ah_hikiko1

引きこもりについての統計

中島義道さんの「人生に生きる価値はない」(新潮文庫)という衝撃的な題名の本の41pにある。

街頭放送や親切過ぎるお節介な交通機関の親切アナウンスは活字を読んでいたら邪魔でしょうがない。札幌駅に降りれば、真正面の銀行の壁にビジョンがあって封切り映画や新しいCD発売のプロモーションビデオががんがん鳴る。札幌駅を降りてこの風景はないだろうと、去年12月、札幌市の広報課へメールして、担当の課へ回され、その日のうちに返信がきた。

これも中島さんの「日本のうるさい私」を昔、読んだ影響かもしれない。返事は「決められた条例の範囲の音量でしたから、問題がありません」と。札幌駅北口生まれの私としては、街としての品位のことについて言ったのに、観点を変えられての返事。通じない世の中になってきた。大きなイベントの告知でもない限り、静かな環境にしてほしい。

朝の通勤の静けさは、誰にとっても心地いいということがわからない。出付き看板も邪魔だし、電信柱も景観を害する。小さな頃からこの景観や騒音に慣れてしまうと気にならなくなるものだ。それが「普通」という感性を作る。

実は「ひきこもりは、この普通という価値観との戦いを日々している」と言ったら言い過ぎだろうか?「外に出たいけど出れない」「働きたいけどどう普通にしゃべっていいかわからない」「親からガミガミ言われる。何でもいいから学校や職場へ行きなさい」「世間の価値観に普通に従っていればなんということはないじゃない?」。

それと同じことをしろと迫る親に吐き気を催す本人たち。私の周囲にも30代の女性2人、男40代ひとり、知り合いの引きこもりがいる。男40代はもう15年になる。厳格な教員の両親、テレビはNHK以外はご法度。9時までには就寝だ。「引きこもって、いまはその家のご主人様になっている」。犬における権勢症候群みたいだ。

しかし、中島さんはそれを治す道があることを教える。それは両親がぐれる、犯罪や破廉恥行為を起こして、親たちが徹底的にダメ人間であることを可視化したときに治るという。息子は俄然、頑張るはずだ。親が善良な市民を演じ続けている限り、引きこもりは治らない。これはあくまでも家庭内で治す場合なので誤解のないように。

私は仕事(講演の依頼)で何か所も心療内科へ行ったが、見ていて、これは「家族病」だと思った。足元の家族の人間関係(深く見たくはないだろうけど)からきていると確信している。本当は心療内科へは家族全員が集って受診すると治りが早いと思う。なぜなら、本人だけでなく父親も母親も姉もみんな心療内科に来る病を持っている、普通ではないことを「一番苦しんでいる本人にも家族も苦しんでいることを知らせる」ことになるからだ。そうするとダメ家族のために彼は立ち上がるだろう。

なぜこうなるのか?中島さんは以下のように言う。「引きこもりとは両親に対する復讐にほかならないからだ。両親がおろおろすればするほど面白い、途方にくれればくれるほど、喜びが込み上げてくる。彼は、じわじわ相手の心身を滅ぼしていく復讐の喜びをもって、人間として最も卑怯な輩に転落したのだ。彼は時折≪死んでやる≫と自殺をほのめかす。彼は弱い者特有の卑劣極まりない手段で、最も扱いやすい者を最も手軽な方法で支配している」。43p こうした現象が日本全国津々浦々起きている。

何かの参考になればと思って引用した次第だ。とはいえ、引きこもって新しい発明や創造物をつくることをしているかもしれない。

  1. 身近な引きこもりは、確かに両親の不和の挙句の離婚。それも母親が子供たちを置いて家を出て再婚した時点から始まった。リストカットも今ではやらなくなったが、彼女の親や家族への復讐の意味が込められている。「死にたい」を口にするも、これも周囲を困惑させる手段の一つと思う。一番感謝しなければならない家族にも都合よく接したかと思えば、ある時は無視したふてぶてしい態度をとる。こんな時には周囲が気を遣えば遣うほど図に乗ってエスカレートする。まるで愉快犯のようなものだ。こんな場合、こちらが普通に接して、気に停めなければいい。むしろ存在を忘れたかのように、かまい過ぎないほうが最良の改善方法だと思う。本人がひがまない程度に気に留めないほうがいいようだ。引きこもりも、外から見ている場合と身内を見るのとは大違いだと思う。他人がとやかく言っても、自分自身が気づくまで治らない。

  2. どとらかと言えば、僕も静かな方がいいですね。特に仕事をする時は集中できますね。ところが、時代や人によって違うものですね。我が家の山の神あたりはTVをつけたまま寝て居たり、子供たちはi Padやi Phoneをつけた中で会話していたりします。子供に限らず中高年の「ながら族」と言われた世代の人たちはラジオや音楽など音を流していないと落ち着かないようです。環境音楽やBGM程度ならだまだしも、CMだらけのラジオやTVをつけていても集中できる技は大したものです。と、言う僕は仕事中は無音がいいと言いながら「独り言」を連発して居ます。PCと会話しているのですが、相手は「黙して語らず」です。周りの人は煩いかも知れませんね。

  3. 子供部屋の無い家。

    僕たちが少年時代には、引きこもりがほとんど無かったのは、家屋構造と思いますね。子供部屋などありませんでしたから、いつも家族と同じ空間に居た記憶があります。むしろ両親の趣味の長唄などのラジオの音が煩くて勉強もできなかったくらいですから。それぞれに子供部屋を与えれば、引きこもる環境ができるわけです。住宅メーカーや工務店の設計者は良かれと思って子供部屋を作り、プライバシーの保護などと鍵までつけてしまいます。昔の雑魚寝は鍵どころか、秘め事はできませんね。当然会話も多くなり心の中も見える事でストレスも解消されると思います。孤独になれる逃げ場があるから引きこもりなどと言う現代病が蔓延するのだと思いますね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>