50歳のときに急性心筋梗塞で倒れ、産業医の誤診のおかげで心筋の30%を壊死させてしまった筆者であるが、疲れやすいのは60歳を過ぎて顕著である。しかし、主治医が言うのには、『疲れたら横になる。横になると心臓の動きが穏やかになり、負担を感じないで血液を送ってくれて、水平になればなるほど心臓は喜ぶ』という言葉だ。母親のおなかの中から心臓は動き出して、死ぬまで鼓動を打ち続ける驚異の臓器、心臓。時速約200キロのスピードで血液を全身に送るのだから、彼らものんびりする時間が欲しいというもの。横になる睡眠が一番好きらしい。

垂直に立つ姿勢は、血液を上下に走らせるから心臓の圧力も高くしないと足先まで行かない。カラダが水平になると川の流れのようにスムースに血液が運ばれて楽になる。ベッドに横になる昼寝が最近多くなったのは、心臓が老化して休みを私に求めているのだと解釈している。魚や動物に心臓という臓器がないと一日として生きられないが、庭の植物や樹木には心臓がなくても生きられる。地下から水や栄養を吸い上げて日の光で成長する。生き物の戦略からすると植物のほうが賢く思えるのは私だけだろうか。しかし、植物は動けない。そこで咲くか、種を遠くへ飛ばすか、虫に受粉させるか、他の動物に食べられるかの運命である。これも考えてみると悲しい。

心臓の話からそれてしまったが、焼き鳥屋では鳥の心臓を食べる。インカ帝国ではいけにえの人の心臓を太陽に供物する習慣もあった。心臓をハートというのも、ハートを心と翻訳するのも、人間の本質はハートにあるという神話(?)でルネ・デカルトも、心の場所を心臓に置いた。最近は、特定の部位が人間にとって大事という理論より、全体が全体を支える考え方が主流である。心臓にしても大きさ的には自分の握りこぶし大ではあっても繋がる動脈や静脈があって、さらにピクピク動く心筋と神経があって臓器の役割を果たすので、どれか一つが狂うと全体が止まったり、狂う。そのバランスを取るためにも、心臓に休暇を与える『水平になるということ』『寝るということ』は、生きつづけるため必要なことはいうまでもない。硬い板間でもいい、横になろう。

  1. 精密機械ロボトミー。

    幼少期に田舎で育てられた僕は、歩いたり山登りしたり走ったり流れのある川で泳いだりが得意でしたが、寄る年波には逆らえず今では階段も3階まで昇れば息が切れるのです。水泳やジムやゴルフをしていたのは50歳くらいまでで、その後は急な体調変化ですっかり弱くなり、一時はホルターをつけて何度か出勤したほどでした。二段脈や不整脈の症状でしたが、病気は気からとも言われますが、タバコを止め、自営に転向したり転職をしたりするうちに精神的にも安定したのか、階段がキツイ以外はすっかり回復しました。でも精密機械のロボットですから、これからも出来るだけ大事に使わなくてはいけません。ムリせず、そして甘やかしすぎずに。

    • 私も階段は苦手で健康のために歩き気はありません。いかにしたら楽をできるかでエレベーターを使います。子供の
      ときから山登りも嫌いでした。心臓病をしてからますます歩かず、営業に出てもせいぜい1万歩以下です。べっどで
      じっと寝ているか、庭のベンチに腰掛けてバラを鑑賞しながらブログねたを探してるとほっとします。甘やかしてばっかり
      います。

  2. 私はどこでも直ぐに眠る事が出来る得意技の持ち主です。ガタゴトと轟音を立てていた機織り工場の隣の学生寮でも、SLが引く列車の中でも、すぐ隣でTVの音がしていても、どこでも眠れるのです。ただ困るのは運転中にも眠くなる時があるのです。普段の睡眠は1~2時間おきに覚めては眠り5~6時間目には必ず起きてしまう世間一般で言うレミ睡眠のせいかも知れません。最近の流行語で「睡眠負債」とかはTVに出演する医者たちが危険信号とか言って脅されていますが、私は身体の欲するままに眠り、自然のままに起きることでバランスが取れているのではないかと思うようにしています。小刻みですが横になる時間は短い私のように、人により違いがあるでしょうが、本人のバイオリズム通りに身体を休めてあげるのが大事ではないかと思いますね。それにしても人間は思い通りに生きる欲張りで不思議な生き物ですね。

    • 私は場所が変わると寝付けなくて困ります。旅には弱いです。青森から大阪まで寝台特急3段ベッドの最上階で起きて
      ました。眠れない。飛行機も寝たことがありません。旅に弱いくせに旅が好きでした。面倒な男です。医者の言うことは
      医者同士の統一見解は少ないです。血圧も老人は高血圧のほうが長生きであると見解が変わりました。高い血圧は大脳に
      血をたくさん送ることができるからだと。160くらいまでなら降下剤は呑む必要ないかもしれません。下が100を超えると
      危険ですがね。しかし血圧も10分おきや事件の有無で変わりますから、テキトーなものです。ゼロになると死ですが。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>