グーグルのデータセンター

広いので自転車を使う

「絶対に見られない世界の秘宝99」(2015年9月出版)にグーグルの検索ランキングについての記事があった。


表題のアルゴリズムの意味がわからず、いろいろ調べた。回答を出すための手順、方法の意味に近い。グーグルの検索アルゴリズムは、ランキングを出す方法や仕組み、プログラム内容を意味している。利用する人にとって、検索すると上位にランキングされるとついそこから開いてみてしまう。検索エンジンは毎日146カ国の言語で、10億回以上利用されている。

シンプルなアルゴリズム例


そのうち15%は初めて使う人が「キーワード検索」をするので、上位に来ることを人(企業)も欲する。しかし、順位はどうやって決めているのか?極秘中の極秘である。なぜなら手動で決められることもあるからだ。たてまえは、セキュリティ保護や違法なページの削除などを言うが、さらにスパムの排除にもなるというが、この「ページランク」には、このシステムには多くの批判があることも確かである。(蛇足ながら、このページという語はグーグルの共同創設者故ラリーページの名を使用している)


金に物を言わせて、上位にランクするよう依頼するウェブサイトもあるらしい。グーグルの「ページランキング」は特許を取得しているので、このアルゴリズムはグーグルの生命線。部外者は一切、アクセス不可能、従業員も転職で盗まれる可能性があるので教えない。様々な企業がグーグルのアルゴリズムを解明しようとしたが、成功したためしはない。


検索エンジンが検索エンジン足りうるのは、このアルゴリズムの技術を独占・開発したからだ。ここで使用される電力は約20万都市の人口が使用すると同じ位の電力。「You Tube」「Gmail」「検索」「Brog」など使った場合、このデータセンターを経由しているわけだ。私のブログもここを経由ですかね。このデータセンターの外観は下記。グーグルに対抗できるのは中国だけかもしれない、それもいずれ、いつかの話だ。中国がグーグルを入れない理由がわかる気がする写真だ。一度入ると出れなくなる蟻地獄みたいなグーグルだ。


しかし、所詮、人間の作ったもの。これが壊されたらバックアップはどうなるのか?危うい地点にコンピューター社会が立っている。筆者は何事も分散が安全を作るという持論なので、集中は必ず状況の変化で大シッペ返しが来る。超便利は超不便と同じだ。つながらないコンピュターはヒステリーを呼ぶ。いつのまにかつながるのが当たり前と思うような社会、指一本で他人に影響を与えようと思う人間に変わってしまうかもしれない。

グーグルデータセンターの外観

  1. 確かにコンピュータに依存している比率が大きい現代。膨大な情報処理があってこそ成立していますが,誰もが当然のごとく検索したり情報交換したりと、少し前の時代では電話回線のみで,しかも高額だった作業が,ほぼ無償でできるなんて有難い時代です。しかもネットでビジネスさえできますからね。広告や商品の売買から決済までPCが無ければ生きられないほどになって居ます。コンピュータを動かすのは電気ですから電源を断たれたらこの世の終わりですね。世界で今、何が起きているのか?何が起きようとしているのか?右往左往するだけです。アメリカの巨大なサーバーで世界中の情報を収集して管理分析するのもまたスーパー・コンピュータですね。世界中のありとあらゆる情報がアメリカに集まって分析されていますから、国や個人まで管理されているようなものですね。札幌駅北の銀行などのサーバーが集積したビルを見た事がありますが、人気の無い空間で不気味にサーバーだけが稼働していました。グーグルのサーバーなどは想像もつかない規模でしょうね。

  2. あくまでGoogle検索は公共サービスではなく私企業の提供するものなので、原則的には何をどうしようと文句は言えないのですが、こうまで多くの人が利用するとなると、付き合い方を考えないといけないのは確かです。いわゆるネットリテラシーというやつで、検索結果も鵜呑みにしてはいけないのかもしれません。Googleだって普通のサイトと同じく、サイトのひとつに過ぎないわけですから、そこで提供される情報の信頼性は、誰も保証していません。

    こちらの都合に合わせてGoogleを変えるのは不可能ですが、検索エンジンは他にもあるということは、知っておいたほうがいいかもしれません。YAHOO、BING、DUCKDUCKGO、ASK.COM、CC-SEARCHなど、ネットには無数の検索エンジンがあり、それぞれがGoogleとは一味違うポリシーとアルゴリズムで動き、違う結果を返してくれます。検索内容によっては、別な検索エンジンのほうが役に立つこともあります。そうやって違うタイプの検索エンジンがシェアを伸ばせば、結局Googleもその影響を受けて、変化せざるを得なくなります。個人の行動がどこまで行っても、ゼロにならず、どんなに小さくても必ず何らかの影響を及ぼすのが、ネット世界の特色です。増して我々のニーズは極端に変わったものではないので、同じことを考える人が万単位で存在すると思っても間違いではありません。多様な検索エンジンを使い分けると、Googleとは違う、それぞれの運営者や利用者の「意図」を身近に感じることができます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>