健康病の恐ろしさ・健康帝国からの脱出

これは伝染性を持っていて、他人に伝染させることを生きがいにしている。そして自分は正しいと思い込み、周りを健康情報で蔓延させる。いまのテレビ番組や新聞はほとんど感染状態で、特効薬は番組を切ること。新聞購読を止めて自衛策を講じる。

 

本屋へ行っても「健康」と名のつくコーナーへは近づかない。タバコが本当に肺がんの元凶とは思われず(筆者の見解、向かいの94歳のおじいちゃんが毎日ヘビーに吸っている)、むしろ車の排気ガスが原因だと思うが、自動車産業に従事する社員の数、石油化学に従事する人たち、GDPに占める%の高さ、過疎地域の足の手段、観光やホテル、修理場やディーラーで生活の糧を稼ぐ人たち、車の膨大な広告費で高い給与生活を維持しているテレビ局社員たちを考慮すれば、多少の健康の害は(二酸化イオウ排出など)目をつぶって、タバコ産業が生け贄になったわけである。そういう偏見を私は持っている。

 

このブログでも「健康帝国」で作文を書いたが(4月3日)、ほとんどの製薬メーカーを回り、営業マン(MR)の方々と余談をしたり、禁煙外来を設けるに至るまでに「日本医師会へ」膨大な寄付が製薬メーカーから寄せられていること。依存症と位置付けて病気にすれば、健保で薬を処方できて莫大な利益が薬メーカーに入る。国民皆保険であるがゆえに、薬メーカーは、薬好きな国民とあいまってモルモット状態にしている。病院と共犯関係にある。

 

たとえば、血圧降下剤がボケ人口を増加させているとしたらどうだろうか?血圧が高くないと血流が十分に脳へ回らない。高血圧者の方が長生きだと言う統計も出ている。コレステロール値もLDL(総コレステロール値)が140m/gmを超えると「はい、薬を飲みましょう」だ。ある学者が5000人のコレステロール値が140を超える人を5年間、追跡調査をしたら、低い人の死亡率が高い人より5倍高かった。コレステロールの場合、遺伝性以外、この数値はたいして意味がない。

 

意味がないことに、生活をかける開業医、薬局、薬メーカー、薬問屋が税金とモルモットである国民を食べている図式だ。加えてサプリだ。知人の奥さんが健康食品マニアで、山のようなサプリメントを食べていたが、あるとき脳梗塞で倒れた。手術して治ってから「もう、サプリメントは信用しない。金返せですよ」と見舞いのときに言っていた。

 

必要のないものを必要なように洗脳して売る商売。健康が絶対神であるかのような宗教の跋扈。どうにかならないか?「私は健康志向ですよ・・」といわんばかりに走っていたり、自転車乗ったり、「自分大好き、自分の健康だけ大好き人間」のナルシスト集団が今日も町を闊歩している。他人への説教だけはしないでね。どんな健康人も寿命が来たら尽きるのだから。

病は気から、気は病から。体は健康だが生き方は不健康も困るし、病の体ながら素晴らしい生き方をする人もいる。

  1. 人生いろいろ。サプリメントもいろいろ。

    「サプリメント」。何と響きの良い、「エコロジー」にも似た、近代的で素敵な流行語なんでしょう。「サプリも飲んでいるわ」と女性が言えば、一瞬!「美容と健康に気を使っている人なのだろう」と錯覚してしまう。またサプリ派の人たちは、それが健康法だと信じているのだろう。言葉を変えれば「健康食品」だってサプリのようなモノ。サプリに比べて少し響きはダサいが、判りやすいから、高齢者には受け入れられやすいのだろう。サプリも、健康食品の流行も、製造・販売業者のビジネスで、それだけ不健康と思いながらも長寿を望む人が多い市場だから成り立つのでしょう。生命保険にも似た、人間の命にお金を掛けるビジネスには違いないですね。出来るだけ長生きしてお金を掛け続けさせるところも似ていますね。毎月引き落とされる保険掛け金もサプリメントでしょうね。

    • 健康について考えなくて、日常を送ってる人が一番健康ですね。お金について考えず、生きられる人(英国の中流階級)が金持ち
      であるように。健康はパーツパーツの故障を修繕していく(または使い物にならなくなる)営みで、あちら直ればこちら故障。加齢
      とともに、目が悪くなり、耳も聞こえず、他人の名前や具体的な名称も忘れ始め、足腰痛くなり、歯もかめなくなり、反応遅くなり
      例を上げればきりがありません。この弱点をついて健康産業が跋扈しているわけですが、CMを大量に流せるのは、商品原価が超安い
      ものの証拠で、ここでも直接金銭を詐欺するわけではないですが、健康詐欺まがいの会社もたくさんありますから要注意です。

  2. 丈夫で長生き。

    「機械」。身近なところでは「クルマ」も余程日常の手入れや整備をしなければ寿命は短いですね。良く走る僕のクルマなどは7年も乗れば15~16万kmも走って、人間で言う「心臓」にあたる「エンジン」もバテて、オイル(人間なら薬)を大量に喰って、白い煙を大量に吐き、喘ぎ始め、点検整備(病院)にもお金が掛かります。機械ですら壊れるのですから、人間のような精密ロボットが壊れない筈がありませんね。日頃の点検・整備を怠らず健康で長生きしたいと誰しも思っているでしょう。そこに医療や薬が介在して居ますね。或る人はスポーツを健康法と考える人、健康食品や薬を摂取する事が健康法と考える人と様々ですね。共通して言えるのは「長生きしたい」と言う願望でしょうか。しかし、周囲の人や身近な家族たちは、健康志向のご本人の事を、一体どう思っているのか?は疑問ですがね。人間もクルマと同じで過激に走り過ぎない事が健康法なのかも知れませんよ。

    • いつまでも必要とされて生きられる人って、面倒見がいい(食事や掃除・洗濯をする)、金銭を持っていて暮らしを助ける、
      怒鳴らない、説教しない、ニコニコして『ありがとう』を言うことを忘れない。このまま長生きまで生きればいいのですが、そうは
      いかないのが世の常。誰しも悩ましいところです。ボケ勝ちという最後の手があります。車でいうと廃車です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>