DSC05085

山川出版「ペストの歴史」(2500円 宮崎楊弘1940年生まれ)は2015年5月に出版されている。いざとなった時の危機管理にも言及している。9.11や3.11の悲惨な事件を念頭に置きながら筆者は書いている。この本を書くのに10年費やしている。ペストの歴史ではあるけれど、疫病史に限らず、人はどう振る舞ったか、都市国家はどうなったか、ペストのお蔭で近代国家ではあたりまえの検疫制度や公衆衛生が発達したこと、言いにくい話だけど、誰かが死ぬことで財産持ち、大金持ちが出現したのも現実。誰かが損をして誰かが儲ける宝くじや競馬や株の世界に似ている。誰かの犠牲の上で誰かが繁栄している。生命保険で、急に贅沢な暮らしやリフォームを始めたり、豪華な海外旅行をする人も実に多い。


有名人のスキャンダル発生で週刊誌が売れて、テレビの視聴率が上がるようなもの。ペストの時代、正式な相続人がおらず、全家族死亡の家に泥棒に入れば、金持ちに成れる。

ペストはWHO「世界保健機構」によれば、1984年から1992年まで1万30件起きて1201人が死亡している。大多数は腺ペスト。モンゴル、中国、カザフスタン、イランだ。インド、ミャンマー、ラオス、ベトナム、インドネシアも要注意だ。アフリカでも注目はマダガスカル。2012年のペスト患者256人、死亡60人。現代のペスト死者の60%はマダガスカルだ。南アメリカにもペスト菌はあるし、アジアからサンフランシコへ、ペスト菌は定着している。


最後は、ペストが生み出した文学・絵画・音楽・演劇といった文化遺産について。ボッカチオ「デカメロン」はペストを避けるため10人の男女が10日間に代わる代わる一話話して合計100話の話をする物語。英国デフォーの「ペスト」。フランス詩人ロンサール、フォンテーヌの「寓話」。近現代ではエドガーアーランポー「ペスト王」コナンドイル「ナイジエェル卿」。イタリア・マンゾーニ「婚約者」なんといってもカミュ「ペスト」ペストはファシズムの隠喩として使われている。

絵画でもラファエロ、ダビッドが「マルセイユのペスト」を書いた。スペインのゴヤも「ペスト患者の施療院」を描いている。映画ではエリアカザン「暗黒の恐怖」、イングリッドベルイマン「第七の封印」。音楽でもリスト「死の舞踏」サン・サーンス「死の舞踏」ドビッシー「聖セバスチャンの殉教」。最後に、当然、ペストが流行するとキリスト教への信仰が高まる。したがって膨大な寄付が集まるようになって、教会を新しくする資金として使われ新しく礼拝堂を建築して、自分たちの祈りの場を立派に大きくしたのである。レンタルビデオに行くと、感染症で人類危機話がたくさんある。(注:不安を煽る事は新興宗教の財源になる)


 

  1. 都心の資産家と田舎の貧乏人。

    確かに、人は他人の犠牲の上に生きている。疫病では無いが、我が家も東京空襲で家を失った。奪われたと言っても良い。役所も登記簿も何もかもが瓦礫となった街には勝手にバラックを建てて居住権を主張する者や、都心の一等地にロープや垣根を作って住み着いた軍関係者や政治家たちも多い。富を築いた都心の地主は大抵そんな裏の過去を持っている。一方土地を奪われたものは田舎に疎開して、よそ者扱いされながら貧しい暮らしを強いられた。福島原発事故も罪もない人たちが今も犠牲になっている。こんな場合、神の悪戯などと、何でも都合よく神の仕業に片づけてしまってよいものだろうか?。

    • 土地は占有権だけが勝負のようで、たまたま(ずるく)『この場所は私のもの!』と宣言すれば所有になる。遊牧民ならあちこち
      歩き回るから、すべてが共有地でした。農業の開始と水利権が始まり、働かなくて搾取する管理層がさらに出てきたり、土地の大きさ
      と収穫量で貧富の増大が始まってます。スタートが不平等ですからいつになっても終わりません。空襲で土地台帳がなくなってもやはり
      ロープで『ここは俺のもの』は古代人間と変わりませんね。

  2. 無菌シェルター。

    ペスト菌は今でも世界中に子孫を残しているんですね。つまり、休火山のごとく、次の活動への体力温存なのかも知れませんね。自然災害や人災や戦争などをきっかけに疫病は蔓延しますから、世界各地で災いの予兆も感じられるこの頃、ペスト再来などが起きませんように。今後は、全身を覆う宇宙服のようなファッションや、ハリケーンの多いアメリカのように、地下に医療シェルターや、無菌緊急避難施設などが必要になるかも知れませんね。移動するクルマも施設や自宅に消毒薬剤のシャワーや、牧場の入り口にあるタイヤを消毒する消毒液プールも。今日も黄砂に交じってPM2.5も飛来してきますが、雨風や渡り鳥や飛行物体が媒介する有毒物や細菌は防ぎようがありませんね。地球上にとどまらず、混雑を極める宇宙にまで影響が及べば、もう地底深くか、深海の海底に住むしか方法が無くなりますね。

    • 地震の根室沖が騒がれています。30メートル以上の津波が釧路・浜中・厚岸に来襲とTBSが番組を作ってますが、キー局
      自身、大丈夫なのでしょうか?東京なんて海抜ゼロ以下も多いし、関東ローム層で揺れの伝導も高いから、津波あれば地下街も
      電車も阿鼻叫喚の様子が目に浮かびます。他人事のように(福島原発は東京市民の電力需要と東電の金儲けを守る電力基本法)
      報道しますが、あなた自身の身が危険なんですよと言いたい筆者です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>