ヒラフ側から羊蹄山、筆者撮影

桜満開の写真が大分から送られてきたが、北海道はまだ肌寒い。庭のベンチの雪囲いを外して、芝生の真ん中に移動した。エアコンの室外機を守っていたビニールも取り去り、いつでも暖房できるよう準備だ。雪もすっかり解けて春が近い。自宅前をニセコに別荘を買い、奥さんは自宅から土曜・日曜にニセコに通う優雅な定年族と挨拶。曰く『ニセコの別荘が現在、買ったときの値段の倍の価値を生み出している』と微笑んでいた。ニセコは私の父の故郷なので、死んだ父も現在のニセコを見て目を丸くしているだろう。爺さんはニセコに山を持っていたから、父が相続でもしていたら財産持ちになっていたかもしれない。あいにく次男坊で長男へすべて財産移動。『台湾人も別荘を求めてくるので、自分の別荘の近くも開発をしてくる。本当は回りにどこの別荘も建ってほしくない。景観が壊れるから』と。『スーパーの売上げも半端ではなくて、高級な牛肉を大量に買い付けに来る。バーベキューパーティを自宅でするのだろう。まだニセコは残雪が多いから外は無理だ。スキーの後に焼肉だ。』ニセコの不動産開発は、小樽の建設・土木業者を活気付かせている。リフォームも多い。手が足りないくらいだ。40年くらい前に東洋信販という会社(倒産)が医者向けに『ドクタービレッジ』というネーミングで別荘販売を始めたが失敗した。原因は積雪量が多過ぎて、インフラ整備も遅れていたから。1昨年、比羅夫のホテルに1泊した筆者は『ここはどこの国?』という印象であった。無国籍風のエリアが出現しつつある。ご存知のようにニセコは作家『有島武郎』の農場があったところ。戦後、有島農場を小作人に開放して、自身は自殺した。ニセコは元々反抗的な気風を育てるという。そういう意味で長野県の信濃に似ていると筆者は密かに思っていた。ここの元町長が現在、立憲民主党の逢坂誠二さんである。ここの雪でスキーをしようとやってきたのが南半球で豊かな暮らしをしているオーストラリア人である。彼らが呼び水となって、中国・台湾・カナダ・アメリカから続々やってきた。スノボ大好きな浪速からも季節限定『たこ焼きや』で日銭を稼いでやってきた。ニセコの小学生はスキーを上手に滑れるよう、年間3000円でリフト乗り放題。クラスには各国の子供もいてバイリンガル環境に慣れている。5年10年20年したら、ここからまた世界へ飛び出していく人が生まれるかもしれない。

  1. 世界のニセコ。

    ニセコのホテル関係の仕事で行く事がありましたが、確かに昔のイメージと違っていました。冬場のスキーも民家のようなロッジに宿泊した事もありましたが、今では高級ホテルかコテージが主流のようですね。まるでサンモリッツか?と。北海道の良さは厳しさと隣り合わせですが、その厳しさが観光資源になって居るのも不思議です。世界の富裕層の一部の人たちなのでしょうが、自国に無い魅力がニセコには有るのでしょう。我々には程遠い話ですが、新しいイメージのニセコも、地元経済が潤うのであれば良しとすべきなのでしょうね。

    • ニセコは別な世界ですが、旧人(元勤務の社長)は金の使い道がなくてヒラフに別荘をつくり100坪の農園を作りました。
      しかし、ゴルフもするので2週間に1回、JRで札幌に来て、過去の部下たちとゴルフ&酒飲みを過ごす日々。70歳を過ぎて
      体力も衰え、恋しいのは人ばかり。威張り癖が取れないので、地域に知り合い(飲み友達も含めて)をたくさん作ればいいのに
      。自分を元社長と認識させてからでの付き合いでは、誰も相手にはしてくれないのがわからないのです。運転免許もないので移動は
      バスとJR.ゴルフは昔の部下を札幌駅に迎えに来させます。そんな時代錯誤もニセコに住んでいる話でした。化石の社長です。

  2. 自慢ネタを沢山持っている人たちは、自慢する相手が欲しいのですね。それも同じ話でも辛抱強く頷いて聞いてくれる人や付き合ってくれる人を周りに縛っておきたいのでしょう。付き合いゴルフや遊興費を投資してくれるなら別ですが、金の切れ目は縁の切れ目で、ケチケチしだしたら、次第に人も離れて行くでしょうね。何の得も無いのに同じ自慢話を何度も聞かされるのは疲れますからね。僕も宝くじでも当たれば、あぶく銭を別荘にでもつぎ込んで自慢話を始めるかも知れませんけどね。正夢になればいいですが。夢は正夢?どっかで聞いたような。

    • 普通になれないおっさんばかりで困ったものです。昨日、札幌駅北口の駐車場30分300円のところで6時間止めた
      ので3600円請求されると思ったら、(妻の病院検診で長くなりました、なんとか安くなりません?)と言うと、長時間
      駐車1200円でOkが出ました。おじさんに感謝です。いい人たくさんいますね。これが駅の南口だったらどうか?筆者は
      札駅北口生まれなので神通力が発揮されたのか?

  3. ラッキーでしたね。値切るのは僕の妻は旨いですよ。市場に行けば「お兄さん!お兄さん!」自分よりはるかに年上のオジサンに、しかも2回お兄さんを強調します。「、お兄さん、これ幾ら?」、「600円だよ!」、「じゃあ、二つ買うから千円ね!」ってな具合ですね。いつもこれで、恥ずかしいので他人の顔しています。でも、僕も経験がありますね。小学生の娘を車に乗せてフェリーで田舎の90歳を超えた父に会いに行き、真夏だったので何十年ぶりかの海水浴に連れて行きました。敦賀の松原海岸の砂浜に最も近い駐車場に入れようとすると、係りのお兄さんに遠くの駐車場に行くようにと断られました。そこで僕は「札幌から、体の弱った年寄りに海を見せたいと思って来たんだけど、何とかならない?」と?即OKでした。父は隣町に住んでいたのですが、札幌ナンバーが水戸黄門様の印籠になりました。

  4. 駐車場不足で料金値上げ?。

    サッポロファクトリーの駐車場は1時間無料ですから、こまめに1時間前に出して、直ぐ入れれば、駐車場代はかかりませんよ。でも面倒ですけどね。でもファクトリーで食事したり映画を見れば3時間無料ですからいいですね。札幌駅北口と言えば、エスタの駐車場にクルマを入れてサッポロライオンあたりで食事して駐車券にスタンプを貰うと無料だった記憶があります。大丸百貨店は?どうでしたかね。この頃行かないので分かりません。最近は1時間600円とか900円の駐車場もあるようですから気を付けましょう。駐車場不足で料金値上げとは?まさに足元を見られていますね。

    • 映画を見るには最適な駐車場ですね。それにしても中心部の車の乗り入れは、駐車違反取締り・みどりのおじさん集団
      がぐるぐる回っていて気味悪いです。クワバラクワバラ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>