現在、霞ヶ関の官僚たちの知性を感じられない集団を見るにつけ、その後に続く若手の官僚たちが、日本を世界をどうみて、どういう方向を模索をしているのかのレポートが昨年5月に発表されている。

不安な個人、立ちすくむ国家~モデル無き時代をどうどう前向きに生き抜くか~

知人から、下記のレポートが若者の間で話題になって、炎上騒ぎになってもいると書かれてあって、さっそく会社のコピー機を使い、毎日、電車の中で繰り返し読んでいる。

http://www.meti.go.jp/committee/summary/eic0009/pdf/020_02_00.pdf

20代と30代の、国家の未来に危機感を共有する経済産業省から精鋭30人が東京大学の総長たち13人と民間は松岡正剛さんを筆頭に各分野で見識ある人たち13人にヒアリングと勉強会を重ねて纏めたレポートだ。A4横で65pにわたる。日本の各省庁の統計やOECDの調査も入れて、チャートも多用して誰が読んでも一目でわかるよう書かれてある。

現代世界は低成長に入り、国家も溶解して避難民が1億人近く人類史上最悪な人間環境になり、貧富の差が国ごと、国の中でも格差が広がり、正規雇用と非正規の年収格差、母子家庭が貧困から抜け出せず、貧困の連鎖が繰り返される実態。レポートが発表されたのがことしの5月。日本の未来には人口構成からいって、ここ10年が国の舵取りの勝負だという共通認識に立っている。

これまで、失礼ながら高齢者=弱者として、医療や年金面で優遇をしてきたとも書かれてある。時間あれば読んで欲しい。若手の官僚たちの苛立ちも伝わってくる。たとえば、定年後の暮らし調査で、60%以上がまだまだ社会の中で働きたいという感情を持っているとか、20代の意識調査で「社会や国に貢献したい」人たちが世界からみて日本はダントツに高いのに阻まれている実態(このレポートを書いている官僚たちもきっとそうなのだ)も率直に述べている。

新聞やテレビのニュースは読まず・聞かずでいいから、このレポートを何度も読むことで、チャートで生々しい日本の現実が伝わってきます。またそういうように構成されて書かれてある。医療費の削減もある時期から、「胃ろう」(胃から栄養物を入れて延命措置をするだけで医療費を高騰させていた)を薬価の点数を下げて、できるだけしない方針が出されると40%減少させることもできた。既得権者との日々の闘いをしてきたのだとわかる。

特に年金受給にはまだ遠く、住宅ローンを抱え、子どもの教育費のピークに入ってる40代後半から50代の「変化を嫌い、悪くても現状の待遇、リスクを犯したくない」人たちのとんでもない厚い壁に「若手の官僚たち」「変革意識の高い民間の若手たち」が立ち止まってしまう。

このレポートの出だしに、彼らは「日々の日常業務をこなしたうえで、このレポート作成に参画している。各省庁の次官もこの動きにOKサインを出している」と断った上で書いている。新聞社でよくある匿名で社内の派閥抗争を書いたり、内輪話に終始する怨嗟の本とは違う内容なので、話題が開かれている。目からうろこの話も多いから、会社のコピー機を使い通勤途上で繰り返し読む価値がある。

今回、「たちすくむ国家~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~」に参画した20代・30代の官僚の卵たちは、同世代で派遣や母子家庭で暮らす人たち、引きこもりになっている身近な、余りに身近な知人を持っていて身体で反応しているはず。日本の年齢構成国家の行く末をたくさんの国が見ている。果たしてどういう政策をしていくのか見守っている。

若者2人が75歳以上の老人を支えるではなく、老人二人が若者一人を支えるくらいの気構え、政策転換が必要かもしれないとレポートを読みながら思った。学生運動を起こし、日本社会の変革を目指した世代が67歳から70歳に入っている。あのエネルギーを「車だ、海外旅行だ、趣味の時間の充実だ、健康器具や薬の通販、時間余ればテレビ漬け」にならないで、もっと外に社会に目を向けて若者が生きやすい地域つくりや志を同じくする若者を紹介することができると思う。人生にはリアタイアはないのである。リタイアは棺桶で十分である。例外で老人二人が若者を一人支えると先ほど書いたが、各家庭で現在進行している。引きこもりの男女の暮らしを支えているからだ。さらに80代後半から90歳代の親たちの面倒を看ている。知り合いに90歳代の親を3人抱えている人もいる。60代で働きたくても介護のために職を辞した人もたくさんいる。個別の事情を考慮すれば一般論は書けないが、このレポートの限界は若者にも老人にも住みやすい国づくりの視点を、税金の配分の部分でばっさり切ってるところだ。本質は、税収の殆どは公務員の人件費に消えているんだという以前にあった公務員大削減案が込められていない。役所に行くと若い女性が多いが、聞くとパートやアルバイトで、実際の会議は男仕事の補助的な役割しかしていない。

その他、参考になる資料を2・3掲げる。

しかし、このレポートの盲点を二つ書くと、福島原発の放射能の除染と汚染、大地震の予知での首都圏の機能マヒについて賢く避けられている。経産省という省庁の置かれた限界かもしれない。委員会の中で激論が出たと思うが、それを書かないことで、表紙の次官からOKサインをもらえたのかもしれない

  1. 闇の中の政治。

    国会への参考資料提出書類書き換え問題が取りざたされていますが、官僚たちも保身のためには真実を曲げるのでしょうね。当然でしょうが、自分が、家族が、家庭が一番大切だからですね。組織の中で安泰に定年を迎えるには「見猿、聞か猿、言わ猿」どころか「見て、聞いて、従順に従う」事が今回の?(これまでも?)書き換え事件に発展したのでしょうね。国家権力をも物ともしない機関が存在しない限り、このような問題は今後も起こり得ると思いますね。志を抱いて活躍を夢見ていた若者達が権力や圧力に屈しないように擁護するには、憲法9条云々の前に、政治そのものも、根本から見直さなければいけないのでしょうね。

    • ふるさと増税に猛反対した総務省の官僚は菅官房長官に飛ばされました。年金制度も、自分たちの年金は次の世代へ
      年金支給する制度は必ず破綻すると、団塊の世代の高齢化を見越して発言したひとたちもいたのに。余った年金を
      天下り先や社保庁が全国に保養施設をつくってバブル崩壊とともに二束三文で売却。役人で誰一人責任を取ろうとする
      役人はいません。民間から見たら横領でお縄頂戴。

  2. ピラミッドの底辺の英知。

    才能が有っても、英知が有っても、報われない若者も居ます。しかし貧富の格差が広がるばかりの社会では、個人の思い通りにはなりません。ツテであったり、コネで有ったり、二世三世であったり、学業成績優秀だったり、海外の著名大学卒だったり、有名人の子息令嬢だったり、帰国子女だったりと、貧乏人や苦労人の居ない国のトップに位置するエリートたちが、果たして社会の貧困や福祉問題や労働者や片親で子供たちを抱える人々の暮らし向きを改善する事が出来るのでしょうか。エリートの発想ばかりではなく、報われないが底辺の人たちの声を直に聴いている若者たちの意見や考えの方がむしろ、次世代への解決策のヒントになるのではないでしょうか。ピラミッドの頂上も底辺の無数の石がしっかり支えているのですから。

    • 無数の無名の石ですね。エリートは、本当のエリートはもっと苦労人のことがわかりますよ。官僚を2年間、農村で
      労働させる義務を負わせるといいですね。エリートも辞めればタダの人ですが、いつまでも過去の組織にしがみついて
      自尊心を保って威張る人が多いのは迷惑ですね。私自身、底辺を知らないからのんきな言説をしているのかもと反省し
      ます。

  3. 核家族から三世帯へ。

    身体が健康で有れば、出来る限り働いた方がいいですね。その方が生活のリズムも整って結果として健康にもつながりますからね。社会参加することで、認知症などの予防にも役立つと思いますし、更に家族の為にも社会の為にも貢献する事にもなりますね。核家族化と言われて久しいですが、現代の貧困社会には、住宅問題の解決法の一つとして、三世帯など大家族で支え合って生きて行く事も大切ですね。

    • 3世代や4世代で住める家族ってすごいですね。会話力や相手への思いやり、ケンカの作法、助け合いが家庭で学べる。

  4. インディアン、ウソつかない。

    若き官僚の卵の方たちが、今の政治の猿芝居をどう見ているのか?ですね。人間の基本は「嘘をつかない」インディアン精神で有るべきですね。ウソの上にウソを上塗りして(書き換えて)どれが?本当のウソかもわからなくなるくらいに膨らんで、国民注視の国会でシラを切って見せる。昔から彼らが見せる開き直り戦法ですね。答弁も官僚や腰ぎんちゃくの秘書辺りが作った作文を読み上げ、漢字を読み違えたり、見下した放送禁止用語にも近い比喩や単語を使ったりしてボロを出す始末。国民に選ばれてバッジをつけ、与党に属し、地位を得た途端に人格まで変わる人たちの多い事。まるで操り人形かロボットの如くコントロールされていますね。党の方針、党首に寄り添い、または党内派閥でつるんで、個人の優れた発想や、新しい時代に向けた政治の在り方や意見までも封印して居ないでしょうか。日本の花、桜の季節です。ウソ(鳥)が花の芽を食べつくさないように祈るばかりです。

    • 『人を殺さない』『他人のものを盗まない』『相手が嫌がる姦淫はしない』この3つのことを生涯守るだけで
      いいのですがね。『嘘』はしかし、必要なときもあって病名の告知とか。国は100%、国民に嘘を言うから
      信用してはいけません。世界中の国家がそうです。法律に詳しい人はとくに危ないし、権力(企業・官僚・政治家)
      にとって都合のいいように法律は知らないところで変えられているはず。コソコソト。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>