1)大分に住む孫が4月から小学生である。91人の新一年生がいる小学校。先日、お父さんお母さんの学校説明会が開かれて、最後に『預かり保育を希望するお母さんは残ってください』と言ったら71人が残った(もちろん娘もアルバイトをしたいので残ったが)。地方都市でも『預かり保育』の需要が猛烈に高い実態がわかる。妻いわく『初めての小学校で11時には帰るのだから、せめて半年・1年は家にいてあげたら。』と諭す。近くにおじいちゃんやおばあちゃんがいる人は優先的に落とされる。旦那のお母さんがいるので相談したら『わたしゃ、死んだことにしておけ』だって。孫のために仮死をする。孫の名前は『子』で終わる。入学する新一年生の女の子で『子』がつくのは彼女一人とのことであった。筆者は『100年経過しても日本語として古びない名前をつけなさい』と若夫婦は『子』なしであったが、私がつけさせたのである。会社の30歳の女性に聞くと、『私の時代で子のつく人は私を入れて2名であった』という。『子がつくと賢そうな感じがするね』と私。『ヤッター』と喜びの声を彼女発する。

2)インバウンド観光の話を聞く機会があって、現在韓国からの格安ツアで北海道も凄い観光客である。新千歳に来る韓国各都市からの直行便は1日7~8便。多いときは12~13便も来る。習近平政治の中国と政治的な対立から中国へ旅する人が避けて日本に大挙している。2泊3日の旅が多い。中国と東南アジアから来る人は5泊6日、4泊5日が主流である。九州もとんでもない数になっていて、熊本震災の影響もあるが韓国は至近距離なので対前年比200%近いのではと言っていた。東南アジアからの観光客はまず札幌には来る。札幌からのバスツアーで一番人気はやはり富良野・美瑛であり、国内旅行者と同じだ。さらにクルーズ船が港に着く。船自身がホテル代わりだから、ホテル側にとっては売上げは上がらないが、一度に2000名~3000人が来る。北海道で停泊する港は、釧路・室蘭・小樽・函館である。朝の8時にバスを横付けして午後1時には船に戻すとバス会社の人が言う。約50台の観光バスが必要らしい。一度に昼ごはんを食べさせる場所がないので5コースのプランを用意してばらけさせている。

3)『これからアジアの人々から喜ばれるツアーは何だろう』という質問に『農業体験型ツアーかもしれない』と答える。新千歳空港近くに『箱根牧場』がある。ここにタイの旅行代理店関係者を呼んで、チーズ作り、ソーセージ作り、バター作りで遊ばせたら『これはイケル!』。もともとココは全国から修学旅行生の体験コースで東急観光のバスがよく止まっていた。筆者は何度も孫を連れて行っている。ブトウ狩やサクランボ狩・イチゴ狩があれば必ずコースに入れるらしい。

4)何度も北海道に来ると、団体ツアではなくてJRを利用したりファミリー旅行が増える。中国以外はレンタカー利用OK。台湾もOKだ。しかし本土からの中国人はレンタカーを借りれない。それで『運転手付きレンタカー』を借りることになる。札幌在住の中国人がアルバイト代わりにたくさん働いていて、新千歳の国際線に行けばたくさん『白タク』が停車しているらしい。支払いはアリババを使っている。今度、これを確かめに新千歳空港へ筆者は行ってきます。

  1. 変わった名前。

    我が家の孫の内、3人の小学生のクラスメイトの名前も変わった名前ばかりです。我が家の孫たちの名前も変わっていてまともに読めません。当て字が多いからです。私たちは一切口出しせずに息子たちが付けたのです。他の子の名前も男児も女児も漫画の主人公のような名前ばかりです。ルビを打たなければ読めない漢字の組み合わせですから、学校の先生方も大変だと思います。病院などに連れて行ってもフルネーム呼び出しの時に間違います。僕たちの年代では、それほど複雑な名前はありませんでした。オリンピックの選手たちの名前も結構変わって居ますね。

    • なんでこんなキラキラネームOK出したのでしょう?国語学者の失敗ではないでしょうか?
      TOM JONESを『へっぴり腰』と読めませんよね。

  2. 本当の日本とは。

    海外から日本に入って来る観光客誘致にインバウンドとよく使われますが、日本から海外への旅行にはアウトバウンドの言葉は余り使われないのはどうしてでしょう。今では外国人旅行者の人たちの方が日本を良く知っていて一般的な観光ルートではない伝統工芸などを観ることや、職人技術を学びにきたり、日本の風習に溶け込んで来る人たちまで居ますね。どこの国も観光と言えば、綺麗なところだけを見せたがる傾向でしたが、これからの海外からの観光客の方々には本当の日本を見ていただきたいですね。

    • はじめインバウンドの意味がわかりませんでした。観光客来日でOKでしょう。反するは海外へ渡航する日本人
      です。カタカナ使用減らしたいものです。バットは棒。ボールは玉、ヒットは巧打出塁、ホームランは大飛躍、
      アウトは涙、セーフは安閑、ダブルプレーは二名落下、ライトフライは右飛来玉飲、レフトフライ左飛来玉好捕
      四角いベース 亀の甲羅、投手は玉投げ専門者、キャッチヤーは玉受託業務、三塁コーチは三塁得点欲望点火係、
      冬のオリンピックはすべて日本語に直すと面白い。フィュギュアはずばり氷上遊戯、ジャンプは我欲鳥、パシュート
      お尻押せ押せ、カーリングは規則不明氷清掃、回転は旗巡る板の旅、滑降は崖落下安定度調査。

  3. ソダネ~Japan。

    これだけ海外からの観光客が増え続けると、我々も海外の言葉をもっと知らなければいけませんね。オリンピックをTVで観ていてLS北見の女子カーリング・チームのメンバーたちは外人コーチの英語も理解して、韓国語も多少わかるようで、それでいて北海道弁で「そだね~!」と堂々と世界に発信していましたね。韓国語などに比べて中国圏の言葉は難しいですが、リスニングできるくらいになって、道端で質問されたら即答えられたらいいですね。北海道がインバウンドに力を入れるなら、先ず北海道民も言葉の壁を破らなければいけないでしょうね。カルチャー・スクールで自主的に習っている人たちも居ますが、道や市の広報活動でも各国の簡単な言葉を周知したらいいのではないかと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>