日本人の寿命(時代・年代別)

Posted by seto

「将来、人間が百歳まで生きるようになったら、大半の人はガンで死ぬだろう」。ガンで亡くなったフランスのガン専門医の言葉。これほどわかりやすい言葉はない。いったい日本人の時代別の平均寿命はどうであったのか調べてみた。見る資料でバラバラな時代別の平均寿命(余命)。アバウトな数字で恐縮だが並べてみる。

紀元前11世紀~1世紀   縄文時代 男31・1歳  女 31.3歳(上の表では14歳)

弥生時代 男30・0歳   女29.2歳

古墳時代 男30.6歳   女34.5歳

室町時代        頭骸骨検査で 男33.1歳   女32.8歳

人骨検査で 男35.8歳   女36.7歳

18世紀          男女とも30代半ば(江戸時代は45歳説も有力だ)

19世紀          男女とも30代後半

1880年(明治13年) 男36歳   女 38歳

大正10年代       男42.6歳 女 43.2歳

昭和10年代       男女とも48歳(上の表参照)

1947年(昭和22年) 男 50.06歳 女43・2歳

1950年        男 58.0歳  女61.5歳(初めて60歳を超える)

1952年        男 61.9歳  女65.5歳(初めて65歳を超える)

1959年        男 65.2歳  女69.88歳

1960年        男 65.32歳 女70.19歳(初めて70歳を超える)

1971年        男 70.17歳 女75.58歳

1984年        男 74.54歳 女80.18歳

1986年        男 75.23歳 女80.93歳

2004年        男 78.64歳 女85.59歳

60年間で男は28.58歳、女は31.63歳平均寿命を伸ばしているという結果。ついでに現在はどうか調べると、2014年の統計で男80.50歳、女86.83歳だ。昔は疫病や飢饉、天災でたくさん亡くなったから、また出産時に死亡した幼児死亡や母親死亡も多かった。

大正10年代の40代になった背景に水に塩素を入れて殺菌することで赤痢や疫痢による乳幼児死亡率を下げたからという人もいる。どちらにしろ予防医学というかバランス良い食生活の成果か学校給食の普及なのかわからないが、すさまじい平均寿命の伸びである。

近藤誠さんの本を、フランスのガン死した医者に読ませたらなんとおっしゃったか興味深い。それにしても、近藤さんを首にせず雇い続けた慶応大学医学部の度量は称賛に値する。

 

  1. 寿命が伸びるのは、健康な高齢者にとってはありがたいが、一旦病気や認知症などになれば家族にさえ嫌われるのが現実ですね。優しい家族も居るのでしょうが、自分も亡き父母の看病もせず、姉に任せっきりだった反省もありますね。蓄えも無い自分がその身になったらどうしょう?と考えるばかりで、今のところ名案はありません。毎日の食生活などを気をつけて少しでも健康を保つようにはしているつもりです。しかし、このまま長寿国が続いて、若年層が減少すれば、働き手も減少するわけで経済さえ成り立たなくなりますね。やはり、これからは定年退職後ラクして暮らす時代では無く高齢者も仕事の現場に戻らなければ行けないでしょうね。

    • これまで定年のない職業は芸人、物書き、書家、画家、医者、弁護士、税理士、司法書士、主婦、俳優、農業、漁業、林業、
      そして自営業くらいでしたが、これからは棺桶に入るまで働かないとゆったりできないかもしれません。というのも一度、仕事
      を離れると、仕事の勘が戻るまで時間を要するからです。自宅にいないほうがランチ鬱の奥様へプレゼントにもなるので生涯働き
      たいものですが、私はせいぜい1週間で3日が限度かも。読書時間、ブログ書きも仕事になってます。せめて自分の小遣いだけは稼ぎ
      、人生の後輩たちに貢献できることがあれば残したいですね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>