いま現在の自分の子どもの活動がスマホで観察できる。娘の子どもの通う幼稚園では、全国にもたくさんあるとは思うが、教室や体育館、外遊びのグラウンドについているカメラで観察ができる。はじめは興味本位で娘も見ていたが、途中で馬鹿馬鹿しくなって見るのは止めたと言っていた。

小学校で監視カメラ機能が各教室に設置でもされたら、誰がいじめているかまで目視できることになってしまう。生徒の学校生活もたえずカメラの設置場所を確認しながらの行動になってしまう。校内で事件が起きれば、その記録映像を再生して事態を見ることになる。証言よりも主観が入らないので客観精度は上がるかもしれないが、人間関係や信頼関係はズタズタになる危険性もある。教師までそのカメラを意識しての授業になるかもしれない。

マイカーにも前方にカメラを着ける人が増えている。タクシーはもちろん、コンビニ・街頭・エレベーター・自宅の玄関は以前からあるが、そこらじゅう監視ばかりで自由さや誰からも見られていないゆったり感が損なわれてしまう。自分のパソコンにあるカメラ部分も誰かに覗かれているだろう。位置情報も知られているわけで場所まで知られているわけだ。

スマホもそうだ。位置情報があるから紛失したときにどこに落ちているか発見できる機能があると思えば助かる機能だ。写真1枚の投稿でも何月何日どこから送ったことはすぐに特定される時代である。地球の外を回る通信衛星のカメラで地上の人を観察できるのだから、それくらいのことならわけなくできる。タクシーの運転手と話すと、公園の横で休んでいると『何号車、そろそろ休憩を切り上げなさい』とユーモア交えて無線が入ることがあると。『おちおち休めない。ドライブレコーダーで現在位置を読まれている。食べている食堂まで知られてしまう』と。

刑務所を仮出所したときに保護監察官から行動を見張られる人のようだ。社会があちこちで刑務所化している。以前に、私はこのブログである企業で室内に監視カメラを設置して、全社員の行動を社長室で監視できる企業のことを書いた。仕事中にネットサーフィンで買い物やオークションをしている女性がいたからだ。パソコンの画面もズームで見れるから、仕事以外には使えないプレッシャーを与える。社長がいないときは総務部長が代行するので手を抜けない。いったいこれって『本来の仕事』『信頼関係』と真逆な時間の使い方、気の使い方、経費の無駄使いを誘発しないか。そこの社員に聞くと、社風は風通しは最悪だと告白していた。

以前、私語を禁じる企業の話も書いたことがある。連絡はメールで行うよう社長の指示である。社内はキータッチの静かな音だけがサクサク聞こえる。朝からワイワイガヤガヤが減って、偽うつ(本うつ)診断が増えてきている気も筆者にはするのである。監視カメラを設置した社長は仕事中、単身ゆえスーパーで夜の食事の買い物をする。

  1. 1億総カメラマン時代。

    監視カメラもさることながら、高齢者や若い女性たちが、やたらと高価そうな望遠レンズやズームレンズ付きカメラをぶら下げて歩いているのが気になる。一体・あんなレンズで何を撮ろうと考えているのか理解に苦しむ。スマホもカメラ付きだから、みんながカメラを使って、やれインスタ映えだとか、やたらと撮りまくる。フイルムカメラ時代に元写真マニアだった僕はこんな時代に嫌気がさして写真をほとんど撮らなくなってしまった。むしろ毎日が不安になっている。誰かが自分を撮って、変な投稿でもしないか?と。

    • 自分を危険にさらしながらの報道カメラマンには憧れたことが10代末に筆者にはありました。現場から記事と写真
      を送る仕事です。『この写真、カメラマン、泣きながら撮影しているな?』と感じる写真もあります。報道写真ですが。
      そうした時代から見るとSDカードで連写やスマホで動画含めて凄い数が撮影されてますね。写す時は映し手は向こうに
      ガラスや鏡がないと隠れます。モデルの写真は、モデルさんからカメラマンへの信頼感が表情に出ます。風景や食べ物撮影に
      は撮影者は匿名になります。匿名性といえばSNSもそうですが、匿名記事の氾濫現象に通じることがあるかもしれません。
      私たちの財布の中もある機関から見たら筒抜けです。プライバシーはもうない時代に入っています。お金のある人は自宅床に
      一時埋めておくといいですが、自宅にカメラを付けられると、それも捕捉されるから『タンス預金も困難』になるし、夜にH動画
      を見ていても、それも監視される時代がやってこないとも限りません。カメラなくても音声録音がスマホについてますから『ヤバイ
      つぶやき』も拾われる・・・・嫌な時代です。便利の後ろに暗い闇があります。

  2. 双方向カメラ。

    幼稚園や学校に監視カメラを付け、子供や保育士や教師を観察してクレームをつけるなら、いっそフェアに、その父兄の自宅にも監視カメラを付けたら良いのでは。モニターはもちろん保育園や幼稚園や学校の担任の教室です。問題点はどちらにもあるはずですからね。家庭での教育は大切ですからね。喰っちゃア寝の主婦なら、厳しいでしょうね。皆んながカメラを避けて行動するか?もしくは、カメラに向かって芝居するか?どうでしょう。

    • 家族関係と家庭の環境から、人間が外に出てくる(出てこない)が始まりますから、そこでの日常を観察できればどういう
      子どもなり、どういう夫婦関係と子どもとの付き合いがある(なし)も見れるから、こっちが大事でしょうね、わかります。
      しかし、このカメラを一体誰がどういう目的で見るのか?わかりませんね。家族全員で後で見るのが一番いいとは思います。
      『母さん、あのときはああ言ったが、言い過ぎでごめんね』とか反省材料に使えればいい。お父さんは暗くならないと帰宅
      しない(笑い

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>