毎日、楽しみに読んでる読者がいて幸せな筆者であるが、私的なことに忙しく、読書時間が物理的に取れないのがきつい。これまでブログに集中できたこと自体が不思議な感じがする。ブログの語源が航海日誌ということらしいので、ずっと船員の私が船酔いにあっているか、海原の悪天候で書ける状態ではなかったのだろう。しかし、ブログをしていて、『更新する』『バージョンアップする』とWORD でPRESSで何度もお目にかかる文字であるが、どこをどう更新しているのかさっぱりわからない。しかも無料で(年間少しの回線料は払っているが)使えるから、こちらから勝手な要求はできないが、気持ちのいいものではない。無料で使える、無料で読める、無料で遊べる、無料で配られる。その無料の代償は『電気を食う』『自分の氏名とアドレスが相手に伝わる』『広告がやってくる』『知らない人からメールやイタズラが来る』最悪は『盗まれて悪用される』である。それを専門にしている人や組織があるから恐ろしいことである。しかし、それを誰に幾らで売って生活費を稼いでいるのだろうか?盗んでもそれを買う人(企業)があって成り立つビジネスで、そのあたりの闇に詳しい人の投稿を求めます。無料で何でも応募すると『受信拒否』を早めにしないとしつこくメールがくる。風邪のウィルスも薬の進化に比例して年々歳々、バージョンアップしていくらしい。そういう意味では、私自身、生きている時代から乗り遅れた人である。アナログ的な人生観そのものである。しかし、どこか時代から乗り遅れていることを誇りに思っているところもある。同じ方向に多数が走り出したら、私は逆を行きますよ・・と生きるのも悪くない。社会全体がヒステリーになっても冷静に俯瞰できる人でありたいものである。

  1. ブログは日記に違いないですが、強制されたり、義務も無いですから、書きたい時に書き、書きたく無い時には書かない。それでいいと思いますよ。物事には、優先順位が有りますから、ブログはさほど重要だとは思えません。むしろブログで連載小説などとなれば本格的で、読者の期待も一段と大きくなると思いますが。

    • 私のブログ含めて、世界中で各国言語で書かれるブログはいったいいつまで保存されるのだろうかと思いますね。どこかで捨てないと
      表現のゴミの山になってしまいますから。機械にとってはキツイね。

  2. 昔は紙に書いて残したのですが、今ではペーパーレスで、皆んながPCやスマホ画面にタイピストよろしく文書を打ち込めますから便利になりましたね。僕も今朝は病院の待合時間にブログにコメントしたくらいですから、どこでも文書を書ける環境になりました。それだけに、猫も杓子も言葉ではなく文書で伝え合っています。言葉と違って、少し大胆な文書が多いのは、顔が見えないからでしょうね。面と向かっては、とても言えない事でも文書なら平気で書けますからね。でも、そんな文書も、実はその人の本音だとも言えますね。

    • とにかく現代人はよく書きますね、絵文字も使いながら。動画の投稿や写真の投稿&採用で稼いでいる人も多いらしい。そろそろ私の
      ブログにも広告を品良く入れて、小遣い稼ぎでもしようかと、年金の足しにして、宝くじでも買おうか考えましたが、はじめの志を失わず
      日本で一番美しいブログにしたく存じますので、広告は入れません。1億円積むから頼むといわれたら、少し考えますが、そんな価値は
      ありません。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>