最上のリーダーとは。(老子、自由訳 加島祥造)

f628eeec

詩人で英文学者の加島祥造さんを筆者は大好きである。特に「タオ」(ちくま文庫)は、シンプルな日本語でこんなに深く物事や人生・政治を語れるものなのか驚いたものである。第17章は最上の指導者(リーダー)とは・・・について加島さんは下記のような自由訳試みた。(65ページ)3月に引用したけど何度でも読みたい老子だ。どの政党においても宗教組織でも民間企業でも役所でも家庭でも通用する話だと思い、再録する次第。最近、私へのブログの閲覧者が新規が60%を超えたことでもあるし。

 

第17章 最上の指導者(リーダー)とは

道(タオ)と指導者(リーダー)のことを話そうか。いちばん上等なリーダーってのは

自分の働きを人びとに知らさなかった。

その次のリーダーは

人びとに親しみ、褒めたたえられ、

愛された。

ところが次の時代になると

リーダーは人びとに恐れられるものとなった。

さらに次の代になると、

人びとに侮(あなど)られる人間がリーダーになった。

ちょうど今の政治家みたいにね。

人の頭に立つ人間は、

下の者たちを信じなくなると、

言葉や規則ばかり作って、それで

ゴリ押しするようになる。

最上のリーダはね

治めることに成功したら、あとは

退いて静かにしている。

すると下の人たちは、自分たちのハッピーな暮らしを

「おれたちが自分で作り上げたんだ」と思う。

これがタオの働きにもとづく政治なのだーーーー

これは会社でも家庭でも

同じように通じることなんだよ。

 

第9章 さっさとリタイアする

弓をいっぱいに引きしぼったら

あとは放つばかりだ。

盃(コップ)に酒をいっぱいついだら

あとはこぼれるばかりだ。

うんと鋭く研(と)いだ刃物は

長持ちしない——すぐ鈍くなる。

金貨や宝石を倉にいっぱい詰め込んでも

税金か詐欺か馬鹿息子で消えてなくなる。

富や名誉で威張る人間は

あとでかならず悪口を言われるのさ。

何もかもぎりぎりまでやらないで

自分のやるべきことが終わったら

さっさとリタイアするのがいいんだ。

それが天の道に添うことなんだ。

 

 

  1. 最悪のリーダー。

    最上のリーダーには、普通の人はなかなかなれませんね。悟りきったりできるまで精いっぱいギリギリまでやり遂げる人はそんなにいませんね。だから最良のリーダーと呼べる人は少ないのでしょうね。どちらかと言えば、力や富を自慢するためにリーダーを目指す人の方が多いのでしょうね。最悪のリーダーならいっぱいいますね。

    • 最上のリーダーがいない世の中なので書いたのでしょうね。おっしゃるとおり、最悪な男たちが地上を闊歩して
      る世界ですから。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>