2000年11月に発売された、製薬メーカー・ノバルティスファーマが開発したディオバンという血圧降下剤の臨床実験に製薬メーカーの社員が関わっていたことがディオバン発売後、発覚。研究に従事した慈恵ハート研究、京都ハート研究の資料が億単位の研究費用をもらい臨床実験をして、最後のデータ解析をノバルティスファーマの社員に作らせ、どこの薬メーカーより効果があると世界中の学会で発表した事件である。

さらに『日経メディカル』の特別号で、ディオバンがいかに優れた薬で、日本での臨床実験の画期的な成果であることを対談や論文、広告で埋め尽くした医学会の大きな事件である。2009年には1400億円にまで薬単体の売上げを伸ばした。残念ながら本書に各種著者の桑島巌さんの丁寧な資料やデータが専門家にわかるようたくさん引用されてはいるが、筆者には猫に小判だ。難しすぎて素人は入れない。高血圧の定義にしても、それを決める委員会の教授(医者)へは莫大な礼金が支払われていることは知っていた。

医者と製薬メーカー・医療器具メーカーの癒着と政治家や日本医師会の関わりもぼんやり理解している。たとえば禁煙を依存症にしたのも某薬メーカーが日本医師会へ寄附金を積んでそうしたという噂も絶えない。そして禁煙外来を新しく作ったりしている。こうなればそれだけで保険適用内の診療になるから国保の金がそこの医院へ吐き出されて、薬が使われホクホクになるのである。禁煙社会を上手に利用して自社の薬で一儲けを企んでいるわけである。

厚生労働省がメタボ外来云々にもきっと薬メーカーが絡んでいるし、現在全国に置かれている心臓マッサージAEDも器具メーカーと政治献金が絡んでいるはずであるが、それを現場から告発できる人がいるかいないかで世の中は変わるが告発する人は孤独である。すでに大勢がディオバンを患者に配る医師が日本中にいる中での告発であるから。今回のディオバンについては、論文の発表当時から疑義を持った桑島巌さんがいたから、またその反対論文を掲載した日本医事新報という雑誌があったから、日本医師会や厚労省を動かし、ノバルティスファーマの社員が2014年に逮捕される事件に発展している。

しかし、ノバルティスファーマが日本中の医師(特に大学医学部関係者)にばら撒いたお金はおそらく10億円以上になるだろう。それで職を辞した研究者も多い。しかし、この事件は『健康ブーム』、血圧降下剤を処方される時に『この薬は止めてはいけませんよ』と呪文のように唱える医師だらけ(血圧降下剤は儲かる)の中で、『本当にそうか?』と疑義を出す次の医師、ジエネリックスで十分、こういう体操で十分、そんなに長生きしなくてもいいよというような軽い会話をしてくれる医師がいればいいなあと切に思う筆者である。

お金だけもらい、口をぬぐう医科大学系の教授がもらい得で生きているんだろうなとも思う。第二第三の天下り先で退職金をもらう官僚のように。明治や大正、昭和のころは医師は教養人でもあり、文藝や哲学の勉強もしていた。理科系と文系が混在していた。いつのまにかそれも忘れられた。多忙過ぎる、生き方に余裕がない。理由はいろいろあるけれど、疑義を提示した桑島さんへの同調者がひとりふたりと増えてきて、大きな波になって日本心臓学会、日本医師会を動かしていく話だけは見える本であった。一粒の薬にまつわるブログであった。しかし、ディオバンがこういう事件になって、武田薬品はじめ同種の薬を出しているメーカーが漁夫の利を得ていることも確かで、調剤薬局でデパート袋みたいな大きな袋に1か月分の薬をもらい、負担割合が10%で嬉々としてもらう老人を見るとまた悲しくなる筆者である。

  1. 自然治癒が一番。

    僕も正に、血圧降下剤とメタボの薬を呑んでいます。医者ではなく家内に「ずっと続けて呑まなければいけない」と言われています。先月まで、知らずに朝・昼・晩と三回も飲んでいましたが、お正月前に薬を貰いに行くときに何気に袋をみると、朝・晩だけでした。知らないうちに呑みすぎていました。薬局に聞くと「軽い薬だから大丈夫」と言われました。血圧は安定して来たようです。朝風呂派の僕は、浴槽の湯船に足だけ入れて立って歯磨きしたり、髭を剃ったりしてから洗い場でシャンプーや体を洗ってから入浴しますが、入浴前のこの足湯が冷えた足の末端の毛細血管を温める事で膨張して血液を活発に流してくれます。薬より理にかなっている気がします。メタボも冬のこの時期は鍋にして野菜を多くとってお米などの炭水化物は余り取らないようにしています。おかげさまで、気のせいか?お腹も少し引っ込んで来ました。最近は風邪も長く引いていませんが、全ては自然治癒の療法にかなうものはありませんね。足腰が弱る年齢ですが、高価なフイットネスクラブもやめましたから、歩けばいいのですが、ただ歩くのも出来なくてついクルマのお世話になって居ます。何処でもできる簡単なスクワット程度でも十分らしいですね。

  2. クスリとお金の流れ。

    前々前職で同じ職場に居て辞めた娘が、その後大学の医学研究棟に勤めました。経理を担当していたので、辞めた後も、盗聴されたりメールや電話なども執拗に追跡されていたそうです。何しろ、国や製薬会社からのお金の流れを知っていたからです。暫く音信が無くなり、ある日僕の携帯に着信があったので架けると、何と彼女は精神病院に入っていました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>