私の世代は,転職経験が少ない人が多い。終身雇用の制度が守られていて、経営も人件費を十分とはいかないまでも払えたいい時代であった。私は才能が溢れる冒険ができる楽しい大学中退組みなので 、前途様様。父母は泣き、付き合っていた女性の親から交際ストップで玄関を閉められた。悔しかったが、私を待っているたくさんの女性にとっては朗報であったろうと思う(この生意気さ)。

Young man looking at bottles of oil in market, rear view, close-up

同じカテゴリーの品物の種類が多過ぎると、迷ってしまって結局、何も買わないで素通りしたことはないだろうか?よく出される例がネクタイだ。何百本というネクタイを置くより、せいぜい50本やそこらの方が良く売れる。色もブルーか紺に統一するとさらに効率がいいらしい。選ぶ範囲をあらかじめ固定された方がお客はお金を出しやすい。

例外は、その道に通じているいわゆる通人だ。こだわりを強く主張する彼らは、しかし少数なので、大勢に影響はない。とはいえ、ネットを使えば拡散するからあなどれない。

コンビニは商品アイテムが限定的で、選ぶ余地があるようでないから売れる。しかも、スーパーより同じ商品が高くても売れる。歩く距離も少なくて済む。限られた売り場面積なので、メーカーの棚の取り合いは激しい。あの狭さと多くの商品を置けない限定性が売上を伸ばしているともいえる。

携帯電話各社の店舗面積を見てみると、さらに並べられているスマホやタブレットを置くスペースは狭い。決まったメーカーの商品だから、膨大な種類のスマホや携帯ではないから、客は選びやすい。巨大スーパーに入っても、食料品を除けば、単体の専門ショップの箱が積み上げられているだけで、小さな売り場を合計していると同じだ。

私は少年時代、近所の食料品店、豆腐屋、駄菓子屋、文房具兼本屋などで育っているので、狭い専門店が性に合う。デパートは苦手。敷居が高い。入っても地下の食品売り場以外は照明も派手で、すぐに売り子さんは来るし、行かない。貧乏性になってしまって、これだけは歳を重ねても治らない。学習するのは30代や40代で、50を過ぎると、少年時代の癖や好みが前面に出てくる。メッキがはがれて地金が出てくる。

読む本も、借りるDVDも似たような傾向(実は趣味のコアな部分)で、ひどいときには前に借りた映画を再度借りることになる。選択肢がたくさんあっても、初めから、選ぶ範囲(ジャンル)を限定してお店に行くと選ぶのは楽であるが繰り返し選ぶ癖が出て、冒険が無くなる。人間は楽と苦の十字街に立つと楽な道を選ぶ傾向があるが、たまに苦を選んでみると新天地が開ける。自分で考える以上に自分にいろいろな能力が備わってることがわかる。

例は悪いが、私が29歳のとき勤めていた会社が業績不振で31歳の女子社員が解雇された。それで筆者に「労働組合をつくって委員長になって」と他の女子社員たちから言われた。組合を作り、1年間、札幌地裁で民事裁判をすることになった。裁判に勝って彼女は職場復帰したが、私は精神的に疲れて退社。数社の会社を転々、定年まで勤められる会社に33歳でようやく職を得た。

無数に勤められる会社があっても(選択肢あっても)選ぶのは一つ。当たり前といえば当たり前だけど、辞めると一瞬、自分の前に無限の可能性が広がるように錯覚するが、実はそれは苦を選択してる場合も多い。一つを見つけるまでが大変である。見つけるまでにたくさんの偶然が介在している。筆者が定年まで勤めることになった会社は30歳までの求人であったが、電話をかけると「営業経験者なら履歴書を出すだけなら出して」と返事。アバウトな総務の人が出てくれたおかげで、面接を経て採用された。思い立ったら吉日。このときの選択肢は「履歴書を出すか、出さないか」二つに一つだったから出すに越したことはない。結果は神のみぞ知る。が、それによって害があるわけでもない。次に進めばいい。

 

  1. 転職と言えば、私ほど転職の多い人も少ないのでは無いかと思いますね。当時は新しい業種の塩化ビニール製品メーカーを皮切りに、テキスタイルデザイン、バンドマン、新聞の勧誘、デザインスタジオ、フリーランス、地場広告代理店、本州系広告代理店支店、フリーランス、本州系広告代理店、地場広告代理店、フリーランス。ざっと数えて現在12回の転職ですね。高校生時代も本格的な繊維会社のアルバイトをしていましたし、スキー道具欲しさや、映画見たさに新聞の朝刊配達や医院や学校の先生宅の除雪アルバイトをしましたね。どこでも仕事が嫌だと思った事は有りませんでしたが、ご多分に漏れず人間関係で辞めた回数も6回ほどありましたね。どこに行っても人間関係はつきもので、終いには気にしなくなりました。これまでに難しい試験など、運良く逃れて今日まで来ました。それも口八丁ではなく話下手でしたが、手に職があったからですが、運も良かったのでしょうね。人生には3回のチャンスがあると根拠の無い持論で、3回どころか10数回の運を使ってしまいました。経験から言わせていただければ、定年や上下関係の無いフリーランスが一番快適ですね。それも、いろいろ経験した結果なのでしょうけどね。一番緊張感が有ったのは契約営業社員でした。一年更新で実力次第では継続か契約解除か?と。毎年頑張って7年間も居ましたね。ツイている方でしょうかね。

  2. プレゼンテーションの場合に僕は、少なくても傾向の違う2種類以上の作品を提出します。一種類では、その場で意見が出過ぎて、さっぱりまとまりがつきません。先日も3回目のプレテ・ミーティングに2系統のビジュアルと数種類のヘッド・コピーを提案しました。大抵は会長か社長の意見に遠慮しながら役員達がポツリと意見を言う程度ですが、上の二人が選択したコピーやビジュアルに反対する勇気ある人は少ないですね。6対1で多勢に無勢ですが、こちらも心得ていて、その辺を理解した上での提案になりますね。今度は6日に4回目のミーティングですが、それでも2タイプのビジュアルに一種類のヘッド・コピーと数種のサブ・コピーの多少変化を持たせたレイアウト・デザイン7種類を用意しました。新聞広告など締め切りがありますから、計算上では最終ミーティングの予定で挑みますが、果たして?どれが選択されるのか?相手次第ですね。

  3. 丸投げされる仕事は多いですね。その場合、広告原稿制作用原稿は口述のみです。こちらも慣れていて筆記すらしない場合も多いです。いろんな人が入れ替わり立ち代わりいろんな事を盛りだくさん言われるのでメモすら難しいのも事実ですが、今ではスマホにもPCにも録音機能があり、その機能を使用すればいいようなものですが、再生して聞くよりも、すぐに作業したり考えたりすれば録音など不要ですね。相手も自分が言った事の100%覚えているとは限りません。要点のみ把握すれば良いわけで、筆記も録音もしないのです。ジョークですが「書かなくて大丈夫か?」と聞かれたら、自分の頭を指差して「今、ここのハード・ディスクに保存しました」とうそぶく私です。相手からの好き勝手に飛び込んでくる多い情報量は、必要以外は切り捨てて、要点のみ記憶する必要も出てきますね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>