道を歩いていても、他人は誰も振り返らないありがたさに幸せ感を感じたことはないだろうか。それが普通の日常生活、自分の存在がたくさんの人に知られる窮屈さや不自由感は誰でも想像できる。会社の事務員を見ていると、昼休み、仲良しとランチへ出かける人もいるが、ひとりで出かける女性にはホッとした顔が見える。若いときは有名になりたいとか大金持ちになって目立つことに価値を見出す人もいるが、私の周辺には少ない。地味こそわが人生、縁の下の力持ちが多い。


何度かブログで書いたが、個人名が出てこない歴史を書こうとした人が江戸時代にいた。31歳で死去した大阪の富永仲基だ。昔の人は早熟だ。その意図するところはぼんやりではあるが、この年齢になるとわかってくる。歴史を内在的な連続性としてとらえる見方を提示している。個人の関与を低く見て、何か歴史を流れとしてみる。その流れに沿って決め事をしていくと思えば、個人の決断より、世間の深いところでの動きが大事になる。後の人は前の人の理論に付け加える有名な『加上の論理』だ。空間や時間を無視した神道・仏教・儒教のすべて(特に仏教)を批判の遡上に上げた稀有な思想家である。


有名になって、最後は幸せな最後を迎える人って一握り。果たしてそれが本人の望んだ幸せかどうか不明である。それどころか、誰にも幸せな最後はないのかもしれないなとも思うし、最近は孤独死や孤立死に積極的な意味や見直しが出てきている。孤立死も理想の死に方だと。二人で住もうが三人だろうが死ぬのはお一人様でしかない。近所で70歳で奥様に先立たれた人がいるが、1年経過して、元気回復してあちこちで農作物の作り方を講演して回っている。


私も偶然、妻に先立たれて一人になったら、何をするか考えるとすぐに思いつかず、困ったものである。子供に迷惑をかけてもいいという人がいる一方で『野垂れ死に』の覚悟を説く人もいる。どちらにしても、自分のライフは自分のライフ。子供に経済的な独立を促した後は、恵まれない他人のために後半生を送っていきたいと思うこのごろである。手始めは、困ってる隣の人を助けることで、企業でも世間でもできるようでできないアクションである。分断された人間関係が横溢する現代、軽々と壁を突破できるユーモアや他人との距離感を維持したいと思う。自分が一匹の虫であっても、好奇心旺盛な世界虫(司馬好漢の言葉?)でありたいものである。

司馬好漢

  1. 大金持ちの分家の隣の貧乏本家。

    自分自身が故人となれば、できれば「あの人はいい人だったね〜」と言われて見たいものですね。「あの豪つくジジイ」とは言われたくないものです。それには日頃の行いで他人は判断するのでしょう。僕はまだしばらくの間は生きているつもりですが、これまでに一番嬉しかった言葉は「貴方は徳のある人です」とハガキに書かれて送られて来た言葉でした。それも田舎のお隣の酒屋(酒造所)の旦那が亡くなる少し前に僕にくれた一枚のハガキでした。僕には特別な心当たりはありませんでしたが、その少し前に彼に会って話をしたのです。彼は近所でも有名な強欲な人で、大酒飲みたちに酒を掛売りして、借金の代償に土地をせしめていました。嫁は僕の知るところで5人目です。そんな彼も最後はとても温和になっていましたね。

    • 寿命と人徳はお金では買えないところが人生の妙です。悪の果ての温和はなかなか、味のある人生かもしれません。敵の多い
      人生ではありますが、子供たちに悪影響を及ぼさなければいいですね。

  2. 人が最後に残すもの。

    田舎には家もなくなって、遠い親戚が数軒あるだけです。田舎では、もう父母の事も忘れられているに違いありません。そんな疎遠になった田舎ですが、父母のお墓があるので草刈りに行かなければいけないと思っています。残されたお墓の他に父が勝手に植えた桜の木があります。春には見事な花を咲かせていると思います。田舎の人たちもその桜を誰が植えたか知らないはずです。僕以外は。父が生きていた頃は頼まれもしないのに道路脇の草刈りをしたり木を植えたり灌木を伐採したり対価を求めずよく動いていた事を思い出しました。

  3. 無名のコーディネーター。

    若い時には、有名になりたいと思いましたね。幼い頃は兄の影響か?パイロットに。その次に画家か漫画家に。剣道をやって武道家に。そして音楽が得意になってバンドマンに。デザイナーに。など夢は小さいですが。どれもかじった程度で有名にはなれませんでしたね。今では、そんな欲もなく、毎日を着々とこなしているだけですね。有名になったところで本人はいずれ死んでしまうわけですから、有名か?無名か?なんてあまり意味ないですね。

    • 子供のころから海外勤務にあこがれてましたから、船長になりたかったです。20歳を過ぎて、小樽に行き、船員組合に行き、『船に
      乗りたいのだが』と直談判に行くが『お前の体格では無理だ、ちゃんと勉強して別な道へ行きなさい』と諭されました。その後、学者も
      志しましたが、語学がブレーキ。

  4. 誰だっけ?。

    妻に先立たれたら、(いや?僕の方が先かもしれませんがね。)とりあえず思いっきり羽を伸ばして思い通りに短い一生を終えたいですよね。妻がいつも言っていますよ。「私が死んだら、一体どうするの?料理くらいできないと?」と。実はそんな心配はご無用。僕には、ちゃんとやって行ける自信だけはあるのです。でも、お互いに自分の方が長生きすると考えているのです。ボケなければいいのですが。最近、物忘れするたびに心配になる僕です。自分の名前だけは忘れませんように。「俺を誰だと思ってるんだ?・・・ところで誰だっけ?」

    • 妻に先立たれて、俄然元気なおじいさんがいると思えば、夫がいなくなりしょげるおばあさんもいます。私は実際、そのときに
      ならないと想像できません。きっとどこかで掃除の仕事でもして気を紛らわせているでしょうね。気分の転換訓練をするといい
      でしょうね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>