保坂正康著『昭和史七つの謎』に『北海道社会主義人民共和国』成立の可能性について書かれていた。(講談社文庫100pから)東北の一部も含めて『東日本人民共和国』成立の可能性さえあった。

敗戦はご存知のように8月14日午前中の御前会議でポツダム宣言受諾を決め、連合国にその日の夜に打電した。アメリカをはじめ連合国は8月15日をもって日本軍への戦闘行為を止めるよう命じた。しかし、ソ連は日本軍は各地で抵抗、戦闘行為を止めておらず、戦争は継続すると宣言。旧満州国で8月15日以降もソ連の攻撃は続いた。ソ連はこの時点では、千島列島や南カラフト全土には侵入しておらず、16日には樺太防衛に当たっていた日本軍と戦闘に入り、千島列島を含めて占領するよう極東ソ連軍最高司令官から命じられていた。

さらに9月1日までに北海道の道北部分(留萌と釧路を結ぶ北部)を占領するために上陸部隊も用意されていたのである。もし、これが現実化していれば、ドイツや朝鮮とベトナムと同じような分断国家に日本もなっていたという史実がある。8月25日には樺太全土を制圧、28日はエトロフ島に上陸。9月1日は国後・色丹に上陸開始である。9月4日・5日は歯舞諸島制圧である。

私たちの歴史理解では広島&長崎の原爆投下で、太平洋戦争はすべて終わったように錯覚をしているが、満州や樺太、国後、択捉、北海道については当時スターリンの野望はまだ生きていた。9月2日に有名なミズリー号で降伏文書の調印式が行われたが、極東ソ連軍は以降も軍事行動を起こしている。スターリンは極東ソ連軍最高司令官へ8月15日以降も、軍事行動を指示していたが、ほかの連合国との対立の激化を予想をして断念する。

その代り、「日本軍のロシア革命後のシベリア出兵に対する報復も意味をこめて北海道を占領をしたい」気持ちがあったのある。トルーマン大統領は「千島列島の領有は認めるが、北海道への占領は許せない」と返信した。トルーマンはドイツと違い、日本占領についてはソ連の役割は低いと判断をしていたのである。ソ連のかけこみ参戦についての判断なのだ。

しかし、スターリンは8月22日回答に不満を感じつつも北海道占領を保留をさせた。そのかわり、ソ連は「極東に滞在している日本人を1000人単位でシベリアに送り込め」と命じられて、関東軍60万人がこの日以降、次々とシベリアに送り込められることになる。本来ならポツダム宣言に基づけば、兵士は日本へ返さなければいけないが、北海道占領を諦めた代償としてシベリア送りが始まったとこの本では書かれてある。そしてシベリア開発をさせて、思想も赤化させて日本へ送り込み、後々、社会主義化させようとした。

筆者が衝撃を受けたのは、元々、日本軍の徹底抗戦を唱える軍人がまだまだたくさんいたことで、彼らはソ連の軍隊を利用してまでも連合国と闘い続ける意図を持っていたことで、その兵士として、極東に残した関東軍も民間人もどこまでも利用しようと考えていたことである。そのためにソ連軍も捕虜への思想洗脳も激しく、収容所の中での日本人同士の対立もたくさん発生している。「ソ連、万歳!」と叫ぶシベリア抑留者も多かった。若槻康雄「シベリア捕虜収容所(上・下)」からの孫引きであるが「思想の独善を盲信する権力の恐ろしい爪痕とともに、日本人の無気力、非良心、便乗主義、裏切り、破廉恥などの醜い屍が累々と横たわるのを見るであろう」。

「スターリン万歳!」を叫ぶ日本人もいた。しかし、筆者として2018年5月、温かな書斎で、いかに残酷な言葉が書かれている本を読みながら、文明の利器のパソコンでブログを書こうと、収容所で寝泊まりをして何年も重労働をしている人たちには何事も言えない。ある意味、彼らは日本国から棄民されていたひとたちかもしれない。大本営の朝枝参謀が個人的とはいえソ連側に提出した文書を引用してブログを終える。シベリアに1000人単位の関東軍を送る決定をした後のことである。今後の大本営朝枝参謀の考え。処置と題する文書である。

「内地における食料事情及び思想経済事情から考えて、既定方針通り、大陸方面においては在留邦人及び武装解除後の軍人はソ連の庇護のもとに満州や朝鮮に土着せしめて生活を営むごとくソ連側に依頼するを可とする」。(同書116p)さらに「満州と朝鮮土着する者は日本国籍を離れるも支障なきものとする」。朝枝は大本営で戦後処理を行っていた重要人物なのである。

国民に愛情を示さない国、簡単に国民を捨てる国、沖縄においても、福島においても、東北震災においても、とにかく弱い人間を助けない歴史は戦前から今日まで、そしてこれからも続く気がする。夢を求めて南米へ渡った人たちもいた。現代の棄民は老人に対してであることは言うまでもない。

  1. 国境なき若者たち。

    北海道に来て暫くして書店で見つけた「北方領土」の書籍で知りました。そんな理不尽な行為がまかり通る時代だったのでしょう。しかし、元を正せば戦争を仕掛けた我が国にも大いに責任があります。戦争にはゲームのようなルールがありません。トップの考え次第で予期せぬことさえ起こります。そして今後も同じようなことが繰り返されるかも知れません。つまり現在においても北海道が占領されないとは言い切れないのです。でも、たいていの道民は、きっと「そんなことはあり得ない」と言うでしょう。
    それはジワジワと右傾化する国家に、誰も気づかないからです。外に目を向けてみればわかりますが、世界各国の主導者たちを見てもわかるように揃いも揃って過激派ばかりです。それに、愛国心など知らない若者たちは、世界各国から、ISなどの過激組織に志願さえするのです。そんな意味では既に国境は無くなりつつありますね。

  2. 昔、昔の少年。

    私も含めて高齢者が不安な国づくりが進んでいます。昔、「貧乏人は麦を食え」と言った政治家が居ました。今は「年寄りは介護保険など使わず、早くくたばれ」ですかね。高齢者は物が言えない時代です。なるがままに生きながらえて居れば良いのでしょうか。若者たちにも迷惑が掛からぬよう、老々介護でもありませんが、高齢者だけのコミュニティづくりでもしなければいけないのではないでしょうか。高齢者同士が助け合う、そんな街を作れればいいですよね。

    • 『年寄りは介護保険使わず、早くくたばれ』は本音だとしてもデーサービスや老健施設はつぶれていきますね。将来の経営を考えて
      老健施設が売られているし、倒産も始まってます。地域や子供たちが老人を大事にしてきました。いつのまにか、すべて孤立させられて
      家族だけに押し付けた結果です。ひとり暮らしの老人世帯では定期的に集まってマージャンやカラオケをしてますが、行きたくない
      老人も多いです。のんびり、1杯のお茶でおしゃべりが憩みたいですよ。

  3. ゼロ戦パイロットの弟。

    つい、七十数年前の出来事ですよね。歴史は繰り返すと、よく言われますが、国盗りゲームは繰り返して欲しくないですね。しかし既にそんな兆候は随分前から始まっています。尖閣や竹島のほか、領海侵犯や、領空侵犯、海底資源の奪い合い、海産物の密漁など、ひとつ間違えば戦争の火種に成り兼ねませんね。大戦が終わって概ね平和と錯覚しがちですが、今も大戦の尾を引いているのではないでしょうか。ただし国の力関係が、当時とは大きく変化していますね。

    • 国内問題の解消が戦争かもしれません。景気回復は戦争が一番です。アメリカの第二次世界大戦参戦は、背景にアメリカ経済の景気
      回復も伏在します。特需です。日本も朝鮮戦争で景気回復しました。ベトナム戦争でも儲けました。

  4. 信じる者は騙される。

    ロシアは北方領土を日本に返還する気はあるのでしょうか?経済交渉のかけ引きにばかり使われているだけですね。それもロシアにとっては大歓迎でも、我が国にとってはデメリットばかりです。お金を外国にばら撒くほど、我々一般国民は裕福ではありません。今月も住民税を収めましたが、暮らしは苦しいですね。返す返さないと随分年月が経過しました。しかし一向に明かりが見えないですね。それどころか、軍事施設を作ったりしているようですから、外交でのコメントなども真意が疑われます。まるで自宅の庭に、無断で隣家の小屋を建てられるようなものですね。国内では法の裁きも通用しても、国対国となると、まるで無法地帯ですね。

    • 国は信用してはいけません。これは何も日本に限らず、世界中の庶民が肝に銘じることで、アメリカ人だって国を信じてろくなことないと
      思いますよ。地域社会や自分を囲む狭いけれど、信頼に足るコミューン、友人が一番です。役所の中、企業の中、軍隊の中、学校の中、どこも
      筆者から見て孤立させられているようにみえますね。家族間でも孤立ごっこをしている風に見えますよ。横の人を信頼すれば信頼される。まずは
      そんなところから始めないといけないのでは思います。

  5. 年金老人
    アメリカのトランプ、中国の習近平を見ていると、なんだか戦争が近ずいているような感覚になります。
    安倍は相変わらずおろおろとトランプに縋りついていますがね。案外トランプと習近平は裏でこっそりと手を
    つないでいると思われます。日本が騙されないようにご用心。
    ロシア、北朝鮮は返す気のない北方領土と本気でやる気のない核非核化で日本から金を引っ張り出そうとしています。いっそ、北朝鮮には核保有結構ですどうぞアメリカを狙ってくださいと、日本は気の遠くなる金を出す気はありませんと宣言したらどうでしょうか。どうせ北朝鮮は日本にミサイルを飛ばしたって何のメリットもないですから、飛ばす気はないですよ。

  6. 最近、電気店では、格安の翻訳機の売り上げが好調のようです。何を言い出すかわからない世界には必需品かも知れません。でも、本音翻訳機があれば、もっと売れるでしょうね。国会答弁の傍聴に使いたいですね。

    • 本音翻訳機あれば、筆者は危うい場面に立たされる可能性大です。実際、本音で生きたら、ほとんどの人は死んでしまうかも
      しれませんよ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>