『逝きし世の面影』(渡辺京二)平凡社ライブラリーから

江戸の末期から明治の中ごろまで、いったい庶民の暮らしは初めて日本を訪れた外国人にどういう第一印象を残したのか。またそれは、書いた外国人自身の母国での暮らしや生活や価値観をも同時に表現するものであり、条約を結びに来た人、医者を含めてイギリス人、オランダ人、スウエーデン人、アメリカ人、イタリア人、オーストリア人、ロシア人、中国人(林語堂)などの残した文章を丹念に拾い集めて590ページにわたって江戸庶民、明治時代の庶民の暮らしを記録した名著である。『江戸時代の重要特質のひとつは人びとの生活の開放性にあった。外国人たちはまず日本の庶民の家屋がまったくあけっぴろげであるのに、度肝を抜かれた。』(同書155p)落語に出てくる長屋を想起する。『家は通りと中庭の方向に完全に開け放たれている。だから通りを歩けば視線はわけなく家の内側に入り込んでしまう。つまり家庭生活は好奇の目を向ける人に差し出されているわけだ。人びとは何も隠しはしない』(156p)(ヒュブナー オーストリア外交官の明治維新1887年刊より)『家屋があけっぴろげというのは、生活が近隣に対して隠さず開放されていることだ。従って近隣には強い親和と連帯が生じた。家屋が開放されているだけではなく、庶民の生活は通路の上や井戸・洗い場のまわりで営まれた。子どもが家の中にいるのは食事と寝るときで、道路が彼らの遊び場だった』(157p)家の中が見えるから、夫婦ケンカも見ることができる。

『開放されているのは家屋だけではなかった。人びとの心もまた開放されていたのである。客は見知らぬものであっても歓迎された。』(158p)『下層の人びとが日本ほど満足そうにしている国はほかにない』(イタリア海軍中佐アルミニヨン・イタリア使節の幕末見聞記1866年)『日本人の暮らしでは、貧困が悲惨な形であらわになることはあまりない。人びとは親切で、進んで人を助けるから、飢えに苦しむのは、どんな階層にも属さず、名も知れず、世間の同情に値しない人間だけである』(同書)開放的で親和的な社会はまた安全で平和な社会でもあった。だから戸締りをしない、する必要がない。明治23年来日したドイツ人宣教師ムンツィンガー『私はすべての持ち物を、ささやかなお金も含めて、鍵をかけずにおいたが、一度たりともなくなったことはなかった』(ドイツ人宣教師の見た明治社会)蔵には施錠はあったが。大森貝塚を発見したモースの名著『日本人の住まい』で、彼は錠、差し金、自動式掛け金を取り付けたアメリカの家屋は、日本人の目には監獄そのものに映るに違いない。

私が育った昭和30年代前半、札幌駅の北口で生まれた筆者でも、家は鍵をかけないで、他人の家を自由に行き来し、遊び場は道路や公園で夕食まで外にいた記憶がある。困った人があれば大家さんがお金を貸したり、縫い物の仕事を出してアルバイトをさせて暮らしを助けていた。ちゃぶ台用のミカン箱と布団2枚を持って始めた両親の結婚生活も、共同井戸で洗濯をしたり、水汲みをして生活していた。秋田県出身者北大生の寮もあって、私の遊び場であった。食べ物をくれる人たちだった。

著者の渡辺京二さんは、『日本の近代が前代の文明の滅亡の上に打ち立てられたのだという事実を鋭く自覚していたのはむしろ同時代の異邦人たちである。チェンバレンは1873年(明治6年)来日して1911年(明治44年)に去った人だが『日本事物史』を古き日本の墓碑銘と刻んだ。本の題名が『逝きし世の面影』とつけられたゆえんである。

14章に分かれていて、1、ある文明の幻影 2、陽気な人びと 3、簡素と豊かさ 4、親和と礼節 5、雑多と充溢 6、労働と身体 7、自由と身分 8、裸体と性 9、女の位相 10、子どもの楽園 11、風景とコスモス 12、生類とコスモス 13、信仰と祭 14、心の垣根

もうこの時代には戻れはしないが、せめて心くらい、開放的になるよう日々努力したいものである。陰惨な事件は激減すると思う。

 

  1. 本州の田舎では家々の玄関に鍵そのものが無かった。或るのは、就寝前に玄関引き戸に内側からつっかえ棒をするくらいで、それすらしない事も多かった。と言うのもトイレは玄関を出て下屋の下を歩いて外にあったので、用足しにしょっちゅう出入りする都合もあった。今でもその癖は治らず、自宅で鍵をかけた事は殆ど無い。大家族なので絶えず人が居るので留守になる事はめったに無い。ただしたまに午前様で帰るとご機嫌麗しく無い家内がカギをかけてご丁寧にチェンロックまでする事もある。でも僕はこんな事くらいではめげない。何故なら、それさえも開けるテクニックを持っているからだ。僕にとっては鍵を掛けられても落ち着いて裏技を駆使して何気ない振りで帰還できるから最近ではあきらめたのか、また無施錠になった。近所の道庁退職者夫婦二人暮らしのお宅には旅行中に二度も泥棒が入ったが、無施錠の貧乏我が家には泥棒は来ない。泥棒も目が高い。

    • そういえば私も泥棒に入られた記憶はありません。貧しさに同情されたのでしょう。現代は泥棒はナリスマシで預金
      を狙ってますからお互い、注意しましょう。

  2. 開放的な北海道。

    本州のお金持ちや中流の家には塀がめぐらされていて中は見渡せない。敷地も広く、土地を多く持っている事がステイタスなのだ。一方、北海道の住宅にはほとんど塀が無い。開放的だ。たとえ塀があったとしても低く見渡せる程度だ。アメリカのビバリーヒルなどの高級住宅地にも高い塀など無く、広い芝生の庭が開放的だ。アメリカ的な北海道の郊外住宅は明るくて開放的だ。

    • ビバリーヒルズは門兵がいてライフルを持っていました。芦屋の高級住宅街は警備員を雇っていて、用もなくウロウロ
      していると注意されるみたいです。私は塀を造らず住んでます。塀がないとかえって泥棒は入りにくいみたいです。これ
      から泥棒さんは脱税用の金庫を持ってる家が多いので、忙しくなるかもしれません。泥棒と税務署が連絡し合って、増税
      企むかも。

  3. 本当の様な話。

    確かに!タンス預金を何とか流通させようと、政府は泥棒を奨励しているようです。なかなか捕まりません。なぜなら警察にも上からの通達が行っているからです。万が一捕まっても持ち主にお金は全額戻りません。犯人が遊行費とギャンブルに使ったと言うからです。でも真実はわかりません。減刑を条件に意外に国庫に納められていたりするかも知れないからです。タンス預金は泥棒と詐欺を奨励する政府の格好のターゲットです。

    • タンス預金は43兆円と言われています。警察官や財務省の役人や政治家、宗教家も多いはずです。日本で有名な
      仏教学者(東大名誉教授)ひろさちやさんも自宅マンションの床下に金の延べ棒を隠して追徴を受けました。あれれ
      です。現なま見ると性格が変わるみたいですよ。政府自身が詐欺集団に見えるときあります。国家公務員や与野党
      の政治家もね。

  4. 田舎のおばさんは道端で平気でお尻をめくって小用を足していました。羞恥心など全く無く、それがみんな当たり前のように無視していました。一方、おじさんも道端で立ちションを平気でやっていました。解放的と言うよりも、まるで犬と同じ感覚のようでしたね。当然ながら子供たちも見習っていましたね。でも、さすがに若い娘のそんな姿は見ませんでしたが。今なら軽犯罪法違反で現行犯逮捕でしょうね。当時の外国人が見たらひっくり返るかも知れませんね。田舎は無法地帯でした。

  5. 泥棒の自己防衛。

    アメリカは開放的と思っていましたが?意外ですね。郊外になれば治安も怪しいのでしょうか。自己防衛のために銃を持てば、泥棒だって自己防衛で身の安全のために対抗して武装してきますよね。どっちが先に撃ったにしろ死人に口なしですから、死に損です。西部劇でもガンマンは丸腰の相手には銃を向けないのが暗黙のマナーでしたね。今のアメリカには正義はなくなったのでしょうか。

    • 現在のアメリカは自分で武装して自分を護る人たちが半数以上ではないでしょうか?アメリカの建国以来、対英国・対フランス
      との独立戦争や西へ西へインディアンを殺して土地を囲い込みましたから、彼らの復讐があるので武装せざる終えなくなってし
      まったのです。そこへライフル製造会社・ピストル製造会社がどんどん儲けたわけです。ビバリーヒルズは100%階級社会でした
      ね。ドバイも80%以上が外国人の大金持ち。清濁併せ呑むグチャグチャした街が筆者には快適な環境ですがね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>