地震と停電(ブラックアウト)を経験してつらつら思うこと。9月11日記

 

パソコンの調子が悪いのですぐにアップできなかったので掲載が遅れました。先月から吉川弘文館の「日本史年表」を読みながら、この国で発生した天変地異について一覧表を作っていた。たとえば

 

678年 筑紫大地震

701年 イナゴの害17か国

703年 連作凶作のため減税

735年 赤疱瘡流行、死者多数

749年 近年旱魃にて五穀不作

761年~62年 凶作、餓死者多数

772年 台風にて被害多し、諸国の田租免ずる。

800年 富士山噴火

814年 疱瘡流行、死者多し

853年 諸国に疱瘡流行、死者はなはだ多し

858年 九州暴風雨。京都洪水

864年 富士山噴火

871年 鳥海山噴火

930年 疫病流行、病者を悲田院・施薬院に収容する

947年 疱瘡流行、天皇・上皇罹患

962年 京都鴨川洪水

966年 京都洪水、諸国疫病

975年 東国風水害

976年 京都大地震

980年 京都大暴風雨、被害甚大

989年 京都台風、古今無比

994年 疫病西国に起こり、諸国に流行す

998年 疱瘡流行

 

こうやって、1923年の関東大震災まで列記していたのである。医学史家は医学の、火山学者や地震の研究者は地震や火山だけ、別個に列記をした本はたくさんあるが、社会全体として見る見方を淡々と述べるだけの災害の歴史が欲しかったのである。京都から西は文字の記録が残っているが、東国の記録が薄いので、実際に記録には残っていない災害がこの何倍も東国・蝦夷地を含めて日本国内で起きていたことを想像してほしい。それはどんなに文明や科学技術が進展してIT社会になっても、自然はそんなことに100%頓着しない、どんなに大天才が1000人集まっても関係ない世界で自然は生きていることを再認識したい。都会に長く住んで、大脳と目と手で知識を蓄えてそれを生業に生きている多くの自営業者やサラリーマンも暇な時間があれば、高校生向けの吉川弘文館発行「日本史年表」の「社会生活」のカテゴリーをペラペラめくってはどうだろうか?

 

9月11日午後11時、2階の筆者の部屋がまた揺れた。「こんなの平気」の心境になりつつある。それにしても地震予知連絡協議会のメンバーの誰一人としてテレビに出て謝らないのはどうしてだろうか?せめて誤った理由だけでも聞きたい。なぜなら税金をどれだけ予知連に投入したのか、説明する責任が学者にはあると思うのは私だけだろうか。

 

(この項目続く)次はブラックアウトと人間の行動についての体験談だ。

  1. 人間にできないことを如何にも分かったように述べる人たちが多いが、経験者の話や感の方がはるかに現実的ですね。幼いころ経験した大地震では大きな地鳴りから始まったし、関東大震災の話はおじさんから聞いていたし、東京空襲は両親や姉たちから、戦争については航空隊飛行兵だった生き残りの兄から、中国大陸での戦争は従軍医療班だった義父から残虐な話も、広島の原爆の話は当日広島に居たデザインの先生から、経験者が語り部となって私たちに教えてくれた。私たちも今の子供たちに真実を伝えておかなければならないと思う。そして電気や都市機能に頼り切っている現実の怖さをも知ることも。

  2. 今回の地震で暗がりでおびえていた我が家の子供たち。コンビニに走る大人たち。ドラッグストアに並ぶ人たち。ガソリンスタンドに行列を作る人たち。携帯を当たり前に使っている私たち。便利すぎる時代の怖さを知りました。大人も子供もすっかり時代の流れに乗せられて楽な方に便利な方に、簡単な方にと、すべてに他力本願になり切っているのが良く分かりました。若い親たちもその子供たちも、このままでは将来生き残れないかも知れませんね。自力で、自分の考えで、物事を解決していく能力を身に着けなければいけませんね。学校の教科にもキャンプ合宿などサバイバル的要素を取り入れたらどうでしょう。テグスと釣り針と塩と少しのお米などを持って、魚を釣って食料にしたり、野草を食べたり、飯盒でご飯を炊いたり、テントでの野営などで災害時への訓練を兼ねた授業です。

  3. 首都圏で今回規模の大地震が起きたと考えただけで恐ろしいですね。北海道の太平洋側が震源地で、札幌のある日本海側の被害はあったものの震度5で何とか都市機能は持ちこたえました。もし首都圏だったら交通網寸断、建物倒壊、ガラスの雨、道路は瓦礫で消も救急車も入れなくなり火災が発生すれば70数年前の東京空襲のようになるかも知れませんね。一極集中と建物の高層化が心配ですね。

  4. 匿名希望老人
    最近の地震はいきなり襲ってくるので、予知連も予知できないから謝ることもできないのでは。
    以前の地震は微動地震が数回続き、それで予知連も震源地の地震波形を調査して、本震を予知できたのではないかと思います。
    最近の地震は、噂では悪の組織が二酸化炭素爆弾を仕掛けて起こしているのではないかとブログにありました。
    (ハーモニー宇宙艦隊)、それで予知できないのかと変に納得しています。

  5. 年金老人
    そういえば最近大地震はいきなり襲ってくるようになりましたね。
    予知できないのも仕方ないのでは?
    以前は微弱地震が続き、予知連が監視活動して本地震が来るのを予測していたと思います。
    噂では、悪の組織が二酸化炭素爆弾を仕掛けて爆発させていきなり大地震を起こしているらしい。
    (ブログ、ハーモニー宇宙艦隊を参照)、妙に納得できる噂です。

  6. 火山活動の場合は噴火や水蒸気爆発など兆候が表れますが、活断層はいつストレス発散するかなど、予知など当然無理でしょう。地震は特に恐怖を覚えますが、これも、大雨や、台風や、大吹雪や火山噴火などと同じ自然現象の一つに過ぎないと考えるのが妥当でしょうね。必ず起こるもので、その規模は様々な訳で、地球の地表は自然の驚異にいつもさらされていると考えるしかないでしょう。我々はそんな危険地帯に様々な人工物を造って、我が物顔に、しかも半ば平然と住んでいる生き物なのです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>