最近、裏方仕事について考える機会が多くなった。しかし、仕事はすべてもしかしたら裏方仕事がすべての中心ではないかなとさえ思う。約30年携わった広告の仕事もテレビCMになったり、新聞に掲載になったり、イベントが始まったり、企画のアイディアを出し、企画を練って、様々な分野の人と討論を繰り返し、自分の思いを伝え、それから泥だらけの営業(資金集め)が始まる。せいぜい2名ないし3名でチームを組むが、成功しそうな企画なら協力者が出てくるが、失敗する可能性の濃いものについては誰もついてこない。それぞれが自分の仕事を抱えての参戦なので難しいし、企画への思いは企画者本人が一番強いから、最後は自分ひとりで積み上げた仕事も多かった。「ウエブ進化論」という本を読んでいて、グーグル本社での働き方がどんなアイディアも自分で動かせる、見える形にしないと誰も評価はしない。働き方の2割は「アンダーザテーブル」で、だれも発想しないような仕組みやシステムを具体的な提案の仕事を義務付けられる。とにかく好きでないと務まらない。裏方の話に戻せば、裏方仕事が7割、いや8割できれば仕事は終わったようなもので後は流すだけで誰でもできる。仕事は準備と当日の運・不運で決まる。あと確認はし過ぎることはない。私はこれを怠って2回失敗している。間違いを修正できる仕事とできない仕事があるからこちらも要注意。講演会で当日、飛行機飛ばず講師不在もあったし(テレビ局にはニュースにするよう手配済み)、別な人が「私,話せます」と手を挙げてなんとかイベントは終わったが。冬のイベントは怖い。神経が休まる時がない。国家公務員を、また諸団体が突然「働き方改革」など電通の女子社員の自殺から、厚労省の仕事づくりでやっているが、トップになるほど泥だらけで働けば「働き方改革」はクリアーできる。部下に丸投げしないで、むしろ部下から仕事をもらってこなして楽をさせる生き方をすれば、風通しのいい職場になるし、セクハラやパワハラは減るだろう。メンデルの遺伝の法則を発見したメンデルは、修道院の片隅でエンンドウマメを植えて丹念に色と高さを記録を書いて、それを比べてようやくあるルール(規則性)を発見した。よそから見たら、こつこつ裏方仕事をしているメンデルである。だれも見ていない所でいい仕事をするコツ、そしていい顔になる秘訣はいい仕事を続ける以外にはないだろうと思う。男でも女でも。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>