私の糖尿病の主治医はひとりでシカゴの糖尿病学会へ行ってくる70代の医師で、毎週『ニューズ・ウィーク』を定期購読している。筆者は雑誌を捨てるのはもったいなから、月に4冊まとめてもらってくる。その中にISISの生々しい記事も多いし、死体の写真もたくさんある。戦争の現実である。イラク側の政府軍の捕虜収容所の写真ではISISの兵士で満杯の後ろ姿がある。しかし、捕虜収容所にときどき赤ん坊が置いてかれるという記事があった。ISISの兵士に強姦され、子供を宿してしまった女性が泣きながら捨てていく話が書かれてあった。さらに、一般市民でもISISに協力した市民が密告されて、政府軍に虐殺されて川に浮いている話もある。『自分が生き残るために誰かを犠牲にして生き延びる』極限に生きる人間の性(さが)で誰を責めて誰を許すという世界ではないような気もする。自分が100%安全地帯に立って物を言うのなら誰にでもできる。

SNSにも似た作用があって、自分を匿名化して、自身に言葉の毒入り鉄砲玉が飛んでこない場所から、噂を売る、噂で稼ぐ、他人を非難する。フェイクを100回言えば真実になるかもしれない世の中だ。『ふわっふわっとした』世間は、簡単にある方向へ流されていく。BBCニュースを読んでいたら同じような悩みがあって、子供たちが1日にSNSを平均2時間使用するのだが、そのメリットとデメリットについて議論をしていた。そういう意味では世界はフラットになってると思う。札幌を観光する中国や韓国の人たちが『スターバック』で朝からコーヒーを飲み、歩きながらスマホで位置を確認しながら歩いている。日本人の誰かに聞いている人もいるが、世界じゅうの観光客は位置情報をあらかじめ入力しておけば、連れていってくれるわけだ。私みたいなお節介焼きが出る場面が少なくなった。『そこへはここをまっすぐ100m、そこを右に曲がって・・』という喋る機会が減った。

SNSの時代は判断をスマホに預ける(頼る)。そういう意味では判断ミスも含めて大脳を使う部位が怠ける気がする。毎日が『FOOL』の時代で、馬鹿になれなければ人間じゃないぞといわんばかりのお笑い時代である。そういう息抜きは江戸にも落語や川柳、狂言、落とし文としてあった。ユーモアや皮肉、権威への嘲笑、権力批判の要素は多少ともあった。しかし、現在、筆者が嫌なのは『小ばか』『嫌味』『叩き』『弱い者いじめ』『内輪話』『心身ともストリップ』『自虐ネタ』に傾きすぎて、上品さが消え失せている状況なので、これは見る側と演じる側がお互いに育て合わないといけないことである。

 

 

  1. スマホ記憶力退化論。

    記憶力の低下は年齢とともに進むものです。確かに最近ではスマホ頼りですね。昨日も孫娘をクルマに乗せて皮膚科に行き、駐車場でエンジンを切って初めてクルマのキーを自宅に忘れて来た事に気づきました。おまけに、こんな時に限ってスマホも忘れてきました。受付で電話を借りて自宅に電話をするも、皆んな出かけていて出ません。家族の携帯電話の番号も暗記しておらず、タクシーかバスで戻ろうかと?、その時、小3の孫が「ママの電話知ってるよ」と。ペンを貸すとすらすらとメモに書いてくれました。30分ほどして、お陰さまで自宅からクルマのキーを持ってきてくれて助かりました。朝、除雪をしていてクルマを温めるためエンジンをかけていたのですが、出がけに着替えた際、脱いだズボンにキーを入れたまま出発してしまったのです。キーレスのクルマは、エンジンを止めない限り動きますが、エンジンをかけるには、スタータースイッチの傍にキーが無ければ掛かりません。孫娘の記憶力が無ければ、大変でした。スマホの記憶力にまかせっきりの自分に、もっと頭を使えと言い聞かせました。

    • 冗談みたいな話で、実は私も、自宅の電話番号を度忘れしたことがあります。携帯なら相当な記憶力だと思い
      ますが、自宅への電話は携帯に『家』とか『自宅』で入ってるのを繰り返すと、大脳灰白質の記憶野が衰え
      ていることにビックリします。私の育った学生時代の自宅ならスラスラ出てくるのに。現役の営業時はたくさん
      の会社の電話番号は頭に入っていたころが懐かしい。

  2. 便利さの裏に。

    見たくない者は見ない。聞きたくない者は聞かない。知りたくない者は知ろうとしない。近寄りたくない者には近寄らない。今も昔も同じかもしれませんが、通信機器の発達で、対面しなくてもコミュニケーションが取れる時代です。見えない相手とのやり取りがごく普通に行われています。初対面や、全く見ず知らずの関係でさえ電波とネットを通して行われています。成りすましも多発していて犯罪につながるケースも増えました。便利さが仇になる時代ですね。

    • 対人恐怖が増えてますね。『営業』という単語にアレルギーを起こす人々が相当増殖しています。ハローワークに
      人材探しに先日、登録業務に行きました。『とにかく営業は嫌われる、避けられる、この文字があるだけで応募は
      極端に減りますよ』と担当者から言われました。『それより好印象が土日連休の項目です』と。『そして正社員、事務
      』が人気です。豊かになったんだなあと思います。親元から通うなら多少、安くても楽できると思うのでしょうね。
      必死とかハングリーは死語なのでしょうか?近所の農家のご主人と話したら『農家の仕事はキリがありません。朝遅く
      夜遅い、休みはありませんね』。雨が降っても心配、日照りでも水の心配、風が吹けばビニールハウス心配。奥さんも
      畑仕事なので、子供たちも心配。50ヘクタールの土地ですから、農業機械も操作、故障も直し、人当たりも柔らかく
      将来、この地域のリーダーになり得る逸材ですね。がんばって欲しいです。i-padの最新モデル持ってました。

  3. 自分ファースト。

    人間誰しも現在置かれている自分を基準に物事を考えてしまいます。自分がスタンダードなのです。トランプ流に言い換えれば、自分ファーストですね。そこで批判や誹謗中傷も生まれてきます。自分と他人とは考え方も違う事は分かっていても、つい自分を押し付けてしまったりするものです。テロ組織などもリーダー格の扇動で非道な活動や闘いを強要し、思想を押し売りします。問答無用で殺戮を繰り返し、神の名を語り正当化します。恐れ多くも神を語るリーダーには逆らえなくなるのでしょう。

    • 神が自分になってるのでしょうね。私の前に神はなく、現在もおらず、未来にも神はいない。そう思えばもっと
      楽な楽しい人生を送れそうですが。神を仏にしてもそうですね。両親は仏ではなくて両親との思い出と写真あれ
      ばそれで良しです。『自分ファースト』でもいいのですが、他人を巻き込んではNGです。自分ファーストを外
      に出すと、500%他人へ迷惑をかけます。下手したら殺しにまで発展します。『自分が楽をするために、どれだ
      け他人へ迷惑をかけるか』という想像力が相当減退してますね。イエスもマホメットも『自分ファースト』だった
      かもしれません。こんな発言をした人はいませんが。布教という営みはそういう要素があります。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>