渡辺京二さんの『無名の人生』(文春文庫 156~157)に、ヴェブレン(経済学者)が引用されていて今の社会に見られる経済現象を(衒示の経済)(衒示とは見せびらかしの意)と命名した。富裕層は多くの贈り物をすることで自分の勢力(金や権力)を誇示した。その現象は大衆まで巻き込み大衆消費社会となり、今日まで続いている。誰もが消費することに血眼になって、消費物やサービスを受けるために金・金・金・金。出世や成功談の蔓延、自己実現や自分の才能の開花を目指すが、才能がたっぷりあっても磨く努力をしないと枯れるだけである。欲望は物がそこにあって発動する心理だ。ブランド物が何もない地域では、ブランド志向はあり得ない。必要最小限の物や事に満足していれば、現代の消費社会に飲まれることはなくて、わが道を生きれるということでもあるが、果たして、小さなころから集団で同じような流行物に囲まれて、その話題についていかなくても平気のヘイさで『人は人、私は私』と念じながら生き続けるのは容易なことではない。

(見せびらかしの経済)とはよく言ったもので、人間が基本的に生きるために必要な水や米についてもいつのまにか水を買う、コメも銘柄で選ぶ時代になった。運動の後の水道の水をたっぷり飲んで十分美味しいし、水分補給もできるのに、スポーツドリンク飲料と命名された飲料水を買って飲む習慣(すべて習慣化すれば商機は勝ちである)に嵌る。いつのまにか、『○○は○○でないと嫌』人間を排出する羽目になってしまった。

パソコン普及のころ、MAC信者がたくさんいた。WINDOWS派をずいぶん小馬鹿にしていたと記憶する。広告制作ソフトがたくさんあって、自称少数派を自慢していたにすぎず、それを使ってどれだけ会社に貢献したかを考えると『単にMACを自慢、見せびらかしをしていた』に過ぎない。それも会社に100万円を超える本体&ソフトを買わせて威張っている。何でもアップルの最先端を追い続けている。あるときもう制作部は外注を使うからと廃部となり、営業に出されたらノイローゼ(懐かしい日本語)になり、退職願を出した。頭を下げる仕事はプライドが許さないのか。

『見せびらかしの経済』はどこか、他人に向かって顎を突き出してツンとする姿に見えないか?黄色いカブトムシの車、真っ赤なボルボ、黒のクラウン。好きだ嫌いだ以上に見せびらかしの心持が伝わる。育ち・学歴・企業名・肩書・収入額・グルメ。全部、それはその人の本質ではなく属性の一つに過ぎない。最近、美しく生きている人が少なくなってきた。

  1. 理想は霞を食って生き続ける仙人ですが、生きて行くには、大なり小なり家族を養うためには、どうしても働いてお金を稼がなければなりませんね。さらには家族を守るには最低とは言えなくても、それなりの世間のレベルの暮らしをさせなければなりません。最低限の義務教育やファッションや暮らしに必要と思われる耐久消費財などと、借家か持ち家か、アパートか賃貸マンションか分譲マンションかと住まいも必要ですね。これらすべてに「月とすっぽんのようなレベル差」の選択肢をがある訳で、それなりを選ぶか?そこそこを選ぶか?さらに上を目指すか?は個人の事情や環境と欲望で決まるのでしょう。それなりの人も、いつかはそれ以上を望んでいるかも知れませんし、それ以上の人が将来それ以下を選択せざるを得なくなる可能性もありますね。幸か不幸か僕などはごく普通の暮らしで、それも毎月毎月キュウキュウの暮らしで生涯を終わりそうですが、理想の仙人にもセレブにも縁遠い人生ですね。

    • 守る家族も少なくなり、親も全員いなくなり、子供たちも自立してしまうと不思議に生き甲斐が減って
      くるもので、背負うものや借金って大事なことかもと皮肉ですが思うこの頃です。

  2. プロフェッショナル。

    まさに、僕はファッション関係のデザインや、広告制作を生業として数十年。それも手描きで絵の具やカラーインキを使い、5mm以上の文字は器用に筆でゴシック体や明朝体と書き分けていました。そんな時代からPCに移行もMacは高価で導入できませんでした。しかもウインドウズも今一メモリー不足で使えないものでした。長年勤めた会社が倒産して自立したと同時に、当時低価格のウインドウズのタワー型の同機種を2台購入し、一台は大通の事務所にもう一台は自宅に置きました。それと同時期に機種変更で旧モデルが不要になったデザイナー仲間かフラットベッド型のMACを1万円で譲り受け、PCショップでカードを増設してバージョンUPしながら練習用にしました。MOドライブやスキャナーは有っても使い方すら分からず手探りで2年間遊び半分でしたが、或る日、自作データを印刷所に持ち込んだら通用しました。これを機に僕はウインドウズとMACを二刀流で使う事を決めました。発売当初よりMACも安価になりましたが、比較的新しい型の中古品のデスクトップやノートブックを何台か買い替えていて、ごく最近初めて最新型のノートブックを購入しました。MAC信者ではありませんが、あれだけ苦手だったPCも使えるようになって、今も1台の大型デスクトップはMAC専用に。もう一台の大型デスクトップと15インチノートにはブートキャンプを入れてMACとウインドウズとを入れて切り替えて使えるようにしています。これで結構仕事もプライベートにも使っていますが、一台二役の大谷並みの二刀流は便利ですよ。

    • すごいですね。二刀流がこれから主流のキーワードになりますよ。本業あってのバイトOKにもどんどん
      世の中変わるのではないでしょうか。テレビ局経営の立ちそばなんていいし。

  3. プロフェッショナル。

    見せびらかすと言えばフェラーリーやマセラティーなど数千万円もする高級スポーツカーで爆音をとどろかせて街中をこれ見よがしに走り抜ける輩は鼻につきますね。どっかレーシングコースにでも行ってくれ!って叫びたくなりますね。高級車に乗るにはマナーの資格基準を決めなければいけませんね。ちょっと大きなクルマに乗って窓に背中を向けて斜めにふんぞり返り片腕をいっぱい伸ばしての運転が昔一部の若者たちに流行って蔓延し、それが中年になって未だに踏襲している者が居ますね。見ていて滑稽でもあり危険ですね。他人との差別化を図っているのでしょうが、決してカッコよくありませんし、むしろダサいと言ってもいいですね。真のレーシングドライバーのドライビングポジションは真っすぐ前を向いて、シートに背中を着けて、ステアリングは10時10分、肘は軽く曲げてポジションを決めます。アクセルもブレーキも瞬時に踏め、ステアリングを素早く回せるように肘や膝に余裕を持たせるためです。シートを一杯に下げて片手を手一杯伸ばして寝そべってなど決してしません。プロの方方々の方がマナーがいいと言うお話でした。

    • 見せびらかしがあったから、物が売れて資本主義・コマーシャリズムが興隆をきわめているんでしょうね。知識人も知ったか
      ぶりの人、慣れない言葉を話す政治家も大勢います。ファッションの世界って何でしょうか?よくわかりませんが・・・。
      鳥類や動物でもオスが着飾って求愛するのも、見せびらかしだとすると起源は深いですね。

  4. 地震直後のTVニュースで景気が上向きだと聞きましたが?何と北海道の人たちには最悪のタイミングのニュースでした。震災の影響は家屋や財産の被害だけでなく、広範囲にわたっています。例えば私の場合など、決まっていた今月の仕事は自粛で全てキャンセルとなりました。近くのローソンが14日オープンを目指して新築して商品搬入までしましたが、店舗の地盤が陥没したのか水平なはずの屋根が弓なりになってしまいました。21日にオープンと訂正も果たして?。小学校は昨日から開校しましたが給食の支度ができずに午前授業でした。コンビニの棚には未だに商品が僅かしかありません。どうせニュースを流すなら、北海道の今後の経済見通しまで考えて流すべきでしょうね。

    • 懐中電灯や電池、納豆、スマホ充電器、簡易コンロが品切れ続いています。カップ麺はさすがに道民、飽きて
      きたのか残ってます。防災グッズだけ売れても景気回復にはなりません。修学旅行のキャンセル(関西空港も
      同じ)も大変です。極東ロシアと海底ケーブルで電気を融通するプランはどうでしょうか?

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>