人事異動や入試でイライラすることが多くなる季節、参考まで。

孤立から生まれる「鬱」っぽさ。鬱を抜け出すジャマイカ療法。 それにしても鬱という漢字、書けない!昔風のノイローゼでいいと思うが。テキトーにあしらうのも治療法だと思うが。『自分への関心を減らすと病気が減るよ』

温泉・猿

函館湯の川

青空

千歳・泉の郷(いずみのさと)

カバの昼寝

                     札幌円山動物園のカバ

最近、偽うつ病とか真正の鬱だとか経済紙や週刊誌で精神科医がインタビューをされて、それぞれの立場や心療内科の患者さんの傾向やその社会的な、職場の背景を述べています。

わたしは18歳のときにパニック障害(当時は心臓神経症と命名されていたと記憶する)を一度体験して、救急病院に運ばれた。そこで、医師と話しているうちに収まってきて、「いったいこの症状はなんなんだ?」と思ったものだ。薬はもちろん何も処方はされていない。これを繰り返すと鬱に発展するらしい。とにかく人間関係病としての「鬱の興隆たるや」抗鬱剤のメーカーは笑いが止まらない状況だ。

この「鬱」という漢字を見るだけで鬱鬱としてくる。すぐには書けないから「うつ」と平仮名にすると柔らかくなる。どういう由緒の漢字なのか、白川静さんの辞書でも開かないと判明しないが手元にない。この人が上司だと必ず「うつ病で1か月休む人が出てくる。または辞表が出てくる」という人間がいる。

こういう鬱を起こさせる人間の特徴をざっと経験的に述べると、喋り方が断定的、仕事を丸投げで責任をとらない、相手の人格を全否定する、劣等感が強い、同期から見て出世が遅れているという焦りが生き方に表れている、とにくかく理詰めで相手を追い込むのが好き、上司へのゴマスリは10倍上手、そして自分の言動が部下や社員に鬱を起こさせているという認識が超薄い。

大きな企業は、鬱を発症した社員を休ませたり、人事異動で別なところで働いてもらうという解決策のほかに、原因の素になってる上司を別な都道府県へ移動させる方法もあるが、ネットの時代は、あっと言う間に「行き先の支店へ情報が届き憂鬱な空気が地方の支店にまで流れる」。一番困るのは、「自らの言動が相手を鬱的にしているという認識が全然なくて、この程度で落ち込むなんて、どういう根性をしているんだ」と言わんばかりの人だ。部下が馬耳東風であればいいけど、まともにこの風に当たると凹む者も多い。

一方、鬱的になる人を何人か見ていて、末っ子と一人っ子(男兄弟いない)に多いかもしれない。生きていれば、ある時期に鬱的にならない人がいないくらい、そんな場面はいくらでもあるのに、それから深く進行していく人と回復していく人の違いはどこにあるのか。どんどん自分で孤立していく人は重くなるし、ケセラセラで先を生きていける人は軽い。

「うつ病は脳の風邪である」というテーマで講演会をしたとき、講師の精神科医が、参加者へ鬱にならないおまじないを最後に教えた。「ジャマイカ療法だ」。「じゃ、まあ、いいか」だって。突き詰めない、テキトーに止める、不完全を容認する。凹んだとき唱えてみてください。

  1. 鬱の家族との付き合い方。

    身近に鬱の?中2のがいるから他人事ではないです。症状は自己中心的で他を否定する。他人目を気にする。地獄耳で自分に対する中傷に敏感。自分に異常に優しい?一部の家族のみを味方と思い兄弟姉妹だろうが誰だろうが他を敵視。自分の空間だけは確保。ネットから得た情報に異常に詳しい。一日中スマホ(電話ではない。LINEなど。)。上から目線。機嫌が良ければ驚くほどハイになる。家事など一切しないが食事の好き嫌いなどは要求はする。世話を焼いても恩を感じていないどころか不満を持つ。我がまま放題。時々大声で誰彼かまわず相手を罵倒する。社会に順応できない。引きこもったかと思えば好きなアニメのイベントなら東京にまでも出向く。カウンセラーも受けさせていますが、実感として、こんな治療法など皆無と言っていいと思いますね。本人の自覚を目覚めさせる方法を身をもって示しているつもりですが、都合の良いことは興味を持っても、都合が悪い事からは逃げる癖が身についてしまっていますね。大きくなるにしたがって後悔するとは思いますが、他人が世話を焼けば焼くほどダメになる気もしますから、あまり相手にしすぎたり、気を使いすぎたりしない方がいいと思いますね。無視とまではいかなくても、それ相応に。

    • カウンセラーも本人と相性があるので、優秀なカウンセラーでも効果がない場合があります。本人と両親、同居家族
      も一緒に受ける場合が多いです。言葉と薬が二大治療ですが、一番の薬は実は同級生や仲間からの肯定的な評価です。
      企業の中でも全く学校と同じで、人格否定や超マイナス評価でどんどん腐っていって出社拒否はよくあります。年齢は
      関係ありません。老人になると(男に多いのですが)引きこもりもあちこち見られます。前職で営業部長に座った人が
      連続でうつ病で休み続けました。制作にいた二人は営業に55歳ではじめて出されるが、何をどうしていいかわからず
      鬱に逃げました。病気は体からのSOSなので正直な反応ですね。『したくないことを、しなさい』と言われるのにアレルギ
      ーですね。自然に接する機会を増やすといいですよ。雪はねさせたり、お日様に体を当てるのも薬になります。参考まで。

  2. 連れ合いも鬱に近いと思う。言ってもいない事を「今、言ったでしょう?」とか?「聞いてないよ」と反論すればこじれる。鬱と言うより認知症に近いのではないかと疑うくらいだ。自分は正しく相手は間違っていると最初から決めつけているようだ。こんな時には「そだね~!」とLS北見チーム風に流せば角も立たずに済むのだが。しかし、反対にこちらが鬱になりそうだ。

    • 加齢とともに、夫婦間で相手へ文句を言う回数が多くなりますが、近所で年金受給1ヶ月前にご主人が突然死された奥さん
      が『ケンカする相手がいるだけ幸せよ』と言いました。これだけは・・・。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>