逃げ道の効用・作り方。

筆者は家庭の中でさえ、逃げ道を探しているので、それを友人に言うと『自分の家なのに、休みはじっとしていればいいものをなぜ逃げないといけないの?』と聞かれる。幼少期から一箇所にじっとしていることが嫌いということもあるし、小学生のとき町内で中学生に3年間いじめられて、学校が安全で学校大好き人間という変わった趣向なので、自宅にいると情緒的に不安定になる癖が幼い時から植えつけられているのかもしれないが、こんな話、聞いたことはない。

どっちにしても、いやな場面やいやな人間から遠ざかることが一番だという話である。しかし、人間は面白いもので怖いもの見たさでわざわざ嫌な人間に近づいてゴマをすったり、ヘラヘラする人間で出てくる。結果、うつ病になったり、免疫力が下がってガンになったり、肉体的にやられる場合も出てくる。病気になるのは、自然体としてのカラダが病気になることでバランスを取るので、逃げ道が病気になるわけである。しかし、これは損に損を重ねることでもあり、賢い生き方とはいえない。

さらに逃げる人間を追いかける趣味を持つ管理職も多く(これ以外に実は仕事ができない無能が多いが)、外から見ると一見断定的に部下に命じたりする姿を『あいつはできる!』と感心してみる無能な経営者も多いから、犠牲はいつも逃げたい思いいっぱいの人である。大企業でこういう無能な人間、給与とプライドだけ高い社員を飽きるほど見てきたので。ここは断定しておきたい。したがって都心の神経科クリニックが予約満杯状況が続くのである。

日本の国会の中や霞が関に大規模神経内科を開設したら繁盛すること請け合いであるが、家賃が高いだけに、相当な種類の薬を出さないと経営上ペイしないから、国会内でチラシでも撒いて『嘘を言い続けると病気になりますよ。毎日、夢でうなされていませんか?そういうときは自宅まで往診しますからお電話ください』とか『嘘を言い続けると第二第三の財前五郎になりますよ。本音を吐いてすっきりしましょう。そのための精神神経バランス逃避所を開設しましたから、気軽にいらしてください。ヒーリング音楽を流してのきれいな女医さんいます』とでも知らせれば、首相と官僚が実は同じ時間に同じ場所で鉢合わせの危険がありますね。

アタマが正常な人が議員から消える日である。子供の教育に国会中継を見せるのは良くない。嘘は泥棒の始まりだとしたら、政府与党と官僚のトップは全員泥棒だということで、税金泥棒集団が国家の別名になってしまう。もともと国家とは泥棒に近い存在で、官僚と軍隊を維持するために住民台帳を作り税を徴収するシステムだとしたら、世界中の国という国はすべて泥棒国家といことになる。生まれたときから税という網をかけられたところに生まれてきたので

  1. ウソと言う鳥の大量繁殖。

    逃げ道がなければ息が詰まって精神もやられてしまいますね。個人個人で逃げ道の作り方に違いはあるものの、誰にでも有ると思いますね。意識的か無意識かは別として。逃げ道を塞ぐと、短絡的行動に出たりしますから、逃げ道を持つ事も大切なんでしょうね。ただし、国会答弁でのウソの逃げ道はいけません。神も仏も信じない日本では聖書などに手を置いて真実を述べるなどしませんから、ウソの付き放題ですね。ウソが大量繁殖すると、桜の新芽を食い尽くして日本の象徴の桜花も咲かなくなります。この辺で枯れ木に花を咲かせる爺さんでも現れないですかね。

    • 逃げ道をつくってあげるのも大事ですね。追い詰めるとかえってこっちが怪我をするケースが多いです。いい子が
      危ないのは、知らず知らず、彼らを周りが追い詰めているからかもしれません。

  2. 名無しの老人
    ウソは泥棒の始まりと云いますが、安倍首相のウソは日本の恥ですね。
    この人には逃げ道を作ってはいけません。
    とことん追いつめて、政権から去って行ってもらいたい。
    保身のためのウソをつくと、将来はみじめになるのかと、子供たちへの道徳教育としてほしいと思う。

    • そういえば、乳腺外科の院長も(匿名さん)と同じことを言ってました。『早く辞めて欲しい』と。『悪例を作ってしまう』。
      (恥ずかしさ)という美徳が欠如している珍しい日本人の亜種ですね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>