情報大航海時代  

が、それは「乗り出した」側からみた歴史で、乗り込まれた側からすれば、そこは新大陸ではなく昔からあった自分たちの土地で、昔ながらの生活があったのだが、珍しくて便利な品物と引き換えに、貴重な産物や資源を二束三文で手放した。挙句の果てに、先祖伝来の土地から追い出され、「居留地」を与えられて「保護」されながら暮らすことになってしまった。当たり前だが、大航海のチャンスは、大船団に投資した者だけのもので、原住民が大航海に乗り出せたわけではなかったのである。

情報大航海時代である現代では、大規模なIT投資を行う企業がある一方、貴重な資源や産物とガラス玉を交換してしまう、原住民の役割の人がいる。そしてそれはどうも、我々自身らしい。

インターネット時代の初期には、ネット上のサービスが今ほど整っておらず、なにもかも自分でしなければならなかった。が、言い換えればそれは、我々自身が大航海に乗り出せた時代だったということだ。が、現代は

  • 便利なサービスを、当初無償または非常に安く提供し、生活に浸透したところで有料化、値上げする。

  • 登録するのはたやすいが、解約する場合は煩雑でまぎらわしくする。

  • 必要のないサービスをインストールさせる。

  • 必要以上に高度な機能を盛り込んだ新バージョンを次々発表し、更新させてその費用を請求する。

  • サービスの利用と引き換えに、個人のサイト閲覧履歴、携帯端末の移動経路等を収集する。

  • 当初優良なサービスだったものが、悪意のある業者等に買収され、迷惑広告などを送るツールになってしまう。

など、我々原住民から時間や個人情報、無駄な費用を掠め取るためのサービスが、大船団となって押し寄せてきている。しかもこれらはまだ上品な交易商人たちだが、海にはハッカーやウィルスという海賊船もうじゃうじゃと増えてきた。
ではどうしたら良いのか。「情報大航海時代」という言葉は、10年ほど前に自分たちも航海に出ようという意味合いで言われていたらしいが、もう小舟が通用する時代ではなくなった。OS、ブラウザ、メーラー、ワープロ、表計算などをすべてオープン・ソースに切り替え、プロキシを通して足跡を消しながら、まるで奥地に引っ込んだ裸族のように、ひっそり生き延びるしかないのかもしれない

  1. 情報ビジネスの落とし穴。

    ネットからの情報は豊富で素早く入手できるところに魅力を感じるし、また良く利用されているし、僕も利用している。しかし全ての情報を鵜呑みにしてはいけない。最近は外国人からのようなメールも多くなった。心当たりの無いメールは開かずに削除しているが、中には支払いを要求するものなどもあって、ひとつ間違えば開いてしまう可能性も無きにしもあらずだ。あの手この手で詐欺メールが仕掛けられてくる。中にはもっともらしい名称を詐称のものもあって、情報も絶えず選択することが当たり前の時代になってきたようだ。ビジネスも情報機器を中心に素人には分かりづらい内容にしており、言いなりでサービスを受けているケースが殆どだろう。2年縛りの契約で、解約すれば解約金が、知らずにどんどん課金されていく。これまでは電気について素人の一般家庭でビジネスされていたが、今や通信情報機器でビジネスが行われている。それほど情報端末の数が多い時代でもあるのだろう。

    • 昨日行った金融機関では、詐欺メール講習会を実施していた。誰にメールするかは事前に知らせず、研修を行う会社が
      社員のアドレスを持って、無作為に危ないメールを送り、開けるか開けないかを診断するもの。会った人は「ぼく、開けて
      しまった」と苦笑い。「来たら、開ける癖あるんだよなあ」。昔はパソコン破壊が、いまは金・金・金・自動引き落としが
      ここまで普及するとヤバイよね。

  2. サギに対抗するには鷹になればいい。

    ネットで写真ライブラリーを買ったり、レンタルサーバー料金や、景品のお酒や、個人的な品を買う場合にはクレジット・カード情報を打ち込んでいるが、これも怖い話だ。クレジット・カードの情報は相手に丸見えなので、悪意があればいくらでも他人口座から引き出せる。ネットでなくても、カードを落としたとしても同じこと。落とさなくてもカード表面の名前と番号と裏面のセキュリティ・キー3桁とカード会社名を見せて貰うだけで、口座から引き出せることになる。防ぐ手段としては、肝心のクレジット・カードは使わず、ネットやカード払い専用カードを作っておいて、その都度必要なだけを、そのカードの口座に入れておけば良い。これで被害に遭っても最小限で済む。詐欺に引っかからないようにするには、こちらも、その上をいかなければならない。
    脳ある鷹は爪隠す。

    • 私はカードを信用しない、と言うより人間の作るシステムや構造物を信用していないです。カード使用とつながる銀行は最小限
      の金額のみ入れてあります。おおらかな時代が長くあって、信用と信用で売り買いがなされていた時代が懐かしい。

  3. AIロボットが国連会議にも参加していると言う。人間の脳を冷凍保存したり、さらには解凍して進化させるなど信じられない実験さえ行われている。ミイラは見るに堪えないが、肉体はそれほど重要ではなく、脳と機械的な身体があれば人間に変わってロボットに支配されるかも知れない。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>