アマリリス 筆者自宅

囚人道路やフロンティア開発。(北海道刑罰史・・西村秀雄、みやま書房)

全国各地に囚人に苦役を課して、普通の工夫を雇うより安い費用で道路作りをしていた都道府県がたくさんあるかもしれない。江戸時代に幕府が罪人を島流しにしていた。八丈島が有名である。明治以降、その島は北海道になった。明治14年9月に石狩国樺戸郡に樺戸集治監が作られた。作られたと言っても作ったのは囚人たちである。初代典獄(官長)には福岡出身で薩摩軍撃退に功績があった月形潔が35歳で赴任。

食事は2割の白米と麦が8割、味噌汁1杯で朝の5時から夜の9時まで道路作り、道路脇の水路づくり、自分たちの入る監獄つくりをしていた。囚人には自由民権運動で逮捕された秩父事件で無期懲役刑を受けた柿崎義勝、小林酉蔵、大野長四郎もいたが全員死亡。栄養失調と過酷な労働が原因と思われ、いまも共同墓地に眠る。もちろん凶悪犯も同じ囚人として15時間に及ぶ肉体労働を強いられた。

当時の北海道は開拓するためにはまず道を作らないといけなかった。深い熊笹と大木に覆われ、泥炭のじめじめした土地を歩かないと奥地にいけない。過酷な労働から逃亡者は頻繁に出た。北海道には大きな集治監が、三笠の空知集治監、そして網走集治監がある。加えて、幌内(三笠)に石炭も発見されて、石炭を掘り出す仕事も追加された。明治16年から250名の囚人で採掘を始めた記録がある。明治22年渋沢栄一など財界首脳が発起人で作られたのが北海道炭鉱鉄道会社(北炭)そして38万円で払い下げ、民営化にしたのである。労働する囚人も空知集治監へ1000名の借用願いも出された。構内での爆発事故も多く、1000名を超える囚人が犠牲になっている。

道路といい、炭鉱といい、一番キツイ業務は、まずは囚人たちが開拓・開いてきたのかもしれない。自分たちのルーツである屯田兵もきつい仕事ではあっただろうけれど、アイヌの土地に北海道を囚人と屯田兵、士族、出稼ぎや本州からの流れ者もどっとやってきた。道庁の役人も増えてきた。彼らの慰めにできたのがススキノの色町である。明治政府に反抗する政治犯(自由民権運動家)も網走に多く収監された。彼らはたとえ死んでも使える間は貴重な労働力として使い捨てられた。シベリヤ開発もラーゲリに収監した日本人、ドイツ人、イタリア人、ユダヤ人、ウクライナ人、国内の政治犯をシベリア送り、シベリアの森の伐採作業を中心に、それをシベリア鉄道の枕木や火力発電所の建設に使ったのである。アメリカのフロンテァイ開拓にもたくさんの犠牲が横たわる。

 

つぶれかけた、からっぽの小屋は、

彼らがすくなくてもここでは、

敗残の人たちであることを物語っている。

しかし、その敗残のうえに、

わたしたちの成功は築かれている。

都市も、町も、すべて

農場も、蜿蜒(えんえん)とつづく道路もすべて

彼らが敢えて挑み、そして敗れたからこそ、在る。

多くの人たちの敗残で贖(あがな)われずに、

人間が手にしたものなど

いまだかつてありはしない。(アンナ・ルイス・ストロング)西園寺公一訳

しかし、驚くなかれ、現代アメリカでも利益と効率を図る食肉産業で抗生部質と糞尿で衛生的にひどい工場で囚人が使われている。『勤勉で英語堪能。組合もなく福利厚生も要らず、労働条件には一切文句を言わず、最低賃金の十分の一ほどで雇用できる囚人労働者は、今全米の企業からひっぱりだこの人材だ』(株)貧困大国アメリカ 堤未果・・岩波新書45p

  1. 高校生の演劇部のステージを観た。史実に基づいた朝鮮人労働者を酷使して発電所を作るストーリーだった。戦争や日本の帝国主義の犠牲になった人たちは多数いたことは事実で歴史は塗り替えることができない。こんな史実を教科書に載せる載せないで何時も議論しているが、真実を曲げて伝えてはいけない。まっすぐ受け止めて、我々は二度と繰り返さないと誓う事が大事だと思う。
    事実は事実として認め合い、相互理解を図らなければ、歴史の汚点は隠され、曲げられ、国際問題にも発展し、今も外交面でも平行線をたどっている。

    • 鉱山は朝鮮や中国から労働者を連行してました。その記録は残っています。ないはずだというイデオロギーに取り付かれると
      そんな事実はないことに後世なります。観念の暴走は一つの事実、1枚の写真で変わります。

  2. 罪の償いのための社会奉仕なら理解できない事もないが、罪もない人たちを罪人と一緒に扱って過酷な強制労働させるなど、昔はまかり通ったのだろう。労働時間問題を今国会でも議論されているが、囚人だろうが一般人だろうが同じ人間だから体力や精神力の限界を超えさせてはいけない。ましてや、個人差はあれど、最低限の栄養補給と休養が無ければ労働意欲さえ湧かなくなる。
    現代でも過労死などが発生している現状は、如何に労働現場が酷いかを物語っている。個人個人の能力や体力には差があって、そのところを理解して適材適所で雇用しなければ、採用直後に辞める若者は今後も増え続けると思う。

    • そのあたりが、営業職が不人気。不人気どころか忌避されるNO1の職種になる原因ですね。数字をはじき出す現場は
      たえずスポンサーをあれこれ探して仕事を生み出さないと、先細りになるだけ。私も新しい企業開拓、団体の掘り起こし
      をしてますが、帰宅するとぐったりします。太ももも痛くなりますよ。旧知の人がたくさんいるので市内営業できますが
      ゼロからの営業は過酷です。家庭でもあると無理して体を壊したり、ヤケで博打や酒、女に走る人もたくさん見ました。
      横領もいましたね。

  3. アルバイト、パートが労働力。

    息子が東京で職を失って帰郷し、一時、募集広告を見てアルバイトに製餡所に勤めた事があった。酷い環境のようだった。高熱蒸気窯で餡を練るのにズブの素人に作業をさせているらしく、息子は毎日火傷だらけだった。アルバイトやパートを多用して低賃金で過酷な労働を強いるところは、何ら昔の強制労働と大差無い。息子もしばらくして辞めて、今では定職に就いたが、第二、第三の犠牲者は居ると思う。アンパンも饅頭も羊羹も、そんな現場から生産されたものだと考えると食欲も失せ、買うに気にも成らなくなった。

    • 田中製餡や当時はとんでんが餡を作ってました。食品を作るところは地獄みたいです。コンビニのおにぎりを作る会社も
      膨大な米を焚いて、それを何度も繰り返す、ノリの会社の社長は『全然、儲からない』と嘆いてました。最新鋭の機械を
      導入して先行投資をしているので、原価償却をしたいのですが、できないと。ノリも韓国から安く輸入してました。国産
      のりは単価高い。スーパーやコンビニから、安く納品を言われるセールは辛いとノリメーカーの社長が言ってましたよ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>