました。

もう国には頼らない。
そんな決意で、転業したのをふと思い出します。

(注*HACCP(ハサップ)とは。↓)

 

この春に、HACCPを取得しました。
その発表会を帯広でさせられましたが、そこで最後に言ったのは、HACCPは何一つ、会社や生産物の品質を担保してない。
ISOを持っている、世界に冠たる自動車会社が法に反する検査をし、燃費データや排ガスデータの改ざん、大手ゼネコンが杭の長さケチってマンション傾き、日本の老舗の鉄鋼会社が製品の規格偽って、世界一のエアバックメーカーが一瞬にして破産に追いやられた・・・
ISOもHACCPも消費者にはまったく関係のない資格であり、すべては正直に、助けてもらってありがとう。間違ったらごめんなさい。

それが信用と信頼を築く唯一の方法ではないかと講和してきましたが、思いのほか反響ありました。

もういい加減、アメリカの作った台本に従い、自国民に我慢を強いる仕事しかしない政治家や官僚には辞めてもらいたい・・・
そんな気持ちでおります。

 

  1. 零細企業経営者。

    国際基準ISOとか、個人情報保護法とかお題目は一見立派なプログラムですが、これは厄介なものですね。このような資格を持っていなければ仕事ができない仕組みづくりですから、そのような資格の無い零細企業には仕事も回って来ないと言う訳です。しかし、資格を取得した中堅企業であっても、必ずや社内で消化するとは限りませんから、資格の意味がありません。形式のみを重んじて肝心の技術やノウハウを無視した構造社会のひずみが出始めてきましたね。大小を問わず、本当にいい仕事をする人たちを支援して欲しいですね。

  2. 今や、オーストラリアあたりから苫小牧や室蘭に、火力発電用としての粉炭をバルク船で運んでくるんですね。国産の石炭よりも運賃を掛けても外国産が安いのでしょうか?。北海道の歴史ある炭鉱技術を、今やベトナムあたりに伝承しています。将来的により安いエネルギーを確保するためです。国内では北海道も九州も石炭の歴史は終わりましたが、外国からは今も石炭を輸入している現実は一体何でしょう?。

  3. 夕張も筑豊も。

    夕張の友人がいましたが、父親は炭鉱事故で無くなって札幌でフリー・カメラマンをしていましたが、廃業して夕張に戻りました。保険の代理店などをやっているようですした。あれだけ栄えた町も、すっかり変わりましたね。九州の筑豊からも若者たちが本州に集団で働きに出ました。国のエネルギーを支えたはずの炭鉱廃業後の失業対策は個人任せだったんでしょうか。

  4. 豚屋です・・・
    北海道は日本の食糧供給基地と言われ、北海道の食料自給率は100%超えてると言いますが、その現場の飼料、肥料、燃料すべて輸入で自給率は事実上ゼロです。
    今や北海道ですら水不足に人手不足・・・
    米国は、食料は国力の1番手として生産者に補助金出し、海外労働者入れ、世界中で安売り合戦を行っております。
    資源もない、食料もない、我が国は、唯一のモノづくり技術までインチキまみれ・・・
    戦後、日本のモノ作りは欧米のコピーで安かろう悪かろうで悪評にまみれましたが、それを覆して世界一のモノづくり国になりました。
    最近まで、後進国の商品を日本人は同様な批評をしておりましたが、今はすべてそれらの輸入品に変わってしまいました。
    米国に渡された台本を和訳した、ノリ弁当と批判された黒塗りだらけのTPP交渉議事録、種の保存のため食糧輸入はできないけど、お前ら食糧変えよと主張するオーストラリアやニュージーランド・・・
    日本政府にもこれくらいやって欲しかったもんです。
    皆さんご存知かもしれませんが、福島原発事故は最初から想定されておりました。
    スリーマイル島で大原発事故起こした米国GE社のマークワンというプラントで、事故発生後、米国では販売禁止となり、GE救うために米政府が日本政府に買わせました。
    つまり、福島の皆さんは日本の政治家の犠牲となったのです。
    ちなみにGEは世界一の発明王エジソンが始まりの会社であることは言うまでもありません。

    せめて、自給できそうなエネルギーはいつでも使えるような体制と、安く広大な土地を使って輸入燃料貯蔵基地になり北海道の存在価値を上げねばと、建設業時代、道庁官僚にかみついたのを思い出します。

    2001年、我々の同胞を多数拉致して返さない国の長男が、ディズニーランドで遊びたいと不法入国しました。
    拉致解決への最高の交渉カードが不法に入国しこれで問題は動くぞと思いました。
    ところが、無条件で強制送還・・・

    拉致被害者のご家族はじめ、日本国民が顎外れ、なんて腰抜け政府だと思ったことでしょう。
    その時の官房副長官が、今や歴史上最長の総理な国なんですから・・・

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>