現代のビジネスは、頼らせることを習慣化させることで成り立つようにする。作り手や供給側からみて、使うと『快になる』『便利になる』『楽になる』といったものなのか? どっちにしろ、それを『感じるのは大脳』の部分らしいのである。

『依存症ビジネス』(第6回)・・脳がハイジャックされる

これまで何回か、クスリやアルコール、買い物などを書いてきたが、今度の章はオンラインゲームにはまった大学教授について書いてあった。使う側ではなくて、ゲームアプリを開発する側から見て、使う側を中毒にさせないとビジネスが成り立たない。そのために派手なテレビCMを流してソフトのダウンロードで課金していただく。


依存症ビジネス全部に共通するのは、むしろ作り出す側が作っておいて、そのために大脳の仕組みや反応を膨大な研究費用を投資して世界にソフトを供給して中毒にさせる手法である。使う側はできるだけ、はじめは中毒と思わず『楽しい』『快感だ』を受信してくれればOKである。そして『便利』や『快適』や『無料』の付加価値がつけば最強である。この世界は洗脳と紙一重である。別名『脳のハイジャック』。


自分で考える習慣の無い人は(私も自信はないが)、その人が話していても誰かの話をパクッていたり、テレビや新聞のコメンテーターが言ったり書いたりしていることを口移ししている可能性もある。ある権威に依存して(私のブログもこの傾向もある)意見する・発言する習慣の力は凄い。権威が(世間)であったり(みんながそう言ってるのみんなであったり)、教科書の中の見えないイデオロギーであったり。私は20代のある時期に、受けた教育を全部消そうと思った(妄想した)ことがる。すべてが『受験勉強の延長でしかなかったことに気づいたときである』。


いまの言葉でいえば『脳がすべて受験のためにハイジャックされている』ような気分であった。しかし、日本の初等教育で受けた受験へ向けた勉強は30年経過しても40年経過しても悲しいかな私の勉強癖が直らない。『楽しんで学ぶ』というより『学ぶために学ぶ』『向上するために学ぶ』という意識が取れない。依存症ビジネスの6回目は、依存症にはまってるどうしようもない自分について書く羽目になってしまった。


新興宗教も子供のころから『洗脳させる』ことが信者を減らさないために必要で、別な意味で『脳へのハイジャック』をしている。今日、依存症を解毒させる何かいい手立てはないものだろうか?なぜ、依存へ向わせるのか・・そこを問い詰めるといいとは思うが、自分の大脳を相手に、その快感癖の部位を、自分の意識や行動パターンを変える事でいい方向へ(いい方向とはどこへ?)チェンジできれば最高であるが・・・・。さらに人間の大脳や思考は、すでに持っている偏見(考え方)を強化する文章や番組、友人を選択し続ける傾向がある。日ハムファンがソフトバンクファンにチェンジできないのに似ている。その逆もね。


知らぬうちにネットで買い物をし過ぎたり、ゲームで課金し続けたり、審査なく借りれるお金を申し込んだり、無料ポルノと思ってみていたら有料サイトへ勧誘されて法外な料金を要求されたり、競馬で万馬券を取ってしまい抜けられない人生にはまったり、小さな横領をしたら成功してどんどん金額が増えてきてヤバイところに追い込まれたり、世の中は油断も隙もありゃしない。

以下は、脳が現在置かれている危機を警告する本たちです。

  1. 国民総依存症?。

    上の女の子はスマホとアニメ依存症、男の子は戦闘ゲームの依存症、二人の女の子はYOUTUBEの依存症、カミさんはK-POP依存症、僕は仕事依存症ですね。どれも大したビジネスに貢献はしていませんけどね。友人は毎日毎日PCとにらめっこでネットショップ依存症です。国民みんな何かしらの依存症かも知れませんね。

    • 依存していない人は厳密には誰もいませんよ。私は地球依存症。重力でたっているので、なくなれば地球の外に放り出されます。
      私もブログ依存症、活字依存症、夜は湯たんぽ依存症、ガラ携なので依存になりにくいです。テレビも見ないから依存にはならず。
      ラジオも聞かず。朗読のCDは聴きながら眠ります。松本清張や向田邦子は展開や日本語の勉強になりますね。図書館がリニュアルして
      なんと懐かしいレーザーディスクが見れるようになりました。黒澤明全作が並んでいました。図書館で鑑賞できます。楽しみです、

  2. 勉強だいっ嫌いの昔の少年。

    読書依存症。図書館依存症ですね。危険なお酒やタバコや賭博依存症でなければいいとしましょうね。

    • 中毒ですね。賭博はパソコンでパチンコ映像を見て喜んでいます。酒は1年で出費100円、正月の神棚へ上げる
      コップ酒。タバコゼロ円です。居酒屋での友人との飲み代金は別ですが・・・。2ヶ月に1回ですかね。

  3. 第二のエジソン。

    スマホとPC依存症は僕も含めて多いですね。歩いている人も、バスを待っている人も、バスや地下鉄に乗っている人も、ベンチで休んでいる人も、違反ですが自転車や車の人もスマホですね。オフイスや自宅のデスクの前に座ればPCです。今や通信機器への依存度は大きいですね。今回の大雪では遭難しかかった人から携帯電話で救助要請が有ったりと大変役にも立っています。ただ怖いのは全てが電気に頼っているところです。バッテリーが無くなれば通信も出来ず、元をたどれば停電の事態になれば電波も飛ばなくなったりと怖い一面もありますね。かと言って、これらの代替品は現在のところありませんから、依存も仕方が無いのではないでしょうか。電気エネルギーに取って変わる代替エネルギーが発見されれば、世界中のすべてのシステムが変わるでしょうね。第二のエジソンはいつ現れるのでしょうか?

    • 観光客もスマホ依存多いし、最近多いのは地図利用でスマホですか。グーグル使ってます。私が教えてあげる
      のに。電気が発明されなかったらどんな世の中になっていたか?一斉に停電(ブラックアウト)になったとき
      どんな行動を私を含めて取るのか、興味はありますが、あり得る現実ですね。国境を越えた電力売買が必要で
      しょう。ドイツの電気はフランスの原発から電気を買い、車を作ってますから、ドイツ車に乗る人はフランスの
      電気を食べていることになるのかな?

  4. 公共電気依存症。

    現在のところ個々の自家発電が普及すれば公共電気依存症は減るでしょうね。でも自家発電にしても太陽や風力や小水力以外のコージェネレーション方式などもC重油などに依存したりガスなども利用するわけで、なかなか普及しませんね。田舎暮らしであれば近くの小川を利用した小水力や海岸なら波力、風力など利用環境にあるのですが、便利さを求めて人は街に集中していますから公共電気依存症はますます増えるばかりですね。これでは原発再稼働反対も経ち消えそうですね。環境問題とPHEVや電気自動車が脚光を浴び始めましたが、生産段階でも、販売後も公共電気依存型に変わりはありませんから、個人の財布への負担は軽くなってもそのツケは大きいと思いますよ。潤うのは電力会社でしょうね。

    • 北海道開拓時代の写真を見て、まだ電気がないころの暮らしをみていて、けっこう人間ってその場その環境で
      適応力があるもので、大量のマッチとロウソクを残しておけば生きられる気もします。近所で自宅の庭に大量の
      薪を積み上げている人がいます。サバイバル思想が徹底している人で、たぶん自宅もペチカでしょうね。夏の間、
      庭で薪割りをしてました。地球寒冷化が進む中、薪の炎は救いです。

  5. SEX依存症で名誉ある立場を失った名プロゴルファーが居ます。賄賂依存症で役人の立場を失った人も居ます。僅かなお金を着服して定年を待たず懲戒免職した人も居ます。教職にありながら生徒に対して卑猥な行為をして職を失った教師もいます。警官でありながら窃盗や犯罪を犯した人も居ます。弁護士なのに盗撮をした人も居ます。人間は一癖も二癖もあるものです。それも、思いも寄らぬ大真面目な人がです。依存症も隠れているものは怖いですね。普段の顔と、症状が現れた時の顔が別人みたいですからね。

    • 依存症は、『自分では依存症だ。悪いことをしている』という自覚があるから困りますね。法を破る快感
      があるのかもしれません。脱法を取り締まる人間が脱法ですから、職業人である前に人間の癖、個々人の
      持って生まれたDNAですかね。殺人を繰り返すシリアルキラー(大量殺人者)は、時代や国境を越えて
      ある%で必ず存在します。普通人の顔をして私たちの横を歩いています。しかし、何か変だな、危ないから
      近づかないようにしようというのが生き延びる知恵ですが、ネットで自分で近づいていくのですから危ない
      時代です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>