過ぎたる欲望は身を滅ぼす(オーデン神話伝説より)

ノルウエーの映画『ラグナロク』~オーデン神話伝説~を見ていたら、王の娘が父親の野心(底なし沼に住む大蛇を退治したい)を見て咄嗟に出た言葉が『過ぎたる欲望は身を滅ぼす』。王は大蛇に飲まれてしまう。


欲望は対象物があって初めて発動する感情だ。この対象物にはもちろん観念(言語や神、思い込み・妄想)も含まれる。また他人の模倣で欲望は倍増されもする。あの人が持ってるから私も欲しいという図式でCMや販売促進で使われる古典的な手法だ。勉強やスポーツでも発動するし指導者は利用する『あいつにできてお前にできぬはずはない』と。欲望に火をつける。


都会は人だけではなくて物(商品)に化粧が施されて、『私を買って』とささやく。たとえが悪いが3代目古今亭志ん朝の語る吉原みたいだ。欲望が初めにあるわけではない。対象物がなければ欲望は発動しない。説教好きの人を見ていると、仏教の影響なのか、どうも最初に煩悩としての欲望がありきで語られる。時間的な順序でいくと物があって欲望が生じると何度も考えてみたいものである。ここは唯物論だ。唯心論ではない。


表題の『過ぎたる欲望は身を滅ぼす』を考えてみると、都会に暮らす人々はほとんど全員、その身を滅ぼすところ、可能性の中で生きていることに気づく。なぜなら何度も書くけど、商品が・異性が欲望光線を発しているからだ。3億円の宝くじに当たったら私も含めて滅びの道へまっしぐらのような気もする。自分で考えるほど自分は強くないからだ。誘惑にとても弱い。


もともと人間は動物世界で何より弱い存在であったから、集団を形成したり、社会を作った。現代は暖房や住宅や法律や家族や近所の交番や消防署に守られているけど、古代は集落の仲間たちぐらいが自分を守ってくれたし、誰かを守らなければならなかった。いまいる部屋から周りの人間が全員いなくなり、自分が一人だけ生きていると想像してみればいい。キタキツネやエゾシカやヒグマが集団で自宅前に移動してきただけでぞっとする。冬だしエサはないからエサは私になる。


ひとりということは電気もガスもライフラインは機能せず、食糧もなく、語る相手もいなくてブログを書いても読み手はゼロ(ブログを書くためパソコンの電気がないから無理だ)。日本中のお金が全部自分のもの。国会を占拠して総理大臣にもなれる。札幌から東京へどうやって行くのか?国民はひとりだけど。こういう環境下で一体欲望はどう発動するか考えてみよう。私は欲望は発動しない気がする。初めは生き続けるために食べ物を探すだろう。


しかし、他人が誰もいないところで欲望は出てくるのか、または萎むのか?私は最後は無くなってしまい、死んでしまうと思う。しかし、未来の誰かに託して記録を残す行為は出てくるかもしれない。そうすると欲望の正体がずいぶん見えてくる。他人がいて(売る人・並べる人・通行人の視線・隣近所・夫婦や家族・未知の人など)成立する概念、心持ちだと。他人がいて発動する、物が先にあって発動するのが欲望であるという話に戻るわけだ。『過ぎたる欲望は身を滅ぼす』のも真実だが、自然現象はそういう細かな心理現象をゲームオーバーにしてしまうこともたえず忘れてはいけないかもしれない。

  1. 先ずは「食欲」ありき。

    もし、今の文明が滅びてしまったとしたら、どうなるのでしょう。最低限、少しの塩とナイフくらいは持っていないと生きられません。火を起こす道具を作って、カマドのようなものを作り、ナイフで木を鋭く削り槍を作って、身を護ったり、川や海で魚を獲って食料にしますね。そして罠も作ってウサギを捕って肉を食べたり、弓などを作って鳥を撃って食料にするでしょう。味ツケや保存のために塩が必要ですね。草木で住む小屋を作って、焚き木を沢山用意して冬にも備えなければなりません。水は必要ですから竹筒か樋で谷水を引いたり地面に穴を掘って井戸を作らなければなりません。野菜などは野草を食する事になります。そんな環境下では、人間の欲望と言えば、先ずは「食欲」でしょうね。これが人間の原点でしょうね。食欲が満たされれば、その他の欲が出るのでしょうね。

    • 生存の基礎が食であることは間違いありません。食を求めて、人類の祖先が大移動を繰り返していたことを考えると現代、戦争
      や都市の破壊による難民の発生も生きるとこと(食と水)を求めて命をかけて大移動をしていることは同じに見えます。砂漠で
      井戸を掘ることは技術的に相当難しく、掘っても爆撃されればおしまいです。日本人医師・中村哲さんがアフガニスタンで始めた
      最初が川の水を荒野に流すための運河作りでした。そして、作物を作らせて定住を図ったのです。生存欲求にまさる欲はないでしょう。
      精神分析のフロイトは死への欲求もあると書いています。思想家が捕われる欲ですが、彼らにも飢えが来たら、果たしてどうなるか?
      ですね。贅沢病と一喝されるかもしれません。物質に支えられる文明は、その消失とともに無くなります。太陽の恩恵を人類は受けて
      きているのですが、太陽の黒点が少なくなるとともに地球寒冷化が襲ってるというのが筆者の見立てで、そのため食糧は人工で育てる
      工業化に進みます。種(たね)の独占が始まってますから(モンサント社など)、食べるものは100%自給に向う必要が大いにある
      でしょうが、現実は真逆。危うい輸入に(ここで商社や食品メーカーが儲けを出すのですが)日本人の生存が頼ってる景色が見えます。

  2. 人間を退化させた文明の利器。

    いつの年代にも生き残るのは、置かれた環境に順応できるように進化した生物のみですね。そう言う意味では人間は、もっと次代に向けて進化しないと、やがては絶滅危惧種となってしまいますね。ウイルスが次々と進化するように逞しくならなければいけないのでしょうが真逆に後退さえしている気がします。これも文明の利器に頼り切った結果でしょうね。

  3. 猿に征服された地球?。

    地球上で一番強い生き物として逞しい野生のゴリラたちが生き残ったとして、彼ら彼女らにペットにされた人間なんてゾッとしますね。草木で作った小さな檻の中か?首を縄などで縛られて素っ裸のペット人間です。これまで動物を虐待してきた人間への仕返しです。「猿の惑星」を思い出しますね。

    • 猿よりゴキブリやネズミのほうが生きながらえる気もします。2001年宇宙の旅でもコンピューター(ハル)が感情
      を持ってしまうシーンがありました。反自然で生きてきて、最後は自然から復讐されるのが人間の運命のような気もし
      ます。

  4. 物欲や性欲は贅沢欲ですね。それどころじゃあ無い状況下では最低限の必要欲から比べれば、三番手?四番手の欲求でしょうね。しかし、それも、これも、過ぎれば身を亡ぼす要因の強い欲求ですね。

    • 物に囲まれると欲が倍倍ゲームになります。目的が達せられると次の欲に向かい、消費社会を増進させます。本来的に
      欲しいのではなくて、欲しいように感情をコントロールさせられるのかもしれません。(これは買わなくていいよ)という
      広告はないものでしょうか?(このイベントには来ないでくださいね)という周知はないものでしょうか?

  5. お昼休みの使者

    >>自然現象はそういう細かな心理現象をゲームオーバーにしてしまうこともたえず忘れてはいけないかもしれない。

    いよいよそのとおりですね。日本はついこの前、身をもって痛感したはずです。さらに言えば、すでに壊滅的規模の地震が予測されています。しかし未だ、我々(己を含め)は市場という化け物に欲望をコントロールされています。
    私の好きな作品に『星を継ぐもの』という小説があります。その世界では「奪い合う」ことから「共存」することへ人類がシフトし、あらゆる人種が「知」の探究へ力を注いでいました。知識もまた、大きな欲望の1つなのかもしれませんね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>