昨日に続き黒澤明です。

ttl_pict_movieimages

全集「黒澤明」の第6巻に井上ひさしとの対談が最後に掲載されている。(341pから)「ユーモアの力・生きる力」というテーマ。昭和天皇のXデーに近い日に対談された。

黒澤「僕はアメリカの映画音楽はちょっと問題だと思うんです。たとえば(風とともに去りぬ)なんてベタでしょう。うるさいんです。音楽というのは、入れないで、あるところでスウッと入ってくるから効果があるんで、ベタに説明的な音楽が入っていたらマイナスだと思うんです。それについてルーカスともずいぶんやり合いました。(スターウーズ)でも音楽が入りすぎていると言ったら、ルーカスは、あの作品は子どもが観るから、わかりやすいように音楽をベタに入れたんだというので、そのとき僕は、それはあんた違う、それは子どもを侮辱している、子供はそんなことをしなくてもわかるんだと、ずいぶんやり合ったんですよ。最後にルーカスが、僕が悪かったという謝るみたいになったんです。~~スピルバーグの作品なんかでも、僕は少し音楽が入り過ぎていると思うんです。もっと倹約して、満を持して使わないとね。」(1998年1月28日対談、同年9月6日死去)「ET」「未知との遭遇」「カラーパープル」の音楽の使い方は褒めていた。

有名なスターウォ-ズの出だし「ダダダダーンダーン」という、英語のクレジットとともに出てくる音楽を含め、ルーカスに向かってベタ過ぎる音楽と評した部分だ。黒澤を尊敬しているルーカスだからタジタジだった。

内田樹さんが「スターウォ-ズ」の原型は黒澤明の「姿三四郎」だと。テーマは弟子は師を超えられない、弟子が師をいろんな意味で超えたと思って師を軽んずるとダークに陥り失敗する。すべては高師ヨダとの関わりで、ストーリーが展開していく。「師の教える道から踏み外すな」というのがテーマだ。愚鈍なまた狂気な師ならどうしよう?「姿三四郎」は1943年、黒澤明のデビュー作だが娯楽のない戦中ゆえ大ヒットしたが、フィィルムがあちこちカットされて完全版を今は見ることができない。黒澤明の師が山本嘉次郎、ルーカスとスピルバーグの師が黒澤明という構図だ。

しかし、ルーカスフィルムはディズニーに買収されて、より子供向け度がアップしているような気もする。さらにうるさい音楽になってるかどうか、12月公開の「フォースの覚醒」は、音楽の観点から鑑賞するのも楽しいかもしれない。黒澤明を偲びつつ。

映画観客人口の減少についても「よく映画界の人々は、テレビの普及が映画の発展を阻害したというが、とんでもない見当違いだ。映画とテレビは本質的に違う。これこそ映画だと言えるものを作っていれば問題はない。いい映画を作らないから、見る人がだんだん少なくなったのだ。それだけの話だ。」(同書222p)。彼が一番好きな自分の映画は「生きものの記録」。一番お客が入らなかった作品。筆者未見。黒澤映画で唯一赤字を出した映画だ。

さらに営業には耳の痛い話が。「営業部というのは一番映画というのがわかってないんです。その人たちは映画を愛していないし、観客を大切にしない。お客をチケットとしか思っていないんです。~~日本の営業の連中は入り口でお金をもらったら、あとは勝手にしろでしょう」。どの業界でも当てはまりそうで耳が本当に痛い。蛇足ながらドストエフスキー原作「白痴」は、ペテルスブルグを札幌に置き換えて撮影している。助監督は野村芳太郎。「当時の札幌には洋館がたくさんあって、とてもエキゾチックな街でした」(黒澤)。

スターウォ-ズから話題がどんどんそれていく。申し訳ない。最後に映画館を暗くしてほしいと。消防法に規制されて変に明るい映画館。それを暗くしてと。火事になれば自然に明るくなるわけだから逃げられると。

  1. 作者の意図が一般受けしない事は多々ありますね。深い意味の表現や創作過程での思い入れは本人以外判りませんからね。音楽も作曲家の意図もあり、編集者の意図もありで難しいですね。確かに黒澤監督に言われてみれば、映画館のドルビーの音で恐怖感を覚えたり、必要以上に驚かされたりした経験はありますね。映画人は映画をこよなく愛して生涯をささげていますから、TVなどの人気タレントが出演する学芸会に毛が生えたような大量生産ドラマは猿芝居(猿が気を悪くしたらごめんなさい)と思うのでしょう。監督も俳優も全霊を込めて作り上げた作品は後々残りますね。

    • 私も突然の音響で心臓が飛び出しそうなことがありました。映画が総合芸術ですが、作る集団は家族みたいな
      もので寝起きを共にしたり、同じ弁当食べて、冗談を言い合ったり、テレビのドラマ作りと違うよき時間を過ごす
      と俳優たちは言います。

  2. 映画もドラマもお金次第。

    TVドラマ作家は大変でしょうね。短編といえどあれだけ短いサイクルで作るわけですからね。どちらも作り出すのは大変でしょうが、映画は比較的長期ロケで、じっくり作られていますから、そこが大きな違いだと思いますね。TVドラマと言えば先進アメリカのTVドラマが日本のTV局に影響を与えたのでしょうね。スケール感は全く違いますけどね。映画もドラマも、お金の掛け方次第ですね。いずれもスポンサードが左右しますね。最近は昔の作品を流したりして不景気な業界になりましたね。

    • テレビドラマはさっぱり見ないのでわかりませんが(オリンピックも断片しか見ない)、ビデオレンタルはよく
      行きます。大体3本借りてきて、何も見ないで期限が来て返すこともあります。ブログを書くのが日課で読書に
      時間が奪われるのです。時間がもったいないです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>