1955年(昭和30年)の平均寿命である。定年は男は55歳が平均で、男の余生は10年もなかった。そのころ、私はまだ幼児。周りの大人を見てはいなかったが、戦争で亡くなったり、栄養価の高い食糧を食べている世代でもなくて、

さらに医療も進んでいるわけでもなくて、総じて短命(今と比べて)であった。1953年で初婚年齢は男で26歳くらい、女性で23歳。タイムスリッップして同じ60代を観察できるとしたら、当時のほうが老けていた可能性が高い。定年後、健康で、余生を楽しく過ごす予定が突然の病魔に襲われたり、事故に遭ったり、子供のことでトラブルの渦中に入ったり、結婚してやれやれと思ったら、子連れで自宅に戻ってきたり(筆者も娘からそのときはよろしくと言われている。トホホ)する。息子の失業も心痛める。引きこもっていないだけいいかと低い理想で慰めたりする。

現代は男の平均年齢は80歳に近づき、約20年間、自分のために生きられる。しかし、どうだろうか?趣味ばかりでは飽きがこないだろうか。忙中の中の『閑』であるから充実の時間が過ごせたかもしれない。『何をしてもいい自由』は、30代や40代に仕事や職場の人間関係だけで完結していると辛いものがある。私も現役のときに3連休でもあると『早く休みが終わらないか』と密かに思っていたこともある。

特段の趣味もなく(ゴルフせず、呑まず、スポーツせず、本だけは読んでいた)過ごして、今なら『老人の引きこもり状態』に突入である。一気に老け込んで、目から輝きを失い、足元もふらつき、免疫力も低下して病魔に苦しんでいてもおかしくない。ありがたいのは、札幌生まれ、札幌育ちなので、学校の同級生も多く、転職も4回して、各分野に知人も多く、根っからのお喋りなので街を歩けば知り合いに当たる。会社の閉鎖的な空間を嫌っていたので、結果として得をしているかもしれない。若いときから自分の住む町の町内会活動をし、いまも続けている同僚は若々しい。

他人に説教はしないで、自分の足で歩む癖を持ってる人は不平・不満分子になりにくい、つくづくそう思う。企業や集団は、限られている酸素量を皆で吸い合うようなもので、呼吸で汚れてくる。外気を吸いに出なければ、鮮度は保てないと思いましょう。60歳を過ぎても現役で働く人が異常に増えて、嫌われていたり、喜ばれたり様々である。私は世間のお邪魔虫で『ちょこっと片隅に座らせてくださいな』という気持ちで生きていてちょうどいい。週に3回の営業のアルバイトで自分の1ヶ月の小遣いを年金を頼らず稼ぐことを目標に生きている。自由の確保に必要な最低限の小遣いである。友人・知人とのお茶代や昼ごはん外食費、図書費、映画、コンサート、たまの飲み会。夫は妻から離れて生きる、妻は夫から離れて生きる。ベタベタが一番よくないと筆者は思っているのだが・・・・・。

  1. アルマーニの小学生。

    我が家のように大家族(今は7人)にもなると、のんびり余生をなどと気取ってはいられませんね。働けるものは働かなくては暮らしが成り立ちません。子供たちは遊んで食べてが仕事ですから少ない大人が支えてあげなければいけません。自分の小遣いは何とか確保しますが、それでもつい家族の物を(主に食料)買ってしまいますね。そんな訳で子供たちにも贅沢はさせられませんが最低限の事はしてあげないと学校でもいじめられるようです。今の子供たちは「クサイ!」とか「ダサい!」とか直接嫌な言葉を吐くらしいです。銀座の小学校では制服がアルマーニだと言いますから、アルマーニとは行きませんが、せめてプーマとかアンダーアーマーなどのジャージくらいは着せてあげないといけません。子供たちは大人の世界より厳しいようです。

  2. 長生きの秘訣。

    一般的には、やっぱり女性の方が長生きするでしょうね。男はどこかで無理をしていますから、病気やケガや肉体的・精神的疲労で寿命を縮めてしまいますね。女は度胸ですから、多少の事では動じません。僕は以前に相談もせずに(毎回ですが)会社を辞めた事がありました。退職前に前借もあって持ち帰ったお金は僅かでした。しかし意外にも家内は「そう!」と一言だけでした。我がままな僕のために寿命を縮めているのかと思えば全く気にされていないようです。そんな訳できっと長生きするのでしょうね。

  3. 長寿の環境要因。

    寿命だけは自分でコントロールできませんから、天に任せるしかないですね。生まれた時から寿命なんて決まっているのではないでしょうか。途中のアクシデントが無い限りですが。そんな気もします。現代では身近には天災はあっても、命を捧げる戦争や戦災はありませんから、それも長生きの要因の一つではないでしょうか。さらにお酒やタバコで寿命を縮めることも少なくなってきましたから、長寿社会はさらに更新するでしょうね。

  4. 自分のカガミ。

    実家には中学までしか居なかったので、盆暮れに、たまに帰省していました。そんなある日のこと北陸は雪でした。田舎の駅に降りると父が長靴を持って迎えに来てくれていました。それより何より、しばらく見ないうちに、父が老けて見えました。親不孝で家に寄り付かなかった青春時代でしたから、あの時はショックでしたね。考えてみれば自分もあんな年になっているのです。あの時の父は今の自分を予感させていたとは、その時は気づきませんでした。他人のことは見えるのですが、自分を見るカガミはありませんね。いや?見ようとしませんね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>